日常生活

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

この記事の所要時間: 255




曹操VS袁紹ありゾウ

 

顔良・文醜といった勇将を失った袁紹は怒り狂い、

今度こそ曹操と決着をつける!と意気込み、全軍を官渡の北の

陽武(ようぶ)へと布陣させました。

 

さすがの曹操も、袁紹の総力戦には苦戦し、官渡城に籠城します。

このとき袁紹は、奇策を思いつきます。

官渡城の城壁の前に土を盛って山を作り、その上に櫓(やぐら)を組んで

上から矢を射かけたのです。

 

それに対し曹操は、発石車(はっせきしゃ)を開発し、

石の塊を櫓にぶち当てて破壊するという対抗策をひねり出します。

 

せっかくの櫓が壊された袁紹は次なる策を思いつきます。

これが今回のテーマのモグラ作戦です。




空がダメなら地下から攻める(対公孫瓚)

袁紹モグラ作戦

 

実はこの官渡の戦いに先立つ199年、

袁紹が公孫瓚(こうそんさん)と決着をつけた易京(えきけい)の戦いで

モグラ作戦は大成功をおさめていました。

 

易京城というのは公孫瓚自らが

「兵法に100の櫓がある城は攻めるなとあるが、

わしのこの城は櫓が1000もある自慢の城じゃ」

というほど難攻不落の城でした。

袁紹は何度も何度も易京城を攻め続けましたが、攻略できないでいました。

 

そんな中、「そろそろ決着をつけねば」と奮起した袁紹は

雲梯(うんてい)という長いはしごや衝車(しょうしゃ)という城壁を壊す車など

兵器を駆使して易京城攻略に挑みます。

 

そして最後の最後で、モグラ作戦発動です。

城に向けて、地下道を掘り進めたのです。

易京城にある櫓の真下まで掘ると、支柱を立てて上に掘り進め、

櫓の土台の半分を空洞にしてしまったのです。

そして支柱に火をかけると、櫓は崩れ落ちました。

 

こうして公孫瓚は自らの敗北を悟り、自刃するのです。




空がダメなら地下から攻める(対曹操)

笑う曹操

 

袁紹は官渡城にも易京城攻略に使ったモグラ作戦を開始します。

官渡城内まで地下道を掘り進めて行くのです。

しかし……、柳の下にいつもドジョウはいないのですね。

曹操は、城外に不自然な盛り土があるぞとすぐに気がつきます。

おそらく曹操のことですから、袁紹が易京城攻略に使った戦略などは

すべて承知していたのでしょう。

 

曹操は袁紹軍の掘った地下道に官渡の水を注ぎこみ、逆に水攻めを行います。

易京城では、火によって櫓を落とした袁紹が、

今度は水によって撃退されてしまうとは、興味深いですね。

 

敵は地下からやってくる

董卓

 

モグラ作戦……、城への地下道を掘るとか、労力が半端ないです。

しかしこの「地下道を掘って攻める」という発想、

中国の歴史の中では三国時代のみならず、かなり近代まで一般的であったようです。

 

北京観光へ行ったほとんどの人は故宮(紫禁城)を訪れることでしょう。

故宮は明清時代の皇帝の城で、幾度かの修復を重ね、非常に美しい姿を今も

残しています。

 

故宮の中で最も有名な場所と言えば、「太和殿(たいわでん)」です。

皇帝が中央の御座所に座り、目の前にドーンと広がる広大な前庭に

官たちが勢ぞろいするシーンなど、映画にもよく撮影される場所です。

 

ここの官たち立つ広場は磚(せん)が敷き詰められています。

磚は城壁などに使われる頑丈なレンガのことで、

1個30キログラムもするものさえあります。

こちらの広場にはなんと1億個以上の磚が、

地下七層にわたって埋められているそうです!

 

この理由は、賊や反逆者が地下を掘って皇城内に侵入するのを防ぐためです。

どれだけ地下から侵入するものが多いかということを示しているような

気がするエピソードです。

 

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

関連記事:象対蟻か?袁紹vs曹操

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚



よく読まれている記事

孔明 出師

 

よく読まれている記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

孔明過労死

 

よく読まれている記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

諸葛孔明

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  2. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  3. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  4. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反…
  5. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ…
  6. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守
  7. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  8. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】
  3. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  4. 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯
  5. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  2. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  3. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!
  4. 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説
  5. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  6. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  7. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  8. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP