広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?

この記事の所要時間: 255




曹操VS袁紹ありゾウ

 

顔良・文醜といった勇将を失った袁紹は怒り狂い、

今度こそ曹操と決着をつける!と意気込み、全軍を官渡の北の

陽武(ようぶ)へと布陣させました。

 

さすがの曹操も、袁紹の総力戦には苦戦し、官渡城に籠城します。

このとき袁紹は、奇策を思いつきます。

官渡城の城壁の前に土を盛って山を作り、その上に櫓(やぐら)を組んで

上から矢を射かけたのです。

 

それに対し曹操は、発石車(はっせきしゃ)を開発し、

石の塊を櫓にぶち当てて破壊するという対抗策をひねり出します。

 

せっかくの櫓が壊された袁紹は次なる策を思いつきます。

これが今回のテーマのモグラ作戦です。




空がダメなら地下から攻める(対公孫瓚)

袁紹モグラ作戦

 

実はこの官渡の戦いに先立つ199年、

袁紹が公孫瓚(こうそんさん)と決着をつけた易京(えきけい)の戦いで

モグラ作戦は大成功をおさめていました。

 

易京城というのは公孫瓚自らが

「兵法に100の櫓がある城は攻めるなとあるが、

わしのこの城は櫓が1000もある自慢の城じゃ」

というほど難攻不落の城でした。

袁紹は何度も何度も易京城を攻め続けましたが、攻略できないでいました。

 

そんな中、「そろそろ決着をつけねば」と奮起した袁紹は

雲梯(うんてい)という長いはしごや衝車(しょうしゃ)という城壁を壊す車など

兵器を駆使して易京城攻略に挑みます。

 

そして最後の最後で、モグラ作戦発動です。

城に向けて、地下道を掘り進めたのです。

易京城にある櫓の真下まで掘ると、支柱を立てて上に掘り進め、

櫓の土台の半分を空洞にしてしまったのです。

そして支柱に火をかけると、櫓は崩れ落ちました。

 

こうして公孫瓚は自らの敗北を悟り、自刃するのです。




空がダメなら地下から攻める(対曹操)

笑う曹操

 

袁紹は官渡城にも易京城攻略に使ったモグラ作戦を開始します。

官渡城内まで地下道を掘り進めて行くのです。

しかし……、柳の下にいつもドジョウはいないのですね。

曹操は、城外に不自然な盛り土があるぞとすぐに気がつきます。

おそらく曹操のことですから、袁紹が易京城攻略に使った戦略などは

すべて承知していたのでしょう。

 

曹操は袁紹軍の掘った地下道に官渡の水を注ぎこみ、逆に水攻めを行います。

易京城では、火によって櫓を落とした袁紹が、

今度は水によって撃退されてしまうとは、興味深いですね。

 

敵は地下からやってくる

董卓

 

モグラ作戦……、城への地下道を掘るとか、労力が半端ないです。

しかしこの「地下道を掘って攻める」という発想、

中国の歴史の中では三国時代のみならず、かなり近代まで一般的であったようです。

 

北京観光へ行ったほとんどの人は故宮(紫禁城)を訪れることでしょう。

故宮は明清時代の皇帝の城で、幾度かの修復を重ね、非常に美しい姿を今も

残しています。

 

故宮の中で最も有名な場所と言えば、「太和殿(たいわでん)」です。

皇帝が中央の御座所に座り、目の前にドーンと広がる広大な前庭に

官たちが勢ぞろいするシーンなど、映画にもよく撮影される場所です。

 

ここの官たち立つ広場は磚(せん)が敷き詰められています。

磚は城壁などに使われる頑丈なレンガのことで、

1個30キログラムもするものさえあります。

こちらの広場にはなんと1億個以上の磚が、

地下七層にわたって埋められているそうです!

 

この理由は、賊や反逆者が地下を掘って皇城内に侵入するのを防ぐためです。

どれだけ地下から侵入するものが多いかということを示しているような

気がするエピソードです。

 

関連記事:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー

関連記事:貴族はみんな兄弟げんかをする!袁紹VS袁術、曹丕VS曹植,孫和VS孫覇

関連記事:象対蟻か?袁紹vs曹操

関連記事:三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚



よく読まれている記事

孔明 出師

 

よく読まれている記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

 

孔明過労死

 

よく読まれている記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

諸葛孔明

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【真田丸】幸村だけじゃない!曹操、孔明も使った赤備え!ザクとは違…
  2. 68話:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に
  3. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の…
  4. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…
  5. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  6. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  7. 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  8. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデルとしていた!?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】
  3. 長宗我部元親が取った豊臣軍迎撃作戦が成功していたら秀吉はやばかった
  4. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!
  5. 【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質? 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは? 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から漢中までの鉄軌道 こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介! 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!? 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード 81話:赤壁の戦い後の劉備と孫権の関係はどうなったの? 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄

おすすめ記事

  1. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  2. 【素朴な疑問】呉には何で五虎将軍や五大将軍がいないの?
  3. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  5. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  6. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!
  7. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  8. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP