ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?

関羽が殺されキレる劉備


 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・わけを聞かせて」のコーナーです。

 

 

仁君・劉備玄徳。漢王朝の継続・復興のために生涯を捧げた人物です。

諸葛亮孔明関羽張飛趙雲など有能な家臣に恵まれました。

 

そんな中の一人に「劉封」がいます。その剛勇は諸葛亮孔明も認めていたほどです。

荊州長沙郡の人で、姓は劉ですが、劉備の親族ではありません。

三国志正史」によると世継ぎのいなかった劉備が養子に迎えたと記していますし、

三国志演義」では劉禅という世継ぎが誕生したにもかかわらず、

劉備は劉封の器量に魅せられて養子に迎えたと記しています。

 

タイミングが異なるものの、劉封が劉備の養子であったことに間違いはないようです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗


コンビで活躍

 

劉封といえばコンビで活躍するイメージが強いですね。

 

三国志演義であれば「関平」とのコンビが印象に残っています。

三国志正史では「孟達」でしょうか。

益州平定においてもかなりの武功をあげて活躍したようです。

やはり劉備を認めさせた武勇は一級品だったということでしょう。

219年には上庸の攻撃を劉備から命じられました。


関羽への援軍を出さなかったのか、出せなかったのか

 

劉備が漢中の夏侯淵を倒すために、

東の上庸を押さえて夏侯淵の軍を引きつけておく戦略のために劉封は出陣します。

しかし江陵から上庸への道筋には襄陽があり、魏の曹仁が五万の兵で守っています。

攻略のためには険しい山道を踏破するしかありません。

孟達は山岳戦に慣れており、十日で山道を踏破し、上庸の近郊の房陵を攻略します。

上庸の申耽、申儀の兄弟は恐れて戦わずに攻略します。

ここで劉備はこの兄弟を太守として引き続き起用することを決めたのです。

この決断が劉封の動きを鈍らせることになります。

ちなみに劉封はこの功績で副軍将軍に昇進しています。

 

ここで北上して樊城を攻めていた関羽が、

同盟国の孫権に裏切られ後背を突かれる危機に陥ります。

劉封にも援軍を求める使者が来ました。劉封は孟達に相談します。

 

孟達は自分たちが出兵することで、

申兄弟が反逆し東の漢中を攻めることを懸念していました。

漢中王となった劉備が漢中を失うことは許されません。

猛将の関羽が呂蒙に背後を突かれたからといって負けるとも考えていませんでした。

結果、援軍を出さなかったのです。

 

これには諸説あり、

関羽の進言によって劉備の後継者から外された劉封の

恨みのために援軍を出さなかったともいわれています。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記


自決か処刑か

 

関羽が敗北したことで申兄弟は再び魏に寝返ります。

孤立した劉封と孟達は真逆の行動に出ました。

孟達は魏に寝返り、劉封は山岳地帯を踏破し成都に帰還します。

劉封は関羽に援軍を送らなかったことと、上庸を失ったことで罪に問われます。

 

三国志正史では、今後の後継者争いの芽を摘むために諸葛亮孔明が劉封を除くように進言し、

劉封は自決しています。

 

三国志演義では、諸葛亮孔明が止めに入ったものの、

一歩遅く、劉備の命令によって劉封は処刑されていました。

 

劉備の後継者は実子である劉禅と決まっていたようで、

どちらかというと、養子である劉封が邪魔になったので除いたという見方が強いですね。


  

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

この話、どこかで聞いたことがあります。

日本の豊臣秀吉の後継者を巡る争いです。

甥の豊臣秀次を2代目関白に据えたものの、

実子である豊臣秀頼が誕生してからは邪魔になり、切腹、晒首とした事件です。

 

後継者争いは国を二分し、滅びの道を歩みかねない危険をはらんでいました。

諸葛亮孔明は冷静に国家の先行きを見越して、危険要素を排除したのかもしれませんね。

 

関羽の樊城侵攻が上手くいっていたら話はまた少し違ったのかもしれませんが・・・。

劉封が後継者となっていた蜀の姿にも興味はありますね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

関連記事:集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?
  2. 蜀の劉備 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸
  3. 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話
  4. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  5. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  6. 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  7. 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?
  8. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五禽戯と華佗(華陀)
  2. 料理人
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 諸葛一族
  5. 張松
  6. 魯粛、周瑜、袁術
  7. 曹操は関羽をGET
  8. 禰衡
  9. 司馬遷(しばせん)

おすすめ記事

  1. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  2. これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活
  3. 「男尊女卑」と「疑心暗鬼」の出典は『列子』? 劉備を警戒する王粲
  4. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  5. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 荀彧
  6. 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん

三國志雑学

  1. 費禕
  2. 劉備と関平たち
  3. 袁術
  4. 孔明のテントがある野外のシーン
  5. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魯粛
  2. 蜀の姜維
  3. 剣を持って戦う徐庶
  4. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物
  5. 安土城 織田信長が作らせた城

おすすめ記事

司馬遷(しばせん) 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった 疫病が流行った村 呪い!?赤壁の戦いで魏軍を襲った疫病の正体とは? え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!? 三国志時代の牢獄 こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる… 張飛の男気人生 張飛が『春秋左氏伝』を読んでいた!?中国発インテリ伝説 蜀の劉備 これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ キングダム56巻 キングダム最新623話ネタバレ「模を示す」レビュー考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP