三国志平話




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人?

この記事の所要時間: 33




沢山いた皇帝

『礼記』には「天に二日無し、土に二王無し」という言葉があります。

天に2つの太陽がないように、地上にも2人の君主があってはならないという意味のこの言葉。

そんな経典の言葉を無視して、三国時代には3人もの皇帝が乱立しています。

それほど、三国時代というのは世が乱れていたのです。

 

ところで、皇帝ってそもそも何なのか…?

これをおさえていないと、中国史もちんぷんかんぷん。

今回は、皇帝とは何なのかをさらってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

関連記事:諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?

 

 

神話時代の皇帝

神話時代の皇帝

 

中国の神話時代には三皇が存在していたとされます。

それは、天皇・地皇・人皇とされていたり、

伏羲(ふっき)神農(しんのう)女媧(じょか)とされていたり、書物によってまちまちです。

 

その後、五帝が現れたとされ、『史記』には五帝本紀が立てられています。

この五帝についても諸説ありますが、

『史記』は黄帝(こうてい)顓頊(せんぎょく)(こく)(ぎょう)(しゅん)の5人であるとしています。

これらの神話時代の三皇・五帝が、「皇帝」という言葉の発想につながっていきます

 

 

ファーストエンペラー

始皇帝

 

皇帝は英語でemperor。

「ラストエンペラー」という映画が話題になったこともありましたね。

中国最後の皇帝は清朝の愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)です。

 

では、ファーストエンペラーは誰なのか?

それは、秦の始皇帝・嬴政(えいせい)です。

それまで、天下を治める天子の称号は「王」でした。

 

しかし、周王朝から独立を果たした諸侯たちまでが王を自称し始めます

 

結果、あちらこちらに王が乱立。

最終的に中国の統一を果たした嬴政は、

王の中の王として「皇帝」を自称したのです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

易姓革命

劉邦

 

しかし、この皇帝の称号はわずか2代で一度途絶えます。

秦末の動乱の合間に一時的に傀儡皇帝・義帝(ぎてい)が現れるものの、

次に実質的に皇帝の位についたのは漢の高祖・劉邦(りゅうほう)でした。

 

劉邦は、自らが皇帝の位についたことを正当化するため、次のように述べます。

秦は中華統一を成し遂げた偉大な王朝であった。

しかし、晩年には経書を焼き払い、

多くの学者を生き埋めにするなどの圧政をしき、民草を苦しめた。

天はそんな秦を見限り、天命を私に与えたもうたのだ。

始皇帝

 

このように、劉邦は無理矢理皇帝の座を奪ったのではなく、

天命が秦から漢(自分)に改めて下されたために自分が皇帝に即位したのだと主張します

孟子(もうし)』でいうところの「易姓革命」であるとして人々を説き伏せたのです。

 

漢は、途中で新・王莽(おうもう)に禅譲するというアクシデントを抱えながらも、

400年という長きにわたる時代を築き上げました。

 

皇帝を名乗る者が次々と…

袁術

 

長い漢代の終焉は、黄巾の乱によって幕を明けます。

三国時代の始まりです。

 

三国時代には、袁術(えんじゅつ)が急に皇帝を僭称してみたり、

魏の君主・曹丕(そうひ)が皇帝を名乗ったかと思ったら、

呉の君主・孫権(そんけん)も蜀の君主・劉備(りゅうび)もそれぞれ皇帝を名乗ったりと

乱れに乱れまくる世の中に。

劉備と曹操と孫権

 

2日どころか3日が昇る世の中。

…灼熱地獄です。

しかし、それぞれの皇帝は潰し合いを演じるわけですから、

なんとか唯一の皇帝になろうとしていたのでしょうね。

 

その後、三国時代に終止符を打ったのは晋王朝でしたが、

それも数十年で滅ぼされてしまいます。

以後、皇帝が乱立する乱世は300年以上続き、

隋代になるまで中華統一は果たされませんでした

 

現存する唯一の皇帝

日本の天皇

 

中国の皇帝の歴史は清朝の愛新覚羅溥儀で途絶えてしまいます。

しかし、そんな愛新覚羅溥儀の親族の子孫たちは、

日本や中国で民間人として活躍されているようですね。

その血脈が途絶えたというわけではなさそうです。

 

世界中を見て回っても、

皇帝と呼んでいい存在はほとんどその歴史に幕を下ろしてしまっています。

世界中に民主主義が浸透していったため、

唯一無二の人を統べる特別な存在としての皇帝は必要なくなってしまったのでしょう。

 

現在、皇帝と称していい存在は世界でただ一人しか残っていません。

それが、日本の天皇です。

天皇は日本の平和の象徴として、唯一残された皇帝なのです

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?

関連記事:天皇とは何?そもそも何で偉いの?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  2. 【三国志雑学】孫権は南瓜作りのエキスパートだった?
  3. 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  4. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  5. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組…
  6. 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬た…
  7. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将…
  8. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る
  2. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?
  3. 十常侍ってなんぞや?
  4. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  5. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  6. 「ざっくりとわかる三国志」をはじめました。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの? 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは? 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存? 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの? 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの?

おすすめ記事

  1. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか?
  2. 映画「空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎」レビュー
  3. 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説
  4. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?
  5. 荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男
  6. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  7. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  8. 魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP