ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?

韓信vs孔明


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志の時代における基本の陣形を八陣(はちじん)図と言います。

色々な説がありますが、八陣とは、方陣、円陣、疎陣、数陣、錐行之陣、

雁行之陣、鉤行之陣、玄襄之陣の8つで、それを戦の状況に応じて使い分けるのが、

軍師や将軍の役割であったのです。

そこで、今回は、このような八陣の中で、少ない兵力を多く見せる事が出来る

Kawauso好みの疎(そ)陣について解説しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図


少ない兵力でも、大丈夫、少数を多数に見せる疎陣

 

兵法家孫武(そんぶ)は、「兵は詭道(きどう)なり」と書いています。

詭道とは騙すという意味であり、戦争に精通している将軍や軍師は、

少ない兵力を多くみせ、多い兵力を少なくみせ、近くに来ても、まだ遠いと誤認させ、

未だ遠くても、近くに来ていると恐れさせ、変幻自在、敵を翻弄して

隙を突き、勝利を掴むのです。

そんな詭道の中でも、直接、敵と戦うフォーメーション、陣形は重要です。

 

疎陣とは、上記のようなフォーメーションです。

特徴は、少ない兵力を目一杯に拡散して、こちらの数を多く見せ、

敵に攻撃を躊躇(ちゅうちょ)させる事により、敵の士気の喪失を狙います。

兵士の数を多く見せるのは、玄襄(げんじょう)之陣も同じですが、

あちらは、積極的に戦わないのに対し、疎陣は積極的に戦う点が違います。


疎陣を成功させるポイント1 ゆっくりと動き、薄い中央を誤魔化す

 

疎陣を成功させるには、とにかく、ゆっくりと動きまわるのがポイントです。

この陣は、中央がとても寂しいので、左右の陣がゆっくりと動いて、

さも、この陣は密度が詰まっているぞと錯覚させるのです。

ですので、この疎陣で厳禁なのは、兵士が走る事で、兵士が走ると、

陣形の足並みが乱れてしまい、実は兵力が少ないのがバレてしまいます。

 

疎陣を成功させるポイント2 旗と武器を外側に向けて増やす

 

疎陣のポイントは、旌(しょう)や旄(ぼう)、幡(はん)という軍旗類、

そして、を敵からよく見える前面に出す事です。

武器や軍旗は、目立たない内側の兵から、外側の兵に渡し、

さかんに振り回す事で、いかにも、大軍に見せかけるのです。

 

皆さんは、こんな子供騙しで、敵が兵数を錯覚するのか?と思うかもしれませんが、

人間の一瞬における数の認識は、いい加減なもので、数える対象が700を超えると

それを見た時の印象次第で700~2000までバラつきが出ると

kawausoは何かのテレビで見た記憶があります。

 

つまり、印象次第で、目の前の敵の数は、実際の3倍に見えるという事、

勢いよく、活発に兵を動かす事により、1000の兵を3000に見せるのも

可能になるという事なのです!多分・・

 

関連記事:61話:曹仁が繰り出した高度な陣形 八門金鎖の陣を繰り出す。劉備軍はどうやって攻略したのか?

関連記事:【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術


素早い動きには、軍旗「表」を用いる

 

また、素早い兵の動きには、軍旗である「表」の動きが重要です。

皆さんは、義務教育の時代、体育祭などで揃って行進などをした筈ですが、

その時に、基準になる生徒がいませんでしたか?

 

その生徒が、運動場の真ん中に走り出て、右手を上げて「基準」と叫ぶと

他の生徒が、わーっと集まって、基準の生徒を中心に整列するアレです。

こうすると、漫然とバラバラに集まるより、素早く綺麗な整列が出来ます。

 

表というのは、その基準の生徒の役割を果たす旗で、

表を中心に兵士が集まり陣形の変化などに対応するのです。

こちらの表は曹操(そうそう)が書いた、歩戦令にも出てきますよ。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記


  

三国志ライターkawausoの独り言

 

今回は、少ない兵力を多く見せる陣形、疎陣について解説してみました。

八陣とは基礎ですが、これに、それぞれの将軍や軍師が無数のアレンジを加える事で、

実際の陣形は、複雑なパターンを持つモノに変化していきました。

ただ、陣形の基本はジャンケンのように臨機応変なもので、最強の陣形、

もしくは、絶対にやぶれない無敵の陣形などというのは創作の中だけの話で、

実際には、存在しませんでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  2. 賈詡 ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  3. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  4. 野望が膨らむ鍾会 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう
  5. 諸葛一族 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  6. 鍾会 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  7. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  8. 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉の本
  2. 曹操に降伏する劉琮
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. 劉備と4人の妻
  5. 悩む司馬炎
  6. 何晏
  7. 孔明
  8. 剣を持って戦う徐庶
  9. 豊臣秀吉 戦国時代
  10. 厳顔と張飛

おすすめ記事

  1. 立見尚文とはどんな人?八甲田山の雪中行軍の悲劇も紹介
  2. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの? 荀彧
  3. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  4. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  5. 美人が大好きな逸話が多い曹操の、美女と同じくらい好きなもの 曹操を見捨てない丁氏と卞氏
  6. 銭大昕ってどんな人?経学考証の手法を史学に応用した博学の人 幕末 魏呉蜀 書物

三國志雑学

  1. 代筆屋 商売
  2. 董卓
  3. 夏侯惇と呂布
  4. 饅頭を作る孔明
  5. 劉備を警戒する陳羣


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 三国志平話
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 賈詡
  5. 承諾する曹操

おすすめ記事

陸遜 【ネコ派必見】猫にまつわる中国史の逸話!古代漢民族は無類の猫好きだった? 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】 曹洪と曹操 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓 かぼちゃと孫権 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る! 楊修 楊修とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲劇の秀才

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP