ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

陸遜




 

関羽の仇討ち、そして荊州の奪還のために出陣した劉備が、

若輩の陸遜に大敗するのが「夷陵の戦い」です。

今回は「三国志演義」に登場する

「石兵八陣」「石陣八陣」についてお伝えしていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労

関連記事:桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

夷陵の戦い諸葛亮が発案した石兵八陣で劉備は助かる

 

大敗した劉備を追撃する陸遜を惑わせたのが、諸葛孔明の罠でした。

追撃途中の魚腹浦にたくさんの石が配置してあり、そこから出ようとした陸遜は、

激しい風と山のように積み重なった石によって道に迷い追撃を諦めるのです。

 

 

これが「石兵八陣」または「石陣八陣」と呼ばれるものです。

この罠のおかげで劉備は無事に白帝城に逃げ込むことに成功します。

陸遜は諸葛孔明の舅である黄承彦のアドバイスによって

ようやくこの罠から抜け出すことができました。そして撤退します。

石兵八陣は実在したの?

 

諸葛孔明が発案したとされる「八陣図」ですが、あくまでも仮説です。

32の小部隊から成る方陣を大将の周囲八方向に配置するものになります。

敵の動きに対して臨機応変に変化できる陣形とされています。

 

石兵八陣もその類なのでしょうが、実在するものではありません

白帝城にはその遺跡があるそうですが)。

三国志演義のフィクションです。

 

蜀びいきの三国志演義ですから、

夷陵の大戦で劉備が大敗しただけでは収まりがつかなかったのでしょう。

石兵八陣を登場させ、最終的に陸遜よりも諸葛孔明の方が優れているような設定にして、

蜀が劉備の失策によって数万の犠牲者を出したことから注意をそらしているのです。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志1  

夷陵の戦いではどんな陣形で戦ってたの?

 

夷陵の戦いは、劉備の布陣を聞いて諸葛孔明が敗北を見抜いただけでなく、

魏の皇帝である曹丕(そうひ)も陣形を聞いて劉備の大敗を予言しました。

 

それが劉備の「長蛇の陣」です。

猇亭に本陣を置いた劉備は700里に及ぶ陣を敷きました。

猇亭から蜀の巫県までに築かれた陣営は40以上だったそうです。

当初は敵の動きに対応できる戦術を用意していた劉備でしたが、

陸遜が守りに徹したことで攻めあぐねて長期戦となり、

士気が下がったところで隙ができることになります。

 

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

 

正史では夷陵の戦いはどんな戦争だったの?

 

怒涛の勢いで進軍する劉備に対し、陸遜はまずはその勢いを殺すことを考えます。

反撃のチャンスが訪れるまで、退いては守り、退いては守るのです。

半年もの間ひたすら耐え抜くことで、ついに劉備の陣に隙ができます。

陸遜の対応が後世の中国軍の戦略の模範となっています。

 

陸遜は火計をもって攻め込みました。

40の陣に対して、ひとつおきの20の陣に火を放ったのです。

分断された蜀軍は各個撃破され、陸遜は40以上の陣営を一気に踏みつぶしました。

劉備は馬鞍山に逃げ込んで態勢を整えるものの、

四方から攻められて総崩れとなり、夜陰に紛れて白帝城まで逃げました。

 

三国志正史」呉書ではこのとき、徐盛潘璋

宋謙らが孫権に対し白帝城攻めの上奏をしていますが、陸遜は反対しています。

陸遜は魏の動きを読んでいたのです。陸遜の読み通り、

曹丕は三方向から呉を急襲します。

曹丕の目論見は外れ、陸遜らの主力はすでに撤退し、守りを固めていたのです。

 

関連記事:陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力

関連記事:図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

単純明快に説明すると、

「劉備は大敗、陸遜は諸葛孔明の策によって撤退したのではなく、魏の侵略に備えただけ」

ということになります。

 

しかしこれだと読者は誰が主役なんだ?と混乱しますね。

完全にヒーローは陸遜になっているからです。

そこで三国志演義では、諸葛孔明を強引に登場させ手柄をたてさせます。

赤壁の戦い周瑜を主役の座から引きずり落としたのと同じ理屈でしょう。

 

三国志演義が書かれた明の時代は朱子学が主流であり、

その象徴的存在である劉備や諸葛孔明はどこまでも

ヒーローとして民衆の尊敬を集める必要があったのです。

夷陵の戦いで黄忠張苞

関興が登場して活躍したのもそのための演出であり、フィクションになります。

 

まあ、その演出が面白いのが三国志演義の魅力であり、三国志が人気である要因なのですが。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

関連記事:もし劉備が夷陵の戦いに勝っていたら歴史はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 袁術 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説
  2. 泣く子も張遼 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説
  3. 諸葛瑾 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  4. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた…
  5. 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ
  6. 法正が亡くなり悲しむ劉備 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  7. ロボ関羽 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  8. 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 「斉」の旗を持った兵士
  2. 于禁
  3. 李カク、献帝
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. ホウ徳、馬超
  6. 呂蒙を慰める孫権
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2
  8. 斉王になる司馬攸
  9. 曹休
  10. 信陵君

おすすめ記事

  1. 長坂の戦いの時、趙雲はどのくらい活躍した?二つの三国志を比較してみた 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 徳川家康の原点は今川義元の人質生活にあり 徳川家康
  3. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……! 董卓と呂布
  4. 【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  5. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志カレンダー 【004】
  6. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 梁冀(りょうき)
  3. 蔣琬(しょうえん)
  4. 袁術と袁紹の喧嘩


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬騰
  2. 兵士
  3. 昭襄王
  4. 呂布を心配する張楊(ちょうよう)
  5. 黄巾賊
  6. 司馬遷(しばせん)

おすすめ記事

【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? 張遼・楽進・李典 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱 諸葛亮死後に相次いで起きた魏延と楊儀の死とは? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その3「疎開の旅」 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 千利休 明智光秀は千利休として生き延びた? 馬謖を斬り悲しむ孔明 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP