キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした

この記事の所要時間: 253



韓遂

 

後漢王朝(ごかんおうちょう)黄巾の乱(こうきんのらん)が起きたせいで後漢王朝の政治基盤が破壊され、

各地の力をもった豪族や名士たちがそれぞれ勢力を持つことになります。

そんな黄巾の乱が勃発した少し後に涼州でも大規模な反乱が発生。

この反乱の首謀者こそ馬超の盟友として潼関(どうかん)の戦いに参戦した韓遂(かんすい)

そして超マイナーな王国(おうこく)という人です。

今回はこのふたりにスポットライトを当てて紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

関連記事:韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂

 

 

後漢王朝に反乱!!

 

王国は元々後漢王朝の役人でしたが、黄巾の乱が発生すると

涼州で宋建(そうけん)と一緒に反乱を起こし、北宮伯玉(ほっきゅうはくぎょく)李文侯(りぶんこう)らを将軍に立て、

韓遂辺章(へんしょう)を捕虜にして金城の太守を殺害して占領してしまいます。

そして王国は韓遂らを捕虜から解放して軍政を任せてリーダーへ擁立します。

さて盟主となった韓遂と辺章、

そして彼ら二人の下に就いた王国達はその後どうしたのでしょうか。

 

 

董卓・張温らの討伐軍に勝利!!

董卓

 

韓遂らは長安近辺の重要地域に進撃し後漢王朝を脅かします。

後漢王朝は韓遂らの反乱軍を討伐するべく黄巾の乱で活躍した

皇甫嵩(こうほすう)董卓(とうたく)に軍勢を与え、韓遂達へぶつからせます。

皇甫嵩は黄巾の乱ではかなりの活躍をした武将でしたが、

涼州の異民族を中心とした軍勢に為すすべもなく敗北してしまいます。

 

こうして後漢王朝の軍勢を打ち破った韓遂達は再び長安近辺で暴れまわりますが、

皇甫嵩の代わりにやってきた張温(ちょうおん)率いる軍勢と戦っうことになります。

韓遂達は張温率いる軍勢もコテンパンにして追い返してしまいます。

ついでに董卓はこの時の戦いで唯一兵士の損害を出さずに退却することに成功したため、

彼の武勇の知名度が上がることになります。

 

しかし張温は軍勢を立て直し再び韓遂率いる軍勢に攻撃をしかけ

彼らの軍勢を打ち破ることに成功します。

韓遂達は敗北して涼州へ逃亡するのでした。

  はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

一緒に起こした反乱諸将を殺害!!

韓遂

 

韓遂は涼州へ逃げ帰ると一緒に反乱を起こした北宮伯玉や

李文侯を殺害して軍勢を奪ってしまいます。

この時辺章は既に病死していたそうです。

 

さて韓遂は軍勢を手に入れるとすぐに出陣していき、

涼州の刺史がいる城へ向かっていきますが、途中で殺害された事を知り、

無血でこの城を手に入れることに成功します。

 

その後韓遂と王国は傅燮(ふしょう)の守る漢陽城を包囲。

王国は漢陽城を守っている傅燮が羌族(きょうぞく)(した)われ、

元役人だったことから王国が降伏するように説得しに行きます。

しかし傅燮は王国らに降伏しないで韓遂の軍勢へ突撃して討ち取られてしまうのでした。

 

漢陽城を手に入れ、勢力の拡大に成功した韓遂と王国。

そして勢力が拡大した事で新たに仲間に加わった馬騰(ばとう)

彼らは新しい盟主を誰にするか考えていました。

 

王国ついに盟主へ

 

韓遂と馬騰は新しい盟主に王国がなるべきだと推挙します。

王国は彼らの推挙を受けて反乱軍の盟主となるのでした。

そして再び長安近辺の地域へ侵入すると暴れまくった後、退却するのでした。

 

陳倉城攻略戦で敗北し、王国も敗北。そして・・・

 

韓遂は長安近辺へ侵攻した翌年、陳倉城を手に入れるべく出陣してきます。

この時、盟主の王国は陳倉城を救うためにやってきた

皇甫嵩・董卓軍の軍勢を迎撃する役目を負っていました。

こうして韓遂率いる陳倉城攻防戦が始ります。

 

しかし盟主・王国が韓遂が陳倉城を手に入れる前に、

皇甫嵩・董卓の軍勢に敗北してしまうのでした。

韓遂はこの事を聞いてすぐに陳倉城の攻略戦を諦めて、撤退(てったい)していきます。

そして敗北した王国を追放してしまいますが、

その後彼は混乱の中で殺害されてしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は韓遂と王国の反乱を紹介しました。

黄巾の乱が有名すぎてこの彼らの反乱は知っている人は少ないと思いますが、

後漢王朝を揺るがした大規模な反乱でした。

その後、韓遂や馬騰の反乱は長期間継続することになります。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書・魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】

関連記事:韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  2. 【保存版】孫呉の歴史(208~219)を年表でザックリ紹介するよ…
  3. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?
  4. 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  5. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  6. 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  7. あの曹操が箱入り娘ってどういうこと!?華容道って、なに?
  8. 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第4部
  3. 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者
  4. 呂布は最初から裏切り者だったわけじゃない!きっかけは?
  5. 三国志一の策謀家、袁術の伝説
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、姜維が活躍した時代 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?! 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 51話:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

おすすめ記事

  1. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  2. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  3. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  4. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱
  5. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅
  6. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  7. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  8. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP