曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

この記事の所要時間: 259




袁術 伝説 ゆるキャラ

 

全土に群雄が割拠している建安二年(西暦197年)の正月に袁術(えんじゅつ)が皇帝を称します。

後漢王朝がまだ滅びていない段階でのこの無謀な行為に驚く方も多いと思います。

実際に配下である孫策(そんさく)なども大いに驚いたそうです。

なぜこのような事態になったのか、

それは後漢王朝の中心である献帝が都から行方をくらますという

事件がおきたのがひとつの原因だと思われています。




献帝はどこ?リーダー不在が一年以上続く

怒る 献帝

 

一年後になってようやく曹操が許に献帝を迎えますが、落ち着いたのはさらに先のことでしょう。

それが、袁術が皇帝になる前年の建安元年の八月のことです。

確かな情報がすぐに発信される時代ではありません。

もしかすると献帝の崩御説も流されていたかもしれません。

全土を統べる後漢王朝の中心人物が一年以上もいない状態ですから、誰かがリーダーシップをとらねばなりません。

そこで四世三公を輩出した名家の嫡男(後継者争いを北の袁紹と繰り広げていますが)である袁術がその役を引き受けたわけです。




関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

関連記事:恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介

 

伝国の玉璽の存在

伝国の玉璽イラスト0012 kiki

皇位即位に関しては重要なアイテムが存在します。

伝国の玉璽です。

秦の始皇帝が作り、漢の皇帝も代々使っていた玉印のことです。

「受命于天、既寿永昌」の八字が刻してあります。寿にして永く昌(さか)えん、

とはまさに袁術が本拠地にしていた揚州九江郡寿春県の寿と同じですね。

袁術にリーダーとなれと云っているかのようです。

この玉璽をどうして袁術が所有していたのかは諸説あります。

 

玉磁と孫堅

 

配下の孫堅が洛陽で拾った物を奪ったとか、孫堅の息子の孫策が兵を借りるのに質代わりに渡したなど、

孫家が係わってくる話がほとんどです。

皇位即位の必需品が手元にあったことも、袁術が皇帝を称するようになる大きな原因です。

ちなみに劉備が即位するときは漢水の川底から玉璽がみつかったことになっています。おそらくこちらは偽物でしょう。

 

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

予言書の讖緯(しんい)の解読

朝まで三国志

 

緯書(予言書)と経書(儒教道徳・制度)によって聖人の教えは成り立つというのが讖の考え方です。

後漢では始祖の光武帝が予言書を利用して帝位についています。この時代の政治や思想を理解するうえで欠かせないものです。

魏呉蜀の三国の王朝創始と皇位即位の手続きにも、讖緯による予言の裏付けは必要でした。

これに記された一文があります。

 

「漢に代わる者は、当塗高(とうとこう)なり」という一文です。

袁術は皇帝即位に際して、この一文を利用しました。

 

袁術の字は公路といいます。術という文字も路という文字も道という意味で、さらに一文にある塗という文字もまた道のことでした。

つまり袁術は当塗高とは自分を差していると公言したわけです。

かなり強引な解釈ですが、予言書の解釈ですからどうとでもできます。

現に魏が建国されるときも、魏は高いという意味なので、当塗高は魏を差すと公言したくらいです。

 

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

関連記事:とっても皇帝になりたかった袁術

関連記事:三国志でも有名な異母兄弟喧嘩・袁紹と袁術の遠交近攻の計

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

朝まで三国志

 

こんなときに何を馬鹿なことをしているの?って思われがちな袁術ですが、

こうして根拠をあげていくと、まんざら馬鹿げた話でもないなと思います。

野心というよりも、自分がやらずに誰ができるんだと周りを見渡したときに、自分しか考えられなかったのでしょう。

ある意味責任感が強かった男だったのかもしれません。

ちなみに袁術の建国した国の名は「仲」だそうです。一説には「成」ともいわれています。

袁術は病死しますが、その娘は孫権の高宮に入ります。

息子の袁耀(えんよう)も孫権(そんけん)に仕えたそうです。

見方によっては、孫権が袁術の王朝を引き継いだという形にも見えます。

袁術の死後、魏や蜀、呉などが建国されますが、袁術を模範としている部分もあります。

時代の先駆者。袁術はそんなパイオニアだったのかもしれません。

 




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志
  2. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってき…
  3. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  4. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  5. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  6. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  7. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  8. 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  2. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山
  3. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃
  4. 人々の鑑になった良い宦官達
  5. 月刊はじめての三国志2018年3月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  6. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか? 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!! 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの? 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】

おすすめ記事

  1. 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将
  2. 杜幾(とき)とはどんな人?魏の国内で素晴らしい統治をおこなった名行政官
  3. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  4. 天皇とは何?そもそも何で偉いの?
  5. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  6. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  7. 徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔
  8. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP