ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

意外!中国人は三国志をあまり読んでない!?

韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志といえば、日本人にとってもたいへん馴染みの深いもの。

ましてやご本家の中国では小さな子供でも当たり前に三国志演義ぐらい

読んでいるに違いない。そう思いますよね!?

ところがどっこい。意外や意外。中国のかたとお話ししていると、

「へえ~、あなた三国志演義なんか読んでるの? すごいわねえ」と

感心されることがよくあります。なんでやねん!?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?


三国志を知らないわけではないけれど

 

中国のかたが親しんできた三国志は「連環画(れんかんが)」という

ものなんですね。紙芝居の絵のような挿絵が1ページに二枚ぐらい

ずつ描いてあり、絵の下に「張飛(ちょうひ)がわーっと一声、たちまち

敵将が馬から転げ落ちる」みたいな簡単な説明が二行ほど書いてある

冊子です。小さい頃から何気なくそういうものをパラパラと見て、

三国志ってだいたいこういうお話、と思いながら成長して、でも三国志って

ちゃんと読んだことないな、と思っている人が多いという状況です。


書店には普通に三国志演義が置いてある

 

しかしねえ。日本人だって、漫画やゲームで知ってるけどちょっと

『三国志演義』でも読んでみようかな、って人は多いわけですよ。

どうして中国の人たちはその一歩を気軽に踏み出せないのか?

踏み出した人を見て「すごいねえ」と驚くのか? とても不思議です。

中国で書店に行ってみたら、連環画ではない三国志演義の本はゴロゴロ

置いてあります。値段も普通。こいつは読まねえ理由が見当たらねえな……。

不審に思いながら一冊を手に取り、ペラペラ、ペラリ。おおっ、こ、これは……!

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

文面を見てびっくり!

 

原文じゃあねえですかい。三国志演義の原文。いえね、中国だから

中国語で書いてあるのは当然ですよ。しかしそれだけじゃなくて、

羅貫中(らかんちゅう)が編纂した頃の、昔の読み物の文章のまんまなんです。

現代語じゃない。羅貫中といえば、日本の足利尊氏さんと同世代人ですよ!

みなさん、足利尊氏が書いた文章がそのまま活字になって出版された

本があったら、それを読めますか? そうそう読めませんよね?

読んでる人がいたら、私ぁすごいって言っちゃいますよ。ええ言いますとも!

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?

 

難易度、平家物語レベル

 

これが中国のかたが言う「あなた三国志なんか読んでるの? すごいわねえ」の

「すごい」の正体です。豆粒のような字で注釈が真っ黒に付けられた古文を

ど根性で読んでいる、ってイメージなんですね。外国人がそんなの読んでるって

思ったら、ちょっとひくぐらい、すごすぎます。

中国のかたが三国志演義をあまり読んでいないというのは、日本で言えば、

例えば平家物語をちゃんと読んでないという人が大勢いるのと同じ感じです。

平家物語って、小学校の図書館に現代語訳された本が置いてあったけど、

あれは子供向けの読み物で、大人が「平家物語を読んだよ」って言いたく

なったら、やっぱり注釈とにらめっこしながら原文を読まなきゃいけない

のかなという強迫観念(?)がありますよね。


ワタシ、チュウゴクゴワカリマセン

 

その点、外国人は自由です。古文だろうと現代文だろうと、外国語は外国語。

いずれにしても自分たちの分る言葉に翻訳してもらわないと読めないので、

なんのこだわりもなく現代語訳されたものを受容することができます。

こういう事情で、中国の人には敷居の高い三国志演義を、私たちは気軽に

読むことができるんですね。アリガタヤ。


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

いま、私の頭の中では、知り合いのポケモンマニアのアメリカ人が

「ギオンショージャーのベルの音、リンゴーンリンゴーン」と歌っている光景が

妄想となって広がっておりますが……。もし本当にそんな変な読み方をしていても、

そっと見守って自由に楽しませてあげたいと思います!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 公孫淵 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…
  2. 地球 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  3. 李儒 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  4. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
  5. 亡くなる周瑜 【周瑜の運命を変えた1本の矢】周瑜の運命を変えた1本の矢を分かり…
  6. 結婚を喜ぶ孫策 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  7. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう…
  8. 三国志平話 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と呂布
  2. 歳をとっても元気な孔明
  3. 劉雄鳴は三国志の仙人
  4. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  5. 官渡の戦い
  6. ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回

おすすめ記事

  1. 比叡山が焼かれたのは自業自得?高利貸しだった延暦寺 廃仏毀釈
  2. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 朝まで三国志 公孫瓚
  3. 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る
  4. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  5. kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」 朝まで三国志2017表情 kawausoさん01 無
  6. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 呂布の英雄石像
  2. 南蛮
  3. 陸遜
  4. 孔明
  5. 張遼・楽進・李典


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)
  3. 魏王の曹操
  4. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  5. 真田丸 武田信玄
  6. 夏侯淵

おすすめ記事

張飛VS馬超 95話:馬超と張飛の一騎打ち 張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権 孫権vs張遼! 第1次合肥戦役と豪傑・太史慈の最期 【はじ三グッズ】「可愛い趙雲のマグカップ」発売開始 これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成! 大和朝廷を建国したカムヤマト 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 年越しそばを食べる馬謖 月刊はじめての三国志2018年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 戦え于禁 于禁はチキン?その評価の妥当性について考えてみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP