関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

劉備(りゅうび)が長沙郡(ちょうさぐん)を手に入れようとして攻め寄せた時、

長沙の防衛側の武将として登場した黄忠(こうちゅう)さん。

彼が忠と義の板挟みになってハンパなことをしたために長沙城はすったもんだ。

挙げ句、長沙太守(たいしゅ)の韓玄(かんげん)は部下の魏延(ぎえん)

殺されるはめに。この三国志演義の顛末では韓玄と魏延だけが悪者に

なっていますけど、そもそもの原因を作った黄忠さんのあいまいな態度は

あれでよかったんでしょうか……。

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?

関連記事:中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!


三国志演義の問題のシーン

 

黄忠が板挟みになった顛末をふりかえりましょう。

攻撃側の大将の関羽(かんう)と守備側の武将黄忠とが長沙城外で

一騎打ちをしていた時、黄忠の馬がすっころんだために黄忠は落馬、

関羽はその気になればその機に乗じて黄忠を刺し殺してしまうことも

できたのですが、正々堂々の一騎打ちをしたかったようで、

黄忠に馬を交換して出直して来いと言っただけでした。

長沙城に戻った黄忠は、太守(長官)の韓玄から、次は一騎打ちではなく

黄忠の得意な弓矢で関羽を倒すよう指示されます。

(一騎打ちでしくじったんだから、長沙防衛を第一義に考えるなら

次は弓矢でやれという指示は妥当ですな。)

しかし黄忠は、正々堂々の態度で臨んでくれた関羽を飛び道具で

倒すなんて義に反すると考えて、上官に対する忠と関羽に対する義との

板挟みになりました。悩んだ末、次の対戦の場では関羽を矢で射るまね

だけして、ガチには狙わずにお茶を濁しました。

 

その茶番が韓玄に見抜かれて、韓玄は怒って黄忠を処刑しようとし、

黄忠を助けるために魏延が韓玄を殺しました。

(黄忠さんがイイカッコしようとしたために、魏延さんが主殺しの汚名を

着ることになっちまいました。)

まあしゃあない、黄忠はんは悪うない、みいんな韓玄がせっかちで

残忍やったんが悪いんや、と、三国志演義の読者はそう思わされるような

書き方になっています。


忠と義は同列なの?

 

韓玄への忠と関羽への義の板挟み。それって、板挟みになるようなことかしら。

優先順位って決まってないんでしょうかね。

日本人の感覚からすると、個人として義を通すために主君への忠を

ないがしろにしちゃだめなんじゃないの、と思いますよね。

この感覚は、日本人が忠とか義とかいう言葉を理解するベースに

なっている「朱子学(しゅしがく)」の影響です。

朱子学は、中国が中央集権体制を強化しようとしていた宋(そう)の時代に

できた儒教の一派で、個人的なことをきちんとやることと国家のためのことを

きちんとやることは一致するよ、という考え方です。みんなにこういうふうに

考えといてもらわないと、中央集権体制の強化なんてできないので。

しかし、古来の儒教の考え方はそうじゃなくて、個人的なことをきちんと

やることのほうが優先でした。それが儒教本来の、当たり前の常識。

義を通すことは当たり前、それができなきゃ人でなし、そんな人でなしなら

忠のことまで考える資格ない、という感覚です。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 


黄忠はあれでいいんです!

 

三国志演義が成立したのは朱子学成立よりも後の時代なのですが、

中国では今でも古来の儒教の感覚のほうが根深いのです。

だから、忠と義を両方大事にしようとした黄忠将軍は真面目だけど、

両立できずに忠のほうがないがしろになっちゃってもまあしゃあない、

という解釈は、中国人としては当たり前なんですね。

もしあそこで忠を優先して関羽を射殺しちゃうような黄忠だったら、

きっとみいんな黄忠ひとでなし、つばペッペ、って感覚だったことでしょう。

黄忠のあのハンパな態度は、中国人ウケを狙うならズバリ大正解なのでした。

 

関連記事:【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけじゃない!!

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!


  

三国志ライター よかミカンの独り言

個人的な節義を大切にするという、儒教の伝統的な考え方と、

中央集権体制を目指すお上とのせめぎ合いというのは、大昔からありました。

劉備オヤビンの愛読書の『六鞱(りくとう)』には、国を損なう六種類の

悪党(六賊)のうちの四つ目として、次のようなものを挙げたうえで、

殺すべき時に殺さなければならないとしています。

 

 

士、志を抗(あ)げ節を高くし以て気勢をなし、外、諸侯に交わり、

その主を重んぜざる者あれば、王の威を傷う。

(自分ばっかりエエカッコしてよその名士と交誼を結び

主君をないがしろにする者は主君の権威を損なう)

 

韓玄が黄忠を処断しようとしたのは、こういう発想に基づいたものだったのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!

関連記事:黄老思想(こうろうしそう)とは何?アベノミクスの原点は前漢時代にあった!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 

関連記事

  1. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  2. 蜀の魏延
  3. 蜀の厳顔
  4. 紀霊(ゆるキャラ)
  5. 華雄と呂布

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP