呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム561話、龐煖が登場!「一刀の衝撃」ネタバレ&レビュー




キングダム

 

先週はお休みだったキングダム、今週は掲載されていました。

ずっと膠着(こうちゃく)状態だった秦軍の右翼で動きが発生、飛信隊の信が

(ちょう)岳嬰(がくえい)を一刀の下に斬り捨てたのです。

劣勢が続く秦軍に久しぶりの朗報ですが、この後はどうなるのでしょうか?

 

※この記事はキングダム561話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム休載スペシャル 信の強さはホンモノ?

関連記事:キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー

 

 

キングダム561話ネタバレ&レビュー 大将軍の一撃

大将軍の一撃

 

たった一撃で岳嬰を討ち取った信のインパクトは強烈でした。

飛信隊は狂喜し、尾平(びへい)は信の斬撃を「大将軍の一撃」と評します。

それ位に落ち着き払った冷静な一撃だったのでしょう。

 

羌瘣

 

少し離れた場所で戦っていた羌瘣(きょうかい)も信が岳嬰を倒した事を感じ取っていました。

しかし、何の援軍もなしに趙軍のど真ん中で戦っていた飛信隊は、

非常な窮地(きゅうち)にあります。

河了貂

 

河了貂(かりょうてん)は直ぐに撤退命令を下す事になりました。

もっとも大変な殿(しんがり)軍を務めるのは羌瘣

慶舎(けいしゃ)に次いで岳嬰も殺された趙軍の憎悪にさらされつつ

地獄の撤退戦を戦う事になります。

 

 

キングダム561話ネタバレ&レビュー 山の上の謎の人物

王翦

 

岳嬰を討ち取った信のインパクトは、朱海平原から少し離れた山地にいる

謎の人物にも伝わっていました。

シルエットのこの人物は、何者なのでしょうか?

すでに登場している人か、新しく戦列に加わる人物なのか謎ですが

この点については、562話大予想で後述します。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

キングダム561話ネタバレ&レビュー 捨て身の橑陽戦その後

楊端和

 

ここで再び、場面は転換し、御無沙汰な橑陽(りょうよう)の戦場です。

おさらいの為に、状況を簡単に説明すると、

壁の大チョンボで兵糧庫を焼かれた山の民と秦連合軍は

持久戦で自滅するのを回避する為に、身を切る作戦に出ます。

 

それは、軍をバジオウ軍、フィゴ王軍、壁軍の3軍に分けて、

犬戎(けんじゅう)王ロゾの司令塔になっている三兄弟、ゴバ、ブネン、トアクの3人を斬る事でした。

 

しかし、ロゾも舜水樹(しゅんすいじゅ)もそれは織り込み積みであり、

通常の倍の軍勢で山の民を殲滅(せんめつ)させるつもりで戦います。

ここで勝てないと後がない楊端和(ようたんわ)と壁は激闘必死です。

 

キングダム561話ネタバレ&レビュー 壁の頑張りが注意信号

壁

 

3軍の中では、バジオウ軍が倍の人数がいるゴバ軍に苦戦していましたが

主力のタジフ隊が前面に出る事でゴバ軍の勢いを食い止めて、

バジオウの主力が右より突撃して攻勢に転じています。

一方のフィゴ王の軍も、フィゴ王が前線に立ち、多大な犠牲を出しつつ

前進し、トアクの本隊に迫っていました。

 

しかし、一番躍進しているのは、(へき)とメラ族の連合軍で、

壁が兵糧を焼かれた責任感から、なりふり構わずに突進していました。

喜ぶべき展開ですが、敵将ブネンは少しも慌てず、

「アホが」と吐き捨てています。

 

これは、なんらかの罠があると考えるべきフラグでしょう。

次に壁軍がどうなるか、目が離せないですね・・

同時に、楊端和がエンポ爺に頼んだ計略もそろそろ発動しそうですが

こちらが壁のピンチを救うのか、こちらも伏線だらけですね。

 

キングダム562話ネタバレ

 

キングダム562話の舞台は再び、橑陽に移動しました。

失点を取り返そうと、無理をしてブネンの軍勢を倒す壁ですが、

やはり罠に掛かっていました。

 

壁が必死こいて倒していたのは、ブネン軍の雑魚兵であり

主力であり、1人で10人の敵兵を倒せるジリ兵団が背後に控えていたのです。

一転して窮地に陥る壁軍ですが、そこにメラ族が登場し、

なんとか戦線を立て直しますが、ここでブネンが非情な戦略に出ます。

 

ここから先は↓で読めますよ!

 

【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&レビュー

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

とうとう、強者のセンサーで信に狙いをつけた龐煖、これまでは、常にオマケだった信が

はじめて龐煖のターゲットとして認識されました。

山から下りて、信を探しはじめ、同時に趙と秦の兵士を巻き添えに殺していくであろう龐煖

来週は大きな番狂わせになるかも知れませんね。

 

次回記事:【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&レビュー

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム557話「王翦の計略判明!」ゴールデンウィーク大予想

関連記事:【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュ

 

 

キングダム561話 本ネタバレレビュー Youtube


 

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム54巻amazon キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー
  2. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの…
  3. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー
  4. キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説
  5. キングダム53巻 キングダム591話最新ネタバレ「三大天の盾」レビュー
  6. キングダム54巻amazon キングダム599話ネタバレ予想「堯雲は戦う?戦わない?徹底予想」…
  7. キングダム キングダム 530話 ネタバレ予想:端和の勇
  8. キングダム キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 酒を飲む曹操、劉備、孫権
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 張飛にお酒はだめだよ
  5. 小帝

おすすめ記事

  1. 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介 はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった? 玉璽
  3. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?
  4. 井伊直虎はおんな城主だったの?それとも男?身長は高かったの?直虎の生涯から迫まる! おんな城主 直虎
  5. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ はじめてのプロ野球

三國志雑学

  1. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  2. 徐庶をゲットする曹操
  3. 周瑜に憧れる袁術
  4. 関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 春申君
  3. 鄧禹と兵士

おすすめ記事

徐庶 劉備と徐庶との最初の出会いは?夜に隣室から漏れ聞こえてきた会話から始まった? 孔明 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存? 橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった! 三国志 麻雀 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった… 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!) 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは? kataru 陳寿が語る孫権像

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP