はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

45話:象対蟻か?袁紹vs曹操




曹操&袁紹花嫁泥棒

 

曹操(そうそう)と袁紹(えんしょう)は、

幼馴染で年齢も近い、不良仲間でした。

 

その両者が、後漢末の戦国の動乱でライバルを倒して生き残り

華北の覇権を巡り、激突したのが西暦200年の官渡の戦いです。

 

ちょっと見ると、三国志では曹操(そうそう)の活躍が派手であり、

おまけに献帝(けんてい)も擁しているので、

戦力的には曹操(そうそう)が有利なイメージを持ちます。

 

ところが、実際は、逆で曹操(そうそう)は劣勢だったのです。

 

前回記事:44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介




袁紹(えんしょう)は何で有利だったの?

袁紹 曹操

 

袁紹(えんしょう)が支配している地域は、黄巾の乱の本拠地であった事情から、

略奪の被害が少なく、土地も荒れ果てていませんでした。

 

それに加えて、袁紹(えんしょう)の当面の敵は、幽州にいた

公孫瓚(こうそん・さん)だけで、曹操(そうそう)のように

複数の敵に備えて兵力を分散させなくて良かったのです。




曹操(そうそう)が劣勢だった理由とは?

親友に裏切られた曹操

 

一方の曹操は、なまじ中国のど真ん中を領有した為に、

劉表(りゅうひょう)、袁術(えんじゅつ)、劉備(りゅうび)、

馬騰(ばとう)、孫策(そんさく)、呂布(りょふ)、等の複数の敵を抱えていて、

おまけにこの地域は何度も支配者が変わった関係で、

土地が荒れ果てて、回復していませんでした。

 

青州兵30万人の軍勢を持っていた曹操だが・・・

曹操 黄巾党が仲間に!

 

曹操は、青州兵と呼ばれる30万人の兵力を擁してはいましたが、

これらも各地に分散しないといけないので、

全てを袁紹(えんしょう)相手に向けるわけにはいかない事情もあったのです。

 

袁紹(えんしょう)と曹操(そうそう)の戦力差はどれだけあったの?

曹操VS袁紹ありゾウ

 

さて、気になる袁紹と曹操の戦力差ですが、、

三国志演義によれば、曹操が7万人に対して、

袁紹は、70万人と記録されているようです。

 

つまり、戦力差は10:1、まさに象と蟻の戦いになっています。

 

曹操軍の悩み

曹操02

 

さらに曹操(そうそう)にとっては厳しい事に、

曹操軍は兵糧も不足していました。

一方の袁紹(えんしょう)は、大軍にも関わらず、兵糧にも余裕があったのです。

 

第一ラウンドである、白馬・延津の戦いでは、曹操軍の荀攸(じゅんゆう)の

計略にハマり顔良(がんりょう)と文醜(ぶんしゅう)という二将を討ち取られ、

惨敗した袁紹(えんしょう)ですが、その程度では戦力と物量差は覆らず、

袁紹は余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)だったのです。

 

袁紹軍の軍師達の戦略

漢王室 名門 袁

 

実際に、袁紹の軍師である沮授(そじゅ)も田豊(でんぽう)も、

兵糧と大兵力を活かして、曹操軍のたてこもる官渡(かんと)城を囲み、

数年をかけて兵糧攻めにすれば、一兵も損なわずに勝てますと進言しています。

 

袁紹軍が長期決戦を辞めた理由

曹操 油断

 

ところが、袁紹(えんしょう)は長期決戦を退けていました。

理由は、白馬・延津の戦いの大惨敗が悔しかったからです。

 

袁紹は、不良時代から曹操には敵わず、その後塵(こうじん)を拝していました。

 

家柄の違いから、その後の出世レースでは有利に立ち、

一時期は、曹操を配下にしていたものの、曹操はいつの間にか

献帝(けんてい)を擁して独立し、立場は自分より上になっています。

 

さらに今回の決戦での敗北、、袁紹のプライドは傷つき、

何としても直接対決で曹操を踏み砕くという激しい怒りに燃えていたのです。

 

そして、曹操にとっては、この決戦を急ぐ袁紹の対応は、

兵糧不足で短期決戦を望む自分の思惑に適うものでした。

 

関連記事:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関連記事:顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

関連記事:若かりし曹操は熱血漢

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超
  2. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  3. 疫病が蔓延している村と民人 【キングダムに描かれない】秦の時代の貧困のリアルを追ってみる
  4. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  5. 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第2部
  7. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻ん…
  8. 五虎大将軍の馬超 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 劉禅

おすすめ記事

  1. 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  3. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  4. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 晋の陳寿
  5. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 現実主義曹操
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

三國志雑学

  1. 呉の孫権
  2. 劉備主役
  3. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志時代のひざまくら
  2. 曹操様お守りします

おすすめ記事

袁術 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 呉の初代丞相・孫卲(そんしょう)は「正史三国志」に記されていないのは何で? 人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期 【軍師連盟】魏の名君・曹叡が長生きしたら司馬一族の天下取りは不可能だった? 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る! 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP