意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志といえば、日本人にとってもたいへん馴染みの深いもの。

ましてやご本家の中国では小さな子供でも当たり前に三国志演義ぐらい

読んでいるに違いない。そう思いますよね!?

ところがどっこい。意外や意外。中国のかたとお話ししていると、

「へえ~、あなた三国志演義なんか読んでるの? すごいわねえ」と

感心されることがよくあります。なんでやねん!?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?


三国志を知らないわけではないけれど

 

中国のかたが親しんできた三国志は「連環画(れんかんが)」という

ものなんですね。紙芝居の絵のような挿絵が1ページに二枚ぐらい

ずつ描いてあり、絵の下に「張飛(ちょうひ)がわーっと一声、たちまち

敵将が馬から転げ落ちる」みたいな簡単な説明が二行ほど書いてある

冊子です。小さい頃から何気なくそういうものをパラパラと見て、

三国志ってだいたいこういうお話、と思いながら成長して、でも三国志って

ちゃんと読んだことないな、と思っている人が多いという状況です。


書店には普通に三国志演義が置いてある

 

しかしねえ。日本人だって、漫画やゲームで知ってるけどちょっと

『三国志演義』でも読んでみようかな、って人は多いわけですよ。

どうして中国の人たちはその一歩を気軽に踏み出せないのか?

踏み出した人を見て「すごいねえ」と驚くのか? とても不思議です。

中国で書店に行ってみたら、連環画ではない三国志演義の本はゴロゴロ

置いてあります。値段も普通。こいつは読まねえ理由が見当たらねえな……。

不審に思いながら一冊を手に取り、ペラペラ、ペラリ。おおっ、こ、これは……!

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

文面を見てびっくり!

 

原文じゃあねえですかい。三国志演義の原文。いえね、中国だから

中国語で書いてあるのは当然ですよ。しかしそれだけじゃなくて、

羅貫中(らかんちゅう)が編纂した頃の、昔の読み物の文章のまんまなんです。

現代語じゃない。羅貫中といえば、日本の足利尊氏さんと同世代人ですよ!

みなさん、足利尊氏が書いた文章がそのまま活字になって出版された

本があったら、それを読めますか? そうそう読めませんよね?

読んでる人がいたら、私ぁすごいって言っちゃいますよ。ええ言いますとも!

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

 

難易度、平家物語レベル

 

これが中国のかたが言う「あなた三国志なんか読んでるの? すごいわねえ」の

「すごい」の正体です。豆粒のような字で注釈が真っ黒に付けられた古文を

ど根性で読んでいる、ってイメージなんですね。外国人がそんなの読んでるって

思ったら、ちょっとひくぐらい、すごすぎます。

中国のかたが三国志演義をあまり読んでいないというのは、日本で言えば、

例えば平家物語をちゃんと読んでないという人が大勢いるのと同じ感じです。

平家物語って、小学校の図書館に現代語訳された本が置いてあったけど、

あれは子供向けの読み物で、大人が「平家物語を読んだよ」って言いたく

なったら、やっぱり注釈とにらめっこしながら原文を読まなきゃいけない

のかなという強迫観念(?)がありますよね。


ワタシ、チュウゴクゴワカリマセン

 

その点、外国人は自由です。古文だろうと現代文だろうと、外国語は外国語。

いずれにしても自分たちの分る言葉に翻訳してもらわないと読めないので、

なんのこだわりもなく現代語訳されたものを受容することができます。

こういう事情で、中国の人には敷居の高い三国志演義を、私たちは気軽に

読むことができるんですね。アリガタヤ。


  

三国志ライター よかミカンの独り言

 

いま、私の頭の中では、知り合いのポケモンマニアのアメリカ人が

「ギオンショージャーのベルの音、リンゴーンリンゴーン」と歌っている光景が

妄想となって広がっておりますが……。もし本当にそんな変な読み方をしていても、

そっと見守って自由に楽しませてあげたいと思います!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

関連記事

  1. 玉璽に興奮する袁術
  2. 赤兎馬を可愛がる董卓
  3. 孫権に諫言する陸瑁
  4. 曹操を裏切る陳宮
  5. トウ艾が気に食わない鍾会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP