曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較

この記事の所要時間: 232




 

三国志演義の主役である劉備と、日本の安土・桃山時代に活躍した豊臣秀吉。

時代も国も異なり、似ても似つかぬ二人ですが、奇妙な共通点がいくつかあります。

今回は劉備と秀吉の共通点をあげながら、どちらがスゴイのか比べてみましょう。

 

 

二人の共通点の一つに「幼少期が貧しかった」ことがあげられます。

劉備は挙兵するまでは筵を売って生計を立てていましたし、

秀吉も百姓の家に生まれて厳しい生活をしていたようです。

 

もちろん劉備は皇族の血筋ですから、秀吉とは血統が違いますが、

「ハングリー精神を養うことのできる環境」で育ってきたという点は同じですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン




木下秀吉が竹中重治(竹中半兵衛)を迎え入れる三顧の礼

 

さらに劉備と秀吉の共通点の一つに、「軍師の迎え方」があげられます。

 

秀吉の軍師といえば、黒田官兵衛と竹中半兵衛の「二兵衛」が有名ですね。

そのうち「今孔明」として知られている竹中半兵衛を迎える際に、

秀吉は直接その庵を訪ねています。

 

秀吉は主君である織田信長の命令で、隠棲していた竹中半兵衛を招くことになったわけですが、

相手は滅びた斉藤家に城主として仕えていたほどの人物です。

秀吉は最大限の敬意を表して「三顧の礼」で迎えました。

劉備が諸葛孔明を迎えた故事を意識していたのでしょうね。

なにせ相手は今孔明ですから。

 

竹中半兵衛は信長には直接は仕えないが、秀吉にならば協力すると答えたと伝わっています。

その後の秀吉は、竹中半兵衛に知恵を借りることで大きく飛躍していくことになるのです。




劉備が諸葛孔明を迎え入れる三顧の礼

 

三顧の礼は、劉備が諸葛亮を軍師として迎える際に

諸葛亮の庵を三度訪問した」という故事によります。

相手は功績のない浪人でありながら、

年上で名声のある劉備が慣例にこだわらず自ら出向いたわけですが、

それだけ欲しかった人材だったということでしょう。

 

秀吉は自分よりも実績のある竹中半兵衛を迎えるために礼を尽くしたわけですが、

劉備が礼を尽くした諸葛孔明はまったく実績がありませんでした。

これは、劉備の度量が大きかったことを物語っていますが、

同時に劉備にそうさせた諸葛孔明の器量が並々ならないものだったことも示しています。

 

諸葛孔明を軍師に迎えたことで、放浪状態に等しかった劉備は蜀を建国できるまでになるのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1

 

劉備と秀吉の家臣はどっちがスゴイ?

 

劉備の家臣といえば軍師の諸葛孔明の他に、

関羽張飛という義兄弟、趙雲馬超といった猛将、龐統法正といった参謀がいました。

 

秀吉の家臣といえば軍師の竹中半兵衛の他に文武両道の黒田官兵衛、

子供のように育ててきた加藤清正、

福島正則ら猛将、石田三成や大谷吉継といった智謀に優れた人材がいました。

 

両陣営を比較するのは難しいですが、この時点では劉備軍の方に分がありそうです。

しかし、最終的には徳川家康も前田利家も伊達政宗も秀吉の軍門に降ったわけですから、

彼らも秀吉の家臣だといえます。

そう考えると秀吉の方が圧倒的に人材は豊富ですね。

 

関連記事:桃園の誓いがなかったら劉備はどうなっていたの?

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

三国志ライターろひもと理穂のまとめ

 

さて、結論として劉備と秀吉はどちらがスゴイのでしょうか。

 

家臣団を比べると秀吉が上ですが、総合力で比べてもやはり秀吉の方がスゴイですね。

国土の広さの違いはありますが、

「天下を統一した」という点で秀吉の方が優れていたといえるのではないでしょうか。

劉備は益州を平定したに過ぎず、結局曹操を倒すことはできませんでした。

 

私が奇妙に思える両者の類似点は、

どちらも実子を後継者にするために

養子を処刑している点(劉備の養子・劉封、秀吉の養子・秀次)、

最後に無用な戦を仕掛けて評判を落とした点

(劉備の夷陵の戦いの大敗、秀吉の朝鮮出兵)ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天才軍師 竹中半兵衛が編み出した鬼畜の作戦って何?

関連記事:竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  2. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  3. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した…
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  6. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  7. 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  8. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  3. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  4. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師
  5. 【三国ブレイズ 攻略2】蜀の名将・趙雲と姜維が加入!アイテムの強化と攻略ポイント紹介
  6. 21話:汜水関の戦いの功労者

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【5/7〜5/14】 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語 3周年を迎える「はじめての三国志」公式オンラインストアをオープン! 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】

おすすめ記事

  1. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  2. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  4. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  5. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  6. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  7. 関羽はお金の神様?風水における関羽像について
  8. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP