呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

当サイトからのお知らせ

【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉

kawauso

 

全国47万人のはじめての三国志読者の皆様こんばんは

はじめての三国志編集長kawausoです。

弊社「はじめての三国志」は2018年5月31日を持ちまして、

ついに月間150万PVを突破しました。

 

 

三国志をメインに配信するモノカルチャーの歴史サイトとしては

もちろん史上初の快挙です。

三国志のポテンシャルの高さに驚くと共にはじ三を応援してくれる

読者の皆様に改めて御礼を申し上げます。

 

関連記事:【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い

関連記事:【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!

 

面白い三国志を提供する精神

曹操

 

弊社はじめての三国志は、初心者には難しく敷居(しきい)が高い三国志を

ゆるく分かりやすく解説するというコンセプトから始まりました。

 

しかし、ただ分かりやすいだけでは面白くならないので、

マニアックな話を取り上げ、三国志ifを取り上げ、小説の分野に乗り出し

三国志の領域の幅を広げると同時にオーディオブック化や、

電子書籍化、異業種とのコラボなどを繰り返してきました。

はじめての三国志のおとぼけ

 

それは、どうにかして面白い三国志を読者に提供しようと

4年間知恵を絞って頑張ってきた、はじ三精神だと思います。

最初から「出来ない」と冷笑して切り捨てるのでははく、

今後も面白い三国志を追求する精神を忘れず、現在の地位に慢心せず

初心に還り努力を継続させていこうと思います。

 

あったらいいなを形にする企画力

陸遜

 

はじめての三国志は、定期的に読者の意見を求めています。

そこに寄せられた意見は3年間で1000件近くになりました。

ここには、サイトを見やすくして欲しいや、

過去記事の検索を簡単にして欲しい、特定の武将を特集して欲しい

または、はじめての三国志のキャラグッズを販売して欲しい等の

読者の皆さんの要望が寄せられてきます。

郭嘉のスマホケース

 

残念ながら様々な制約から全ての要望には応えていない状態ですが、

例えば、はじめての三国志の郭嘉(かくか)馬超(ばちょう)のキャラクターは、

「はじめての三国志ストアでスマホケースとして商品化しました。

 

モデルと郭嘉のスマホケース

 

まだまだ、アイテム数が少ない状況ですが、徐々に商品数を増やし

読者の皆様のあったらいいなを形にしたいと思います。

馬超ケース

 

見る・読む三国志から、触れる・手元に置ける三国志へ、

はじめての三国志は読者の皆さんの要望に応える企画力で、

三国志世界を二次元から三次元に拡大していこうと考えています。

 

曹操に学ぶ表現者が集う三国志サイトへの脱皮

曹操

 

三国志の英雄、曹操(そうそう)求賢令(きゅうけんれい)を出して社会に埋もれている賢人が

一人もないようにせよと命令を下しました。

はじめての三国志は曹操の考え方に激しく同意します。

 

世間には、三国志愛では決して負けない人や唯一無二の才能を持ちながら

埋もれたままになっている人材が大勢いると思います。

自身のブログなどで精力的に作品を発信しても、手ごたえを得られず

心が折れて止めてしまった人もいるでしょう。

韓信

 

残念ながらネット社会では、良い作品は必ず人気が出るとは限りません。

日々膨大な情報が吐き出されるネット社会では、発信した瞬間に

濁流のような情報に押し流され、有益な情報がそれを必要としている人に

届かないという事が日常的に起きているのです。

おとぼけ

 

大きなカギになるのは、創り手と読み手を繋げる発信力です。

一度に多くの人の目に触れれば、作品がHITする確率は高くなります。

荀彧

 

その意味でも、はじめての三国志の月間150万PVの発信力は大きく

私達は、世に埋もれている三国志の表現者が集えるポータルサイトを

目指しています。

孔融と禰衡

 

「どうせ個人で無名じゃ何してもダメ」ではなく、

「はじ三に持ち込んだら何とかなるかも・・」と思ってもらえるような

現代の求賢令、才能発掘サイトに、はじめての三国志は脱皮します。

 

はじ三の挑戦!クリエイターの支援

三国夢幻演義

 

はじめての三国志では、2018年の5月より、光月ユリシ原作、

三国志夢幻演義「龍の少年」をオーディオブックとして配信しています。

現在、三国志をテーマに小説を発表している表現者は多くいますが、

個人のブログやTwitterなどでは、当人に知名度がない限りは、

その発信力が限定されてしまいます。

おとぼけ

 

そこで、はじめての三国志では原作者の光月様とナレーターを結び

間に我々、ブログ運営スタッフがジョイントする形で、

はじめての三国志発の小説を大々的に売り出すという戦略の元、

毎日試行錯誤を繰り返しています。

 

ノウハウがない状態からの手探りで、かなりリスクのある挑戦ですが

自らの手で三国志の次世代の才能を引き出すと宣言した以上、

はじめての三国志は引き下がらず、やり遂げます。

 

見るだけから運営参加型の三国志サイトへ

曹操

 

はじめての三国志には、読者出身のライターもいます。

昨年末からは、直接、はじめての三国志に問い合わせてライターになった

ファン出身の「よかミカン」が加入しました。

よかミカン

 

以前はクラウドソーシングでライター募集する事が多かった

はじ三ですが、最近は、はじめての三国志から三国志のファンになり

イラストや文章を書くようになった読者も多く見受けられ、

その中からプロとして活動する方も出ています。

袁術

 

はじめての三国志では、はじめての三国志で三国志を好きになり

商業ライターとしてデビューしたいという方を随時募集しています。

 

イラストやライターばかりではなく、はじ三のキャラクターで

ミニゲームやアプリを造りたいというプログラマーの方も募集します。

 

はじめての三国志は、見ているだけではなく、

読者が運営に参加できるような双方向の三国志サイトを目指します。

 

はじめての三国志と一緒に働きませんか?

 

大好きな三国志で食べていける層の構築

孔明

 

はじめての三国志を立ち上げて、月間50万PVを達成してより

私達は一貫して、大好きな三国志で食べていくを目標にしてきました。

古今東西、好きな事で食べていくのは大変だと言われます。

いえ、実際には「いい歳して甘えた事を言うな」と怒られもします。

村人

 

仕事は辛く厳しいモノ、やりたくない仕事をして得たお金で趣味を楽しむ

これがリアルだと考える人がずっと多いでしょう。

ウォルト・ディズニー

(画:ウォルト・ディズニーWikipedia)

 

しかし、例えば、ウォルト・ディズニーが産みだした夢の国、

ディズニーランドを考えてみましょう。

 

ウォルトが屋根裏のネズミをモデルに描いたミッキーマウスは、

たった1本のアニメから始まり、次々とキャラクターとコンテンツを増やし

その関連企業は無数と言える程に増加しています。

そして、ディズニーに関連してお金を稼ぎ生活している人も沢山います。

 

たった一匹のネズミのキャラクターからディズニーランドが出来る

数百億円の制作費を費やした関連映画が次々と封切られる

そんな事をディズニーランドが出来る以前の世界の人々に伝えたら

きっと鼻で笑われるでしょう。

李斯

 

「たった一匹のネズミの絵で何が出来る?

夢ばかり見てないで額に汗して働けよ」

 

もちろん私達は、三国志に関わる人がすべて億万長者になれるような

モデルを構築しようと考えているのではありません。

残念ながら、それは稀有(けう)な才能を秘めた一握りの天才にしかできない事です。

 

ですが、普通に仕事勤めをして生活を支え家族を養うように、

三国志に関わる事をメインにして食べていくのは不可能ではないと思います。

桃園製作所

 

その為には、小説や映画、アニメだけでなく、関連グッズやゲームアプリ、

ホビーなどを新たに開拓し縮小した三国志市場を広げ三国志を知らない世代に

情報を発信し続ける必要があります。

 

はじめての三国志はその発信の要になって、かつてない程に

三国志というカルチャーのパイを広げ三国志に携わる人たちを潤したい

そのように考えているのです。

大勢の人々が三国志に関わるなら、それにより需要と供給がバランスし

ビジネスモデルの構築が可能になります。

飲んだくれる曹操と劉備と孫権

 

たった一匹のネズミからディズニーランドが出来るなら、

1800年前の中国の歴史から世界の人々を熱狂させる三国志カルチャーも

また誕生しうるのではないでしょうか?

 

読者の皆様の応援が不可能に可能性を産み実現させる

モブ

 

しかし、幾らはじめての三国志の中の人が頑張ったところで、

見に来てくれる人がいなければ、月間150万pvを達成する事は出来ませんでした。

世界中から、はじめての三国志にアクセスしてくれる47万人の読者、

皆さまの力なしには、はじめての三国志は何も出来ないのです。

 

本来なら、47万人の皆さま一人、一人に有難うと言いたい所ですが

確実に体がもたないと思うので、一括して言わせて頂きます。

おとぼけ

 

はじ三読者の皆さん、いつもはじめての三国志を見に来てくれて

本当に有難う御座います。

 

はじめての三国志が描いた夢は、まだまだ道半ばで10%も叶っていません。

さらなる成長を目指し、次はダブルミリオンを目標に突き進みます。

サイトの影響力を高める事こそ、夢を実現するたった一つの道だからです

 

読者の皆様、今後とも熱い応援をどうか宜しくお願い致します。

 

       はじめての三国志編集長kawauso及びはじさんの中の人一同

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました

関連記事:【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビ…
  2. 【2018年】はじめての三国志 年頭の御挨拶
  3. はじめての三国志 FRESH! by AbemaTVを開設しまし…
  4. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりた…
  5. 劉禅と董允 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版…
  6. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  7. kawausoって、何者?
  8. 月刊はじめての三国志2018年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 李傕・郭汜祭り
  2. 孟嘗君
  3. 後藤象二郎
  4. 魏と国号を決める曹丕
  5. 邪馬台国と卑弥呼軍

おすすめ記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 呂布の英雄石像
  2. 澶淵の盟の背景は?燕雲十六州を巡る争いの歴史について解説 「宋」の国旗をバックとした兵士
  3. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交官
  4. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 始皇帝
  5. 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 法正と夏侯淵
  6. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?

三國志雑学

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 東京五輪のボランティア いだてん
  3. 金栗四三の足袋 いだてん
  4. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 「魏」の旗を持った兵士

おすすめ記事

吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? 夏侯惇 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!! 曹仁と曹操 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」 kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 キングダム 【キングダム553話】「ルーディン」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP