はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある

曹操から逃げ回る劉備



 

劉備と曹操

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)で、曹操(そうそう)軍の追撃を受けた劉備(りゅうび)が、自分を(した)ってついてきた民も

妻子もかえりみずスタコラサッサと逃走した長坂(ちょうはん)の戦い。

劉備の頼れるお守り刀武将である趙雲(ちょううん)が乱戦の中から劉備の長男・阿斗(あと)

助け出してくると、劉備は「ガキのために一人の大将を失うところであった」と言って、

まだ赤ん坊だった阿斗を地べたに放り投げました。

このシーン、2010年の中国ドラマ「三国志 Three Kingdoms」と

1994年の中国ドラマ「三国演義」とで演出が異なっております。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった

関連記事:曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり?

 

 

二つの中国ドラマ

馬超のスマホケース

 

【三国志Three Kingdoms

2010年に中国で放送された連続テレビドラマです。

制作期間6年、制作費25億円、エキストラ15万人以上。

1994年のドラマ「三国演義」と比較され、「新版」や「新三国」などと呼ばれています。

 

【三国演義】

1994年に中国で放送された連続テレビドラマです。

制作期間3年、制作費100億円超、エキストラ10万人以上。

2010年のドラマ「三国志Three Kingdoms」が「新版」「新三国」と呼ばれているのに対し、

こちらは「老版」や「94版」などと呼ばれています。

 

 

新版「三国志 Three Kingdoms」で劉備が阿斗を投げるシーン

キレる劉備

 

新版の演出は、三国志演義のイメージそのままです。

聶遠(ニエユエンさんが演じるイケメンの趙雲が長い髪を振り乱しながら阿斗を抱えて

劉備の前にやって来ると、阿斗の無事を確認して嬉しそうに劉備に差し出します。

劉備は万感迫ったような表情(当惑げにも見える)で、阿斗を受け取るとも受け取らないとも

つかないようなロボットダンスのような手つきで阿斗を持つと、抱きよせることなくそのまま

腕を横に振って「エイッ」のかけ声とともに阿斗を自分の右手2mほどの地点に投げました。

 

ストロークが水平方向なので、飛行機の胴体着陸のようなイメージで

なるべく怪我させないように投げたのではないでしょうか。

阿斗を受け取った時の劉備の持ち方は、抱かないようにこらえていたようにも見えます。

子供は大事だが趙雲はもっと大事だと言いたげなこの感じ。

三国志的にはいい感じのシーンに仕上がっているのではないでしょうか。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

老版「三国演義」で劉備が阿斗を投げるシーン

京劇の趙雲

 

老版の演出は、趙雲が阿斗を差し出すところまでは雰囲気があるのですが、

そこから先は三国志演義のイメージで眺めていると「あれっ?」という感じです。

張山(チャン・シャン)さんが演じる男前の趙雲が血まみれで左右非対称の表情

(激戦のストレスのためでしょうか)になりながら阿斗を懐から取り出すと、

阿斗の母親の甘夫人(かんふじん)が奪うようにして阿斗を抱きます。

三国志演義ではここで甘夫人は出てきませんが、母親の情が表れている演出として、

まあいいんじゃないでしょうか。問題はこの後です。

 

甘夫人から阿斗を受け取った劉備は大事そうに阿斗を抱き、阿斗をじっと眺めた後、

趙雲の血まみれの顔を見やります。

そして独り言風に「ガキのために一人の大将を失うところであった」と言うと、

意を決したように半泣き顔で「エイッ」と阿斗を投げますが、わずかな力で

斜め上方向にふんわりとトスしただけです。

そしてすぐそばにいた趙雲がキャッチ。

阿斗は地面に落ちていません。とってもマイルドな演出です。

劉備さん、趙雲がどこにいるか目視で確認してからそっとパスしただけなのでは……。

 

マイルド演出の背景を想像してみる

 

老版ドラマには「三国志演義」よりも古い三国志物語の本である「三国志平話(さんごくしへいわ)」のネタも

出てくるので、「三国志平話」では阿斗を投げないことになっているのかなと思って

調べてみましたが、「三国志平話」にもしっかり「擲于地上(地上になげうつ)」と

書いてあります。とするとパス&キャッチはドラマのオリジナル演出でしょう。

 

劉備は優しい人だから赤ちゃんを地面に投げたりするわけない、という解釈に基づく

演出でしょうか。あるいは、人権を重視する現代において幼児虐待(ようじぎゃくたい)のような描写を

することをはばかったのでしょうか。想像は尽きません。

ちなみに、演出の蔡暁晴(ツァイ・シャオチン)さんは女性です。

女性だから赤ちゃんに優しいとはいちがいに言えませんが。(個人差ありますよね、きっと)

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカン

 

私は老版の演出を初めて見た時、一瞬「ワオ、マイルド!」と面食らいましたが、

めいっぱい投げたつもりでもふんわりになってしまう劉備さんに対して

じわじわ好感がわいてきました。

三国志的にキレのある新版の演出と、マイルドすぎて劉備の意図が不明確に

なってしまっている老版の演出。みなさんはどちらがお好きでしょうか?

ぜひお友達と語らってみて下さい!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?

関連記事:劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹丕 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  2. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  3. kataru 陳寿が語る孫権像
  4. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  5. 子供 桃園 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  6. 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?
  7. 賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!
  8. 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔融と禰衡
  2. 曹丕
  3. 細川勝元

おすすめ記事

  1. 諸葛孔明も学んだ三国志の天文学とはどんなモノ?
  2. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんなの?
  3. 三国時代の経済ってどうなってたの? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  5. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  6. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性

三國志雑学

  1. 蜀の厳顔
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. 趙姫
  3. 夏侯惇

おすすめ記事

孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは? 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物 あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由 秦の旗を掲げる兵士 戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!? 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP