「パチ感」の意味と曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

はじめての三国志編集長kawauso

 

先日「後出師の表(ごすいしのひょう)」真作説の記事を書いたところ、編集長に

「【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪(しょかつかく)!」というタイトルを付けて頂きました。

耳慣れない「パチ感」という言葉。

今回は「パチ感」の意味と、それにちなんで、

曹豹(そうひょう)が一騎討ちで張飛(ちょうひ)に勝つ方法を考えてみました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:どうして張飛は士大夫に卑屈なの?

関連記事:愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編


「パチ感」とは?

始皇帝と李斯

 

googleで「パチ感」を検索したところ、

「2018年度第28回全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」の情報が出てきました。

2018年11月16日(金)~18日(日)だそうです。

「パチ感」という言葉は普及していないようですが、

おそらく「パチっているような感じ」という意味でしょう。

 

「パチる」とは、関西の方言で「盗む」という意味だそうです。

偽造品を意味する言葉「パチもん」からの派生語であろうと思います。

「パチもん」については、『現代用語の基礎知識2018』に、

「モノホン」の対義語として「パチモン〔偽物〕」と書かれています。

 

「パチ」というのは、おそらく「嘘っぱち」の「ぱち」でしょう。

以上から、「パチ感」という言葉は、盗作、まがいもの、嘘っぱち、

というニュアンスが含まれる言葉であろうと思います。


「パチ感」から見る編集長の価値観

kawauso編集長

 

「【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!」というタイトルの意味は、

“諸葛恪ぅ、後出師の表をパクったでしょ?ってか後出師の表もチミ(君)が捏造(ねつぞう)した

偽造文書なんじゃないの?”といったところかと思います。

 

私は真作説の記事を書いたつもりでしたが、タイトルは捏造疑惑になっている……?

きっとそこが編集長のツボにはまったんですね。ほっこり。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

ゲーム用語の「ぱちる」

囚われる呂布

 

三国志大戦で「ぱちる」と言えば、呂布が伏兵を踏むような現象を指す言葉かと思います。

一騎討ちでありえない負け方をするという意味もあるでしょうか。

強い武将がなんでもない相手との一騎討ちで撤退なんてことになるとキョトンというか

ガックシというかトホホですが、その逆に、至弱をもって至強に勝てれば嬉しいですよね。

 

ということで、次の段落では往年の最弱武将伝説の持ち主である曹豹(※)が

張飛に勝つ方法を考えてみたいと思います。

 

※曹豹は歴史シミュレーションゲーム三國志Ⅱで全ての能力値が百点満点中二十以下であり、

兵糧の輸送を任せるとほとんどを賊に奪われてしまうという愛されキャラでした。


曹豹が一騎討ちで張飛に勝つ方法

曹豹

 

〔じょしゅうじょう〕

へいし「そうひょうさま! た、たいへんです!

そうひょう「どうした?

へいし「ちょ、ちょうひしょうぐんが・・・・・・うわぁぁぁ~!

そうひょう「・・・・・・?

(あわてて はしりさる へいし。つづいて じひびき)

 

ちょうひが あらわれた。

 

曹豹のゲーム画面

 

そうひょう

HP:13

MP:0

Lv:94

 

ちょうひは おたけびを あげた!

そうひょうは たちすくんでいる。

 

ちょうひは おたけびを あげた!

そうひょうは たちすくんでいる。

 

 

ちょうひは おたけびを あげた!

ミス! そうひょうは みみが ばかになって きこえない。

そうひょうの こうげき!

ミス! ちょうひに ダメージを あたえられない!

 

 

ちょうひは おたけびを あげた!

ミス! そうひょうは みみが ばかになって きこえない。

そうひょうは つよいさけを つかった!

ちょうひは ふかいねむりに おちた!

 

 

 

ちょうひは ねむっている。

そうひょうの こうげき!

ミス! ちょうひに ダメージを あたえられない!

 

 

 

ちょうひは ねがえりを うった!

そうひょうは 732の ダメージを うけた!

そうひょうは しんでしまった!

 

そうひょう「なんという やつだ。

このまま なきねいりには できん。

いまに わが むこ リョフが・・・・・・ぐふっ!

 

(そうひょうは たからばこを もっていた。

ちょうひは ひしょうリョフしょうかんふを てにいれた)

 

ちょうひ「むにゃむにゃ・・・・・・なんだ これは?

しんあいなる わが むこ ほうせんどの?

おおい、だれか これを リョフに とどけてやれ。

ひっく。むにゃむにゃ。」

呂布

 

(ひしょうリョフしょうかんふが しようされた。つづいて じひびき)

へいし「りょ、リョフだー!


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

よかミカンの独り言

 

曹豹は命と引き替えに発動するアイテム「飛将リョフ召喚符(しょうかんふ)」を使って張飛を倒すようです。

召喚したら一騎討ちじゃないし、曹豹自身は負けてしまっていますね。

HP13ではやはり無理だったようです。

 

この対戦の元ネタは、三国志演義で徐州城を守っていた張飛が宴会を開いた際、

張飛の酌を辞退しようとした曹豹に張飛が怒った話です。

曹豹が酒を断るさいに「婿の顔にめんじてかんべんして下さい」と言ったことが、

曹豹の娘婿・呂布を憎んでいた張飛の逆鱗(げきりん)に触れ、張飛は曹豹を鞭打ちました。

これを恨んだ曹豹が呂布に連絡をとり、呂布に徐州城を奪わせました。

 

「なんというやつだ」「このまま泣き寝入りにはできん」は

横山光輝(よこやまみつてる)さんの漫画「三国志」のせりふです。

表現様式は曹豹が最弱武将だった時代のドラゴンクエストのオマージュです。

以上、パチ感満載でお届けいたしました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集

関連記事:張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝


 

関連記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  2. 陸遜
  3. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  5. 袁術をからかう呂布
  6. 夏侯淵

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP