ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

西郷どん

【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

大久保利通と囲碁

大河ドラマ西郷(せご)どん、5月27日は、奄美大島に流罪にされた西郷隆盛(さいごうたかもり)に代わり

大久保正助(おおくぼしょうすけ)利通(としみち))が吉祥院(きっしょういん)で囲碁を習い、

同じく囲碁好きな島津久光(しまづひさみつ)に近づくという回です。

ドラマ等では、元々、無趣味な大久保は久光に近づく為に囲碁を習い、

やがて本当に囲碁が趣味になったと言われていますが、それは嘘のようです。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化

関連記事:大久保利通の妻はどんな人だったの?大久保満寿子に迫る


17歳の大久保は囲碁が弱かった?

大久保利通

 

大久保利通は若い頃から日記をつけていました。

そこには、1848年、嘉永元年の記録に、朝、牧野喜平次(まきのきへいじ)税所喜三左衛門(さいしょきさんざえもん)が訪れて

一緒に碁を打った事が書かれています。

1848年は大久保17歳で、彼が久光に取り入る為に碁を習ったという事が、

嘘であるという事が分かります。

 

大久保の腕前ですが、牧野喜平次と三番勝負をして負けたとあります。

それきりで取りやめたとあるので、これは三連敗ではないでしょうか?

あまりに腕前に差があるので、それ以上、碁を打たなかった、、

そうだとすると、大久保は囲碁は好きでも下手だったのでしょう。


吉祥院の住職と碁を打ち久光とのパイプを作る

島津久光

 

島津斉彬(しまづなりあきら)が死去し、西郷どんが安政の大獄(あんせいのたいごく)に連座して奄美に流されると、

薩摩藩では、島津斉興(しまづなりおき)が孫の島津忠徳(しまづただのり)を補佐して親政を敷きます。

島津久光は蚊帳の外でしたが、大久保は斉興は長くなく、そうなれば

忠徳の父である久光が権力を握ると考えました。

 

さらに久光も趣味が囲碁であり、吉祥寺の住職と囲碁を打つと聞いた大久保は

囲碁を教えてもらいたいと言って、住職の元に通い囲碁を打ちながら、

自分なりの政治分析や薩摩藩の進路を囲碁の合間に語りました。

 

もちろん、住職が自分の事を久光に話す事を期待しての事です。

計画は当たり、住職は久光に大久保の考えを話し、久光は興味を持ちます。

やがて、久光から書籍を借りたいという申し出がやってくると、

大久保は、快く書籍を貸し出しつつ、本の合間に自分の政治についての考えを

書いた付箋(ふせん)を挟み込む事を忘れませんでした。

 

活字好きな久光は、付箋にも目を通して、

「下級武士の跳ねっ返りにも、なかなか目のある輩がいるな」と考え

やがて、大久保は久光の囲碁仲間として遇されるようになります。

西郷隆盛に代わり、大久保が誠忠組の主導的な地位に立つ瞬間でした。

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 

久光と大久保の囲碁は同レベル?

島津久光

 

当時、目上の人と囲碁を打つ時には、わざと手加減して負けるのがマナーで

お世辞負けと言われていました。今でいう接待ゴルフや接待麻雀ですね。

ところが、大久保は囲碁には真剣で、相手が久光でも手抜きしません。

それが、接待囲碁に慣れた久光には、新鮮であったようで印象に残りました。

 

「大久保はお世辞負けをせぬから面白い」

 

久光はそう言っていたそうですが、17歳の時の大久保のレベルを考えると

もしかして、二人はどっちも囲碁が下手っぴで良い勝負だったのでは

ないだろうかと思います。

 

囲碁も将棋も、腕前に差があると熱中出来ず面白くありませんから、

二人の囲碁レベルが合致したのは、大げさでなく日本の運命を左右する

大きな幸運だったと言えるかも知れません。


下手なのに負けず嫌いで負けると不機嫌になった大久保

キレる大久保利通

 

久光は、大久保はお世辞負けをしない所がいいと言いましたが、

大久保は、実の所、囲碁で手加減した事は全くない負けず嫌いでした。

維新後の大久保は、囲碁に負けると露骨に不機嫌になり

囲碁の有段者だった岩倉具視(いわくらともみ)は、圧倒的に勝たないように工夫して

手加減していたという話があるからです。

岩倉具視

 

唯一の趣味だけに負けたくないが、レベルはとても低く下手の横好き

そうだとすると完璧主義で冷徹な大久保にも、やや人間味が見られます。


  

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

大久保の息子の牧野伸顕(まきののぶあき)は、少年時代の回想として、仕事に疲れた父は、

脳をリラックスさせる為に囲碁を打っていたと言っています。

なんだか余計に疲れそうですが、仕事のストレスを晴らす程に

囲碁にのめり込んだ大久保は、本当に囲碁が好きだったのですね。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:知ってた?桜田門外の変は超お粗末な事件だった

関連記事:江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く
  2. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  3. 島津斉彬 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育…
  4. 黒船(ミシシッピ号) 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!
  5. 桂小五郎(木戸孝允) 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい…
  6. 徳川慶喜(幕末) 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?
  7. おんな城主 直虎 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介
  8. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 新選組は誤解だらけ!本当はこんな組織だ!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張コウ 張郃
  2. 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  3. 孔明
  4. ミニチュアで遊ぶ董卓
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  7. 劉邦と簫何
  8. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  9. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  10. 劉備、孫権、魯粛

おすすめ記事

  1. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 合肥の戦いの満寵
  2. 陸遜はどうやって関羽を破ったの?絶妙な演技力を紹介 関羽に手紙を送る陸遜
  3. 三国夢幻演義 龍の少年 第9話「江南動乱」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武勇とは? 徐晃と許チョ
  5. 【敬老の日2019】三国志の曹丕がプレゼントをあげたお爺ちゃんとは? 曹操と曹丕
  6. 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん 程昱(ていいく)

三國志雑学

  1. 荀彧
  2. 賈詡(賈ク)
  3. 孔明
  4. 黄月英
  5. 孔明と司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  2. 法正と張松
  3. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん04 哀
  4. 孫権
  5. 曹操から水攻めを受ける呂布
  6. パンドラの箱 漢王朝
  7. 曹操 孔明をチェック
  8. 張飛にお酒はだめだよ
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

孔明 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの? 成廉、魏越、呂布 呂布の逸話って伝説的にすごいって知ってた? 織田信長 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは? 織田信長 【9月の見どころ】9/9公開予定:本能寺の変に黒幕はいなかった! 衝撃の明智光秀単独犯説 秦の旗を掲げる兵士 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー 呂布の裏切りについて考察してみた ボロボロになった馬超 馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み ホウ煖(龐煖) キングダム「どうして龐煖に話が通じないの?」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP