呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?

劉禅




 

劉備(りゅうび)が息子劉禅(りゅうぜん)への遺言の中で、

お暇なら読んでねとオススメしたという、兵法書・六鞱(りくとう)

これは政治の心構えから軍隊の具体的な運用方法までを解説してある

かなり使える兵法書。現代のビジネスマンも納得のニクいやつです。

しかも、お話としてもちょいととぼけた面白ポイントがあるのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?

関連記事:【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!




六鞱(りくとう)ってどんな本?

 

登場人物:太公望(たいこうぼう)、周(しゅう)の文王(ぶんおう)、周の武王(ぶおう)

文王の読み方は「ぶんのう」だと言う人もおられますがそれはさておき

周王朝創建の功臣・太公望と、初代文王および二代目武王との

問答形式で書かれた兵法書です。実質的な初代は武王ですが、

文王が王朝の始祖です。文王が善政をしいて諸侯の人望を集めたので、

次の代の武王が軍事力をちょちょいと使ってエイヤッと殷(いん)王朝を

倒して周の天下になりました。




キャラクターの使い分けがある

 

前半は太公望と文王、後半は太公望と武王の問答です。

前半では政治の心構えから、国の守り方、人材登用法、

罰や褒美の与え方までが説かれています。

後半は軍事一辺倒で、兵道とは、なんていう観念的な話から始まって、

どんどん具体的な内容になっていきます。

軍事マニアが楽しめるのはだんぜん後半です。

文王は仁徳の人、武王は軍事力の人、っていうキャラクターの使い分けがあるんですね。

 

武王(ぶおう)はせっかちな天然くん

 

キャラの使い分けときた。実用書なのに、なんだか文芸的じゃあござんせんか。

ほんと面白いんだなぁこれが。(一人で面白がってないで早く書け)

武王登場のシーンは、のっけからおかしいです。文王がこれまで

ずーっと丁寧に太公望の教えを仰ぎながら政治の話をしていたのに、

武王ったら初登場で開口一言「兵道如何(用兵の道とは)?」なんて

聞くんですよ。この感じ、例えば会社経営者へのインタビューで、

一人目のインタビュアーがその会社の地域社会への貢献とか未来への

ビジョンとかを質問していたのに、二人目がいきなり「黒字経営の秘訣は」

と言い出すような、空気読まないせっかちな人のようです。

友達の持ち物を、他のみんながセンスいいね~って褒めてる時に、

いきなり「いくらしたの?」って聞いちゃいそうな天然くんです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

容赦ない質問攻め

 

鮮烈な初登場以降、ずーっと軍事の詳細を太公望に根掘り葉掘り

質問攻めしていく武王。「軍を率いて敵の領地に深く入り込み、

敵に包囲され退路も糧道も断たれたとする。敵は人数も多く

糧食も充分なうえ堅牢な陣地を構えている。ここを脱するには

どうすればよいか」「前に大河や広い堀、深い塹壕などがあり、

河を渡ろうにも船の用意がなく、敵は砦にたてこもってわが進路を

さえぎり退路をふさぎ、斥候がつねに警戒しており、険阻な要塞を

すべて守りふさいでいるうえ、前方からは戦車と騎兵が、後方からは

精強な部隊が攻撃してきたとする。このような場合、どうすればよいか」

こんな感じのさまざまな絶体絶命シチュエーションについて、

太公望に無茶ぶりします。とってもせっかちでおちゃめです。

 

太公望(たいこうぼう)にも限界がある

 

ずっと忍耐強くいちいち打開法を回答していた太公望ですが、

しまいにはこんなことを言いました。「軍隊を率いて行動するのに、

あらかじめ計画も立てず、武器装備も不十分で、兵士の教育も

訓練もゆきとどかないとあっては、王者の軍とはいえません」

太公望先生、とうとうブチ切れた……。

《もうっ、武王のおバカッ! 私がいくら超天才軍師だからって、

知恵だけでなんでも乗り切れると思わないでよね!

そんな絶体絶命になる前に自分でちょっとは工夫しなよ! プンプンのプーン!》

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

兵法を学びながら、太公望たちのおちゃめな人間模様まで楽しめるという、

一粒で二度おいしい兵法書、六鞱

現代人にも応用できる内容もあって、オススメですよ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 賈詡(賈ク) 賈詡は歴史を陰から操る天才である!世界史上稀にいるタイプだよね
  2. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮 馬謖の息子はどうなった?街亭の戦いの失敗による処罰で影響はあった…
  4. えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?
  5. 夏侯惇 夏侯淵・夏侯惇・夏侯覇の夏侯トリオの活躍がマジやべぇ!!
  6. 郭嘉の本 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  7. 鍾会を説得する姜維 姜維はどうして鍾会を同志に選んだの?
  8. 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. 関羽が好きすぎる曹操
  3. 仲の悪い魏延と楊儀
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 龐統

おすすめ記事

  1. 邪馬台国女王・卑弥呼の男弟の正体とは?ツクヨミ(月読命)との関係性 勾玉を持っているツクヨミ
  2. 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える! 徳川家を守った篤姫
  3. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 織田信長
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】
  5. 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの? 読書する劉備
  6. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる? 孔明

三國志雑学

  1. 曹操と機密保持
  2. 甄氏(しんし)
  3. 土安(南蛮族)
  4. 曹操と夏侯惇
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. キングダム
  3. 餓えた農民(水滸伝)

おすすめ記事

三国夢幻演義バナー 龍の少年 第3話:三国夢幻演義 龍の少年「疎開の旅」配信中 【11月の見どころ】11/23〜28日まで「戦国のパイオニア北条早雲」の特集 はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年9月22日〜29日) 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!? 魏の曹操孟徳 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP