キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁紹の攻略方法は!?曹操が使った袁紹の攻略方法を紹介

この記事の所要時間: 313



袁紹と曹操

 

河北の覇者・袁紹(えんしょう)

曹操(そうそう)袁紹の国力に対して圧倒的な差をつけられていました。

そのため官渡(かんと)の戦いではかなりの苦戦を強いられることになります。

しかし曹操袁紹の攻略法を何とか見出して、袁紹を倒すことに成功します。

今回は曹操が見つけた袁紹攻略法についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?

関連記事:曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

 

 

袁紹の弱点とは?

袁紹

 

袁紹の弱点とは一体何でしょうか。

郭嘉(かくか)は曹操へ「袁紹は十の敗因があります。

それは軍事、道義、正義、政治、度量(どりょう)策謀(さくぼう)、人徳、仁義、聡明(そうめい)、法制の

10個において殿が袁紹に(まさ)っている所です。」とアドバイスをしています。

また曹操は袁紹に対して

「志は大きくても知恵が無く、顔つきは厳しいがキモが小さく、

人を(ねた)んでばっかりな奴で威厳(いげん)にかけている。

また兵士の数も多いが軍令が行き届いていない。

この兵士を率いる将軍達も威張り腐っている。

更に政治上に一貫性がないから統治もゆるゆるだ。」と評価しています。

 

このように弱点だらけの袁紹ですが、曹操が見出した袁紹の弱点を紹介していきましょう。

 

 

袁紹攻略法その1:弱点を突く

袁紹

 

袁紹攻略法その1は彼の弱点を突く事です。

曹操は官渡の戦いの時、彼の弱点をついています。

例えば袁紹は優柔不断(ゆうじゅうふだん)決断力(けつだんりょく)に優れていない所です。

 

曹操は許攸(きょゆう)鳥巣(うそう)に袁紹軍の兵糧が集まってきているとの情報を与えます。

曹操は彼の情報を信じてすぐに出陣し、

鳥巣に集まっていた兵糧を全て燃やすことに成功します。

袁紹はこの時鳥巣から救援要請が来ていたにも関わらず、

全軍で救援することをしないで、中途半端に軍勢を派遣します。

曹仁

 

この結果、袁紹は鳥巣を救援することができず、

兵糧が無くなってしまったたため官渡から撤退することになってしまいます。

曹操が袁紹の優柔不断な所を見事に突いた一例と言えるでしょう。

もしこの時、袁紹が全軍を率いてもしくは大軍勢を救援に差し向けていれば

鳥巣を救うことができ、兵糧を維持しながら

官渡の戦いに勝利することができたかもしれません。

 

袁紹の攻略法その2弱音を吐いても踏みとどまる忍耐力

曹操

 

曹操は官渡の城塞に篭城(ろうじょう)して袁紹軍の大軍と戦っていた時、

弱音を手紙に書いて許で留守番をしている荀彧(じゅんいく)に送ります。

曹操は手紙に

「もう兵糧は少ないし、袁紹軍は大軍だし、勝てないから

許に撤退しようと思っているんだけどどう思う」と書いて送ります。

 

荀彧はこの手紙を見てびっくりしてすぐに曹操へ

曹操と荀彧

 

「殿。袁紹は全軍を用いて官渡で一大決戦を行っています。

まさに天下分け目の戦と言っても過言ではありません。

袁紹は一平民の剛勇(ごうゆう)ですから多くの人が集まってきても、

それを用いることはできないでしょう。

それに比べて殿は英知と勇武、そしてそれを支える天子がいるのです。

これらをもってすれば袁紹如き簡単に倒すことが出来るでしょう」

激励(げきれい)の手紙を送っております。

 

曹操はこの手紙を読んで気力を取り戻し袁紹軍の攻撃を何とか粘り強く耐え続けるのでした。

そして曹操は許攸から兵糧庫の情報をもらい袁紹に逆転勝利することになります。

粘り強くチャンスを待ち続ける事こそ袁紹の攻略法の一つと言えるでしょう。

 

正史三国志の袁紹の評価とは

陳寿

 

袁紹は曹操に見事弱点を突かれて破れてしまいますが、

正史三国志の作者陳寿はどのように彼を評価しているのでしょうか。

 

陳寿は「袁紹の威容は堂々としており、名声は天下に轟き、河北に割拠(かっきょ)した」と

意外と高評価を与えています。

 

そんな高評価を与えつつ陳寿

 

「しかし、外面は寛大に振舞いながら内面は猜疑心(さいぎしん)が強く、

(はかりごと)を好みながら決断力に欠けていた。

また、優れた人物がいても用いることができず、忠言を聴いても実行できなかった。

長子を廃して庶子を後継ぎにしようと考え、礼儀を捨て個人の情を重んじた。

だからその死後、子孫が困窮し領地を失ったのは当然であった」と

上げて落とす評価を彼に与えていました。

陳寿にも弱点を見抜かれている袁紹でした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田レンの独り言

 

袁紹の攻略法は粘り強くチャンスを待つ事と多くの弱点を突く事です。

彼の攻略法はこの二つになりますが、当時は攻略法なんて存在していないので、

曹操の相手の弱点を見抜く眼力はさすがの一言に尽きます。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達

関連記事:官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志演義に登場する兵器
  2. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎ…
  3. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  4. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  5. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1
  6. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  7. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  8. 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】不老不死の為なら死んでもいい!寿命を縮めた曹操のデタラメ健康
  2. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  3. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  4. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  5. 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?
  6. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

井伊直弼最後の言葉に震える死を覚悟した孤独な独裁者 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将 それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの? 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯

おすすめ記事

  1. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  2. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  3. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  4. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  5. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  6. 伊集院須賀(いじゅういん・すが)とはどんな人?西郷どんに嫁いだ最初の妻の悲しい生涯
  7. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  8. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP