【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

11月30日のヤングジャンプでは、またキングダムがお休みでーす!

というわけで、ネタバレレビューが出来ないので、予想に予想を重ねる形になります。

今回は、舜水樹(しゅんすいじゅ)に兵糧を焼かれて面目丸潰れの壁(へき)が

実は秦軍を救うかも知れないというとーっても気になる大予想でーす。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」


キングダム540話 ネタバレ予想 全ては王翦の狙い通りだった

 

前回は、最期の最期で舜水樹にしてやられた感がありました。

ただでさえ、戦線が長期化し、補給のリスクを抱えているのに、

壁隊が管理していた兵糧庫を焼き打ちされてしまったのです。

 

「ああ、壁の兄ちゃんがやっちまった・・

ただ、真面目なだけで、中身は普通の兄ちゃんなのに、

山の民のお荷物どころか足を引っ張っちまったYO」

 

読者の皆さんは、このような感想を持った事でしょう。

しかし、よく考えてみましょう、楊端和(ようたんわ)の元へ壁を派遣したのは、

ほかならぬ王翦(おうせん)ではありませんか?

こんな、ヘボな失敗を招く人選を彼が行うでしょうか。


キングダム540話 ネタバレ予想 イミシンな王翦のセリフ

 

王翦は、随分前から、壁には目をつけていました。

それは壁が有能だからではありません

適度に間抜けなので囮として最適だと言うのです。

 

“私の目に狂いはない あ奴はいい囮になる” キングダム21巻

 

つまり、舜水樹が壁隊の食糧を焼き打ちする位の事、

王翦はお見通しですべて計略の一環に過ぎないのでしょう。

 

では、王翦は舜水樹に壁隊の食糧を焼かせて、一体どうするのでしょうか?

責任感の強い壁の性格からして、このまま山の民の食糧を分けてもらい、

足手纏いになる事は回避したい事でしょうし、

もちろん、食料を失い、本隊に復帰する事も出来ないでしょう。

 

では、どうするのか?尻尾を巻いて帰るしかありません。

太行山脈を越えて、秦に向かい残された食糧だけで戻る事になります。

もちろん、舜水樹の狙いも、そこにあると考えられますから、

退却していく壁に対して、嘲笑うだけで、何の注意も払わないでしょう。

そして、それこそが、王翦の狙いなのです。


キングダム 540話 ネタバレ予想 壁隊に王翦の兵士が紛れ込む

 

壁隊の10000人は、壁同様に凡人揃いに見えますが、

これも王翦の計略で、舜水樹の目を欺く為に凡人を演じているのでしょう。

壁隊が山脈を越えて戻り、趙軍の監視が完全に離れてから兵士は豹変し、

王翦に授けられた最期の命令を壁に与えます。

それは、黒羊丘の要塞を撃破して、咸陽まで突っ走れという事です。

舜水樹は確実に壁隊をお荷物だと見ているので、黒羊丘に別段の注意を

払う事はないと考えられます。

 

黒羊丘は要塞化しているそうですが、離眼(りがん)勢は朱海平原に集中しており

それほど強大な兵力がいるとも思えないのです。


  

 

キングダム 540話 ネタバレ予想 太行山脈を通り秦の援軍が到着

 

こうして、消えて行ったと思った壁は、秦本国から食糧と増援部隊を率いて

朱海平原に戻ってきます。

舜水樹も李牧(りぼく)も驚愕の展開です、まさか兵糧を焼かれてスゴスゴ帰っていった

お間抜けな壁の部隊が増援と食糧を積んで戻ってくるとは想定外だからです。

これこそ、まさに王翦が考えた大どんでん返し奇策と言えるでしょう。




キングダム(春秋戦国時代)ウォッチャー kawausoの一言

 

この設定がそのまま描かれるかどうかは予測不能です。

だって、逐一説明したらダレてしまい、緊迫感がゼロになりますからね。

そう考えると、最初は疲れ切った壁が自軍を率いて、スゴスゴ帰還し

あとは、数週間、動向が描かれない可能性はありますね。

 

というわけで、今後どうなるのかは、12月7日まで分かりません。

キングダム通常運転に戻ってくれないかなー

 

次回記事:キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

関連記事:これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー


 

関連記事

  1. kawauso編集長
  2. 蘇秦(そしん)は合従連衡を行った
  3. キングダム54巻amazon
  4. 李牧
  5. キングダム55巻

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP