三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての魏

孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける




 

曹爽(そうそう)

魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)から跡を託された人物です。

彼には苦手で大っ嫌いな人物がおりました。

その名を孫礼(そんれい)と言います。

 

 

彼は若い頃、崔琰(さいえん)から「いずれ三公へと出世する人物だ」と評価を下されていた人物です。

そんな彼ですが河北のある地域の境界についての紛争解決を

司馬仲達(しばちゅうたつ)から頼まれることになります。

彼は見事に解決するのですが、曹爽から理不尽な罰を受けることになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの?




司馬仲達から境界紛争の解決を頼まれる

 

孫礼は冀州の牧に任命されると司馬仲達に呼ばれ「清河(せいが)と平原は

境界の境目を決める争いを八年も続けてきており、そろそろ決着をつけたいと考えている。

君にはこの紛争を解決してきてほしい」と依頼を受けます。

孫礼は司馬仲達の言葉を受けて頷くとあることを話し始めます。




孫礼の進言とは

 

孫礼は司馬仲達へ「この紛争を解決する方法はひとつしかありません。

その方法は明帝様が初めて平原に国をもたれた時の地図を用いて、

境界の境目を決めたいと思います。

ここで仲達様には一つの疑問がもたれると思います。

なぜ明帝様以前の地図を活用しないのかということだと思います。

理由としては文帝様や武帝様の時代にまで遡れば非常に面倒なことになると思うからです。

明帝様が着任された時の地図が保管されていると聞いておりますので、

上記の紛争問題を解決することができるでしょう。

私の着任を待つ必要はございません。」と進言。

司馬仲達は大いに喜んで「すぐに持ってこさせる」と述べます。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

 

平原の地図から境目を見てみた結果・・・・

 

こうして孫礼は平原の地図を手に入れるとすぐに地図を参考にして清河と平原の国境を

検討すると平原に境目が属することが判明。

彼は会議の席でこの事を述べます。

すると曹爽から「地図を使うことはない。彼らの食い違いについて調査するべきである」と反論されます。

すると彼は曹芳に上奏します。

 

即効で紛争を解決できた理由を述べるが・・・・

 

孫礼は曹芳へ上奏して「私は冀州の牧に就任し

長年続いていた清河と平原の境界における紛争を解決することができました。

すぐに解決できた理由は明帝様が赴任された当時の地図と境界に関しての公式文章があったためです。

しかしこの事を境界にある県に伝えても彼らはこの命令に従うことをしない状態です。

その原因は私が軟弱なためです。

これ以上魏国の禄を受けるわけには参りません。」と伝えます。

この事を聞いた曹爽は孫礼に激怒して五年の禁錮刑を下します。

孫礼はしっかりと境界の紛争解決を行ったにも関わらず、

曹爽の怒りによって理不尽な罰を受けることになってしまうのでした。

 

関連記事:胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男

関連記事:もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

曹爽は以前から彼を嫌っていたこともあり、彼へ5年の禁錮刑を言い渡します。

孫礼は境界紛争事件をみごとに解決したにも関わらずこの理不尽な処罰に激怒・・・・

することをせずに処罰を受け入れることにします。

しかし彼は一年足らずで自宅謹慎の罰を解かれることになります。

それは彼らの同僚や上司達が曹爽へ「孫礼に対して厳しすぎるような気がするのですが、

どうにかできませんか」と取り直してくれたおかげでした。

その結果彼は一年足らずで禁錮が解除され官職を与えられ、

魏国へ戻ってくることができたそうです。

官位が高い人物でも一切屈することなく自らの言葉を述べる孫礼を今回はご紹介しました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三國志魏書4 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの?

関連記事:民話に出てくる司馬懿がまるで昔話のいじわる爺さんレベル!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  2. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  3. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  5. 呂布はどうして義父の董卓を裏切ったの?
  6. 中原での戦いは苦手だけど異民族討伐戦なら強い董卓
  7. 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかっ…
  8. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉による惣無事令って何?わかりやすく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 尼子晴久

おすすめ記事

  1. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】
  2. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】
  4. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  5. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  6. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長kawauso

おすすめ記事

三国時代にはもうハンバーガーが食べられていた!?驚きの食文化をご紹介 コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月20日実施) 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座 もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 蜀の劉琦 劉琦と劉琮の仲が悪くなったのは一体どうして!? 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 玉(ぎょく)が大好きな中国人 【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!?

おすすめ記事

  1. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  2. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す
  3. 諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介
  4. 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 魏の曹操孟徳
  5. 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし)
  6. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  7. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介 蜀の姜維
  8. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP