はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?




 

 

少し三国志に詳しくなると、特に蜀ファンの間で「馬謖の山登り」が

非難されている声を耳にする事が多くなると思います。

馬謖(ばしょく)が街亭で山上に布陣しなければ、、あいつのせいで北伐は失敗した等です。

しかし、それを聴くと同時に、こんな風にも考えるでしょう。

 

馬謖には失敗しかないのか?だとしたら

孔明はどうして重く使ったのだろう?」

 

そうです、そういうのが大事なのです!もし、何の手柄もなしに、

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)馬謖を重く扱うようなら

それはエコヒイキであって、信賞必罰の方針に反する行為ですよね?

実は、馬謖には孔明が信頼するに足る隠れた手柄があったのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬謖は街亭の敗戦の後、何を画策したの?孔明を裏切る行為で憂え悲しむ

関連記事:【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

 




南中攻略のプランは孔明と馬謖で組み立てた作戦だった!

 

北伐の華々しさに完全に影に隠れますが、それ以前に諸葛亮の南中平定がありました。

南中は、劉備(りゅうび)が生きていた頃は服従していましたが、

劉備夷陵の戦いで呉の陸遜(りくそん)に敗北し白帝城で崩御すると、

蜀との関係が悪化した呉と連携する形で、南中で高定(こうてい)が叛きます。

 

南中は、蜀の後背に当たり南中を放置して北伐など出来ない相談でした。

そこで孔明は、関係が冷却した呉との関係修復を急ピッチで行い、

孫権(そんけん)が南中の高定を支援する事を停止させた上で討伐しようとしますが

夷陵の敗戦で多くの人材を失い、任せる事が出来ず親征を考えます。

 

この時に、南中平定のプランを孔明と練ったのが、何を隠そう、

馬謖だった可能性が高いのです。

 




 

襄陽記にある馬謖と孔明の数年来の計画

 

蜀書 馬謖伝を補う、襄陽記には以下のような記述があります。

建興三年(西暦225年)、諸葛亮は南中に遠征し、馬謖はこれを送ること数十里、

諸葛亮曰く、「共に謀ること歴年であるが、今、更(あらた)めて良計を示してくれ」

 

この、共に謀ること歴年というのは、示唆に富む発言です。

というのも、高定が叛いたのは、劉備の死の前後で西暦223年、

諸葛亮が南中遠征をしたのは、225年、つまり2年後の事なのです。

 

2年間、高定をのさばらせたのは、孔明が親征し疫病に罹って病没する事を

心配した経済官僚の王連(おうれん)などの反対なのですが、それ以前に、

不慣れな南中攻略の為に、繰り返しシュミレーションをしていた為でしょう。

 

そして、襄陽記の共に謀る事歴年とは、孔明の南中遠征シュミレーションの

相手が馬謖に他ならなかった事を示しているのだと思います。

王連を含め、多数を占めた南中遠征反対の空気の中で、遠征賛成派で

共に計略を練った相手が馬謖であったとすれば南中遠征の成功後、

孔明が益々、馬謖を頼りにし、軍を任す気になったのも頷けます。

 

関連記事:『ろくでなし三国志 本当はだらしない英雄たち』の批評が過激的!あなたの好きな英雄もdisられている?

関連記事:登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

 

馬謖のアドバイスが七縦七禽を産んだ

この南中遠征の直前に孔明に良計を求められた馬謖は、

「戦争は城を攻めるのは下策、心を攻めるのが上策」として、

無意味な殺戮を行わず、首謀者だけを斬るように進言し南中の民の反感を回避

それが、漢族にも夷族にも人気があった孟獲(もうかく)を七度捕えては、

七回放つ、七縦七禽(しちじゅうしちきん)に繋がりました。

 

南中の遠征は10カ月にも及び、馬忠(ばちゅう)と李恢(りかい)が活躍しますが

何十年もかかるのがザラな異民族平定を10ヶ月で済ますのは超スピード解決であり

やはり、孔明が孟獲と結んで南中の人心を手懐けたのが大きいでしょう。

 

馬謖のアドバイスは、漢族の命令には離反しやすいが

地元有力者の意向には従順な異民族の性格を熟知した対応であり、

やはり、かなり南中の状況を調査した上での結論ではないかと思うのです。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

以上、馬謖の手柄について書いてみました。

自身は成都に残った馬謖ですが、孔明と知恵を絞って考えた遠征プランは

しっかりと活かされ、だからこそ孔明は、益々馬謖を信頼して、

自分の後継者として目するようになったのでは、ないでしょうか?

下手に軍隊を率いずに、ずっと文官として孔明の参軍だったなら、

彼は司馬懿(しばい)相手にも大活躍したかも知れません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 陳寿は三国志正史で陸遜をどのように評価したの?
  2. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  3. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁…
  4. 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾そ…
  5. 張飛にお酒はだめだよ 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  6. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  7. 大河ドラマ西郷どんをブレなく楽しむ6つのポイント
  8. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  2. 空城も計 孔明
  3. 関羽の一騎当千
  4. 孫皓と張俊
  5. 赤壁の戦い 曹操
  6. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  7. 三国志の女性

おすすめ記事

  1. 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた?
  2. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  3. 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  5. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  6. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!

三國志雑学

  1. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉の小覇王・孫策
  2. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所! 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの? 宦官 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰? 大政奉還した徳川慶喜 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 陸遜 陸遜の出自と出身は?三国志演義では完全な脇役の陸遜に分析 ガシュガル・ホータン連合軍を率いて戦い続けた後漢の武将・班超 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理由 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP