よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?




 

孫子曰く、城を攻めるは、もっとも下策と言われるように、

城攻めは攻撃サイドに取って最悪の選択と考えられていました。

通常は、攻城兵器を推し立てて、損害を回避しながら戦うのですが、

そんな余裕もない時、攻撃サイドは、直接城壁によじ登って大損害覚悟で、

戦う事になります、このような戦法を蟻傅(ぎふ)と言います。

 

 

蟻傅の意味は、蟻(アリ)のように傅(くっつく)であり、

城壁に張り付いて、よじのぼる兵士をそのまま表現した言葉でした。

これに対して迎え撃つ側は、防御兵器を駆使するのですが、

もっとも使われた兵器が、私達にも馴染み深いウ○チだったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!




打撃兵器より、ずっと有効だった液体兵器

 

城壁をよじのぼろうとする敵兵に対して、有効な武器にはや投石などがありますが

登ってくる兵士もバカではないので、武装くらいはしています。

このような場合には弩は鎧に阻まれて効かない場合もありますし、

石であったとしても、打撃が軽減されて敵兵が落ちない可能性もありました。

そこで、より有効とされたのが液体兵器で、熱湯や溶かした金属などを

城壁の上から敵兵にぶっかけたのです。

 

液体は、鎧の隙間から皮膚に入るので、打撃兵器よりは遥かに効果が高く

大火傷を負った敵兵は、城壁をよじ登るどころではなくなります。

また、火傷は傷の中で、治りにくい部類に入り戦線復帰も時間がかかりました。

不衛生な戦場では、火傷が化膿して死ぬ確率も高いので、

防御サイドとしては、液体兵器は非常に有効だったわけです。

 




資源に限りがある液体兵器そこで・・

 

このように液体兵器は非常に有効でしたが、攻城戦をしている城は大体包囲されており

外からの物資を遮断されている事が多いので、金属や水では資源が枯渇する恐れがあり

長期の戦争になると使えない事になりました。

 

そこで、注目されたのが、誰でも生産できる液体兵器ウンコでした。

城内に兵が居る間は、ウンコは枯渇する恐れはないですし、

使い道とすれば、肥料くらいなので、戦争中は用途がありません。

という事でウンコは、幾らでも補充がきく万能兵器として活用されたのです。

 

阿鼻叫喚 煮えたぎるウンコが降り注ぐ地獄の戦場

 

ウンコは、大鍋に入れられ、下からガンガンに火で焚かれて、

煮えたぎる最強の液体兵器として、攻撃サイドの兵士にぶちまけられました。

これはもう地獄です、猛烈な臭いですし、まともに被れば火傷しますし、

ウンコはかなり滑るので、敵兵はウンコ塗れで城壁を登る為に悪戦苦闘したのです。

 

もちろん、ウンコばかりではなく、小便も煮詰めてぶちまけられます。

激戦となれば、城壁の周辺はウンコとシッコだらけだった事になります。

三国志映画などでは攻城戦が描かれる事もあるのですが、

どこまでも、ビジュアルの問題で、そんな汚いシーンが描かれる事はありません。

 

しかし、本当の戦場では大量のウンコとシッコがばら撒かれる

阿鼻叫喚の地獄絵図が、展開したであろう事は想像に難くないのです。

攻撃サイドの兵士は、一旦休戦となっても、ずーっとウンコ塗れで臭いまま、

食事も睡眠もとらないといけないわけです。

なんで、命掛けの戦いをしながら、ウンコまでぶつけられるのか?

これだと違う意味で「戦争反対」と言いたくなりますね。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志では、大軍で移動する時に、もっとも悩んだのはウンコの処理でした。

大軍が一か所に留まると、どうしても排泄物の処理が行き詰まり、

伝染病の原因となったのです、これは公害ならぬ黄害でした。

逆に考えれば、城内では、ウンコやシッコを処理しつつ戦いにも、

利用できる液体兵器は、一石二鳥だったと言えるかも知れませんね。

 

参考文献:三国志軍事ガイド 著篠田耕一 166P

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

関連記事:三国志演義に登場する兵器

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な…
  2. 大器晩成とはこのことか!三代にわたって魏に仕えた朱霊の魅力に迫る…
  3. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  4. 曹操に降伏する教祖・張魯 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!!
  5. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証…
  6. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争っ…
  7. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  8. 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【将苑】諸葛亮の兵法に学ぶ熟年離婚を防ぐ法
  2. まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 城銅雀台
  3. 中国史における農民反乱についての考察
  4. 明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の役どころは? 明智光秀 麒麟がくる
  5. 井伊直弼と井伊直虎家督相続で苦労した二人の共通点
  6. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓

おすすめ記事

ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト キングダムの時代に開花した法家の思想 バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【告知】新サービス「はじめての三国志コミュニティ」のお知らせ 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 二つの中国はどうして出来た? 台湾問題を三国志で分かりやすく解説するよ はじめての三国志 好きな武将アンケート

おすすめ記事

  1. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績
  2. おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】
  4. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  5. 邯鄲淳とはどんな人?曹丕と曹植が欲しがった学者で笑い話集『笑林』の編者
  6. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  7. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  8. 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP