ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての変

【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず

孔明 耳で聞いて覚える三国志




孔明 出師

 

さて今回のその時歴史に名言を残した(略してレキメイ)は、三国志最大の有名政治家である諸葛亮の言葉です。

孫権諸葛亮の言葉を聞き、天下統一を果たすため南方に大軍で進軍してきた曹操軍との決戦を決意させる事になるのです。



曹操軍の追撃を必死に躱して江夏へ

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

劉備諸葛孔明を三顧の礼で迎えてすぐ、曹操軍の大軍が新野に押し寄せてきます。

孔明は「曹操の大軍に抗うべきではありません。すぐに江夏城へ逃げましょう。」と劉備を説得します。

劉備孔明の説得を受け入れ、すぐに新野から逃げます。

劉備は新野から逃亡する途中で大勢の民衆が彼に付き従ってきます。

そのためゆっくりとした足取りで江夏城へ向かうことになります。

そのため曹操軍の追撃に長阪で追いつかれ大敗を喫します。

 

劉備軍 曹操軍

 

しかし劉備張飛趙雲など主な武将は曹操軍の追撃をかわし江夏城へ退却します。

孔明は劉備と合流せず、ある場所へ向かいます。

 

関連記事:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

関連記事:【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

関連記事:【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち



孫呉の使者魯粛と共に孫呉へ

孔明と魯粛

 

魯粛(ろしゅく)は情報収集を兼ねて、荊州へ向かっている途中でした。

荊州に向かう途中で敗北した劉備軍と出会います。

そこで彼は荊州が曹操に降伏した事を知り、劉備軍と江夏城へ向かいます。

孔明は孫呉と結ぶことを劉備に提案し、劉備も快諾します。

そして孔明は魯粛に「主である劉玄徳は孫呉との同盟を希望しております。どうかわたしを孫権様の所へ連れて行ってくれませんか」と伝えます。

魯粛はボロボロに敗れた劉備軍を見て迷いますが、孫家単体では曹操に抗えないため、ボロボロはであるが劉備軍と結んで曹操軍を迎撃するべきだと思い、彼を連れて孫呉へ向かいます。

 

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

関連記事:周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

 

悩む孫呉の若き当主孫権

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

孫権(そんけん)孫策(そんさく)の跡を継いでから日が浅く、何事にも経験が足りませんでした。

そんな中曹操の大軍が荊州を降伏させたとの報告を受け、驚きます。

彼は曹操に降伏するかそれとも決戦を挑むか迷います。

孫策時代から政治や外交を取り仕切っていた名士出身の張昭(ちょうしょう)や張紘(ちょうこう)などの文官達は「曹操の軍勢に降伏するべきです。理由は曹操が漢の帝を擁しているからです。彼に逆らうことは天子に逆らうのと同じです。」と孫権に提案します。

孫権は文官の言う事にも一理ある事が分かっていたため、迷っていました。

そこへ荊州の情報取集をするため使者に出していた魯粛が一人の男を伴い帰還します。

 

関連記事:于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

 

孫権との会談

孫権と三国アヒル

 

孔明は魯粛に連れられて孫権との会談を果たします。

孔明は孫権に会うといきなり「あなたは曹操に降伏するのですか。それとも戦うのですか。あまり長々と考えている時間はありませんよ。」と伝えます。

孫権は孔明の言葉を聞き「おい。言いたい放題言ってくれんじゃねーか。」と激怒。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:孫権の妻たちは意外と知られてない?

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?



 

ページ:

1

2

関連記事

  1. ヘソにろうそくを刺される董卓 呂布が董卓を暗殺した理由は長安遷都が原因だった!?
  2. 蔡瑁 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…
  3. 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  4. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?
  5. 若かりし劉備 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜
  6. 魏延 魏延の戦績はほぼ無敗?三国志での魏延の輝かしい戦績を紹介
  7. 曹操にコテンパにされる袁紹 【イフ三国志】もしも袁紹と曹操の境遇が入れ替わっていたら?曹操…
  8. 荀彧と曹操 曹操の負け戦である濮陽の戦いはどんな戦い?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)
  2. 朝まで三国志 公孫瓚
  3. 後継者を決めるのに困っている劉表
  4. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  5. 袁紹と曹操
  6. 典韋
  7. 夏侯惇

おすすめ記事

  1. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  2. 三種の神器の秘密とは?古代出雲王国と邪馬台国の怨念あり? スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)
  3. 太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!?
  4. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 三国志の女性
  5. 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  6. 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は? 皇帝になった徳川慶喜

三國志雑学

  1. 荀彧
  2. 陳平
  3. 張翼
  4. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  5. 諸葛孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  2. 荀彧
  3. 孟嘗君
  4. 関羽が好きすぎる曹操
  5. はじめての三国志
  6. 孟獲

おすすめ記事

曹叡から可愛がられる孫資 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 関羽を捕縛する馬忠 荊州の統治は難しかった?蜀の荊州対策を関羽の性格から考察! 袁紹にお茶を渡す顔良 なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝 長曾我部元親(長宗我部元親)鳥なき島のコウモリ 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった 周瑜 周瑜の戦歴がスゴイ!周瑜の戦歴を考察 荀彧(はじめての三国志) 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP