キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?

この記事の所要時間: 217




 

劉備(りゅうび)が息子劉禅(りゅうぜん)への遺言の中で、

お暇なら読んでねとオススメしたという、兵法書・六鞱(りくとう)

これは政治の心構えから軍隊の具体的な運用方法までを解説してある

かなり使える兵法書。現代のビジネスマンも納得のニクいやつです。

しかも、お話としてもちょいととぼけた面白ポイントがあるのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?

関連記事:【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!




六鞱(りくとう)ってどんな本?

 

登場人物:太公望(たいこうぼう)、周(しゅう)の文王(ぶんおう)、周の武王(ぶおう)

文王の読み方は「ぶんのう」だと言う人もおられますがそれはさておき

周王朝創建の功臣・太公望と、初代文王および二代目武王との

問答形式で書かれた兵法書です。実質的な初代は武王ですが、

文王が王朝の始祖です。文王が善政をしいて諸侯の人望を集めたので、

次の代の武王が軍事力をちょちょいと使ってエイヤッと殷(いん)王朝を

倒して周の天下になりました。




キャラクターの使い分けがある

 

前半は太公望と文王、後半は太公望と武王の問答です。

前半では政治の心構えから、国の守り方、人材登用法、

罰や褒美の与え方までが説かれています。

後半は軍事一辺倒で、兵道とは、なんていう観念的な話から始まって、

どんどん具体的な内容になっていきます。

軍事マニアが楽しめるのはだんぜん後半です。

文王は仁徳の人、武王は軍事力の人、っていうキャラクターの使い分けがあるんですね。

 

武王(ぶおう)はせっかちな天然くん

 

キャラの使い分けときた。実用書なのに、なんだか文芸的じゃあござんせんか。

ほんと面白いんだなぁこれが。(一人で面白がってないで早く書け)

武王登場のシーンは、のっけからおかしいです。文王がこれまで

ずーっと丁寧に太公望の教えを仰ぎながら政治の話をしていたのに、

武王ったら初登場で開口一言「兵道如何(用兵の道とは)?」なんて

聞くんですよ。この感じ、例えば会社経営者へのインタビューで、

一人目のインタビュアーがその会社の地域社会への貢献とか未来への

ビジョンとかを質問していたのに、二人目がいきなり「黒字経営の秘訣は」

と言い出すような、空気読まないせっかちな人のようです。

友達の持ち物を、他のみんながセンスいいね~って褒めてる時に、

いきなり「いくらしたの?」って聞いちゃいそうな天然くんです。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

容赦ない質問攻め

 

鮮烈な初登場以降、ずーっと軍事の詳細を太公望に根掘り葉掘り

質問攻めしていく武王。「軍を率いて敵の領地に深く入り込み、

敵に包囲され退路も糧道も断たれたとする。敵は人数も多く

糧食も充分なうえ堅牢な陣地を構えている。ここを脱するには

どうすればよいか」「前に大河や広い堀、深い塹壕などがあり、

河を渡ろうにも船の用意がなく、敵は砦にたてこもってわが進路を

さえぎり退路をふさぎ、斥候がつねに警戒しており、険阻な要塞を

すべて守りふさいでいるうえ、前方からは戦車と騎兵が、後方からは

精強な部隊が攻撃してきたとする。このような場合、どうすればよいか」

こんな感じのさまざまな絶体絶命シチュエーションについて、

太公望に無茶ぶりします。とってもせっかちでおちゃめです。

 

太公望(たいこうぼう)にも限界がある

 

ずっと忍耐強くいちいち打開法を回答していた太公望ですが、

しまいにはこんなことを言いました。「軍隊を率いて行動するのに、

あらかじめ計画も立てず、武器装備も不十分で、兵士の教育も

訓練もゆきとどかないとあっては、王者の軍とはいえません」

太公望先生、とうとうブチ切れた……。

《もうっ、武王のおバカッ! 私がいくら超天才軍師だからって、

知恵だけでなんでも乗り切れると思わないでよね!

そんな絶体絶命になる前に自分でちょっとは工夫しなよ! プンプンのプーン!》

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

兵法を学びながら、太公望たちのおちゃめな人間模様まで楽しめるという、

一粒で二度おいしい兵法書、六鞱。

現代人にも応用できる内容もあって、オススメですよ!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』
https://3594.fun 

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

好きな歴史人物:
王充(おうじゅう。後漢初期の思想家)
※ はじさんのサイト内検索で王充の記事が出てきます

何か一言:
三国志のお話の世界の広がりは無窮。
日々新しい三国志が生まれています。
ご一緒に三国志の新しい歴史を刻みましょう。

関連記事

  1. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  2. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  3. 蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?
  4. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  5. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  6. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  7. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  8. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 井伊直弼と直虎の関係性は?直虎は先祖なの?
  2. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  3. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  4. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  5. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  6. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

暴君・董卓は実は名将軍としての資質があった!? キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】 井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった? キングダム 534話 ネタバレ予想:倒せるか?紀彗軍 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定

おすすめ記事

  1. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?
  2. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 【真田丸】高速で関ヶ原の戦いは終わったが、どうして三成と家康が戦うことになったの?『黒田廉の考察』
  5. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?
  6. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル
  7. 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【10/17〜10/23】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP