よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー

この記事の所要時間: 46




キングダム

 

大人気春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)漫画キングダム、前回563話のラストでは、

敵将ブネンに肉薄したカタリが、犬戎族(けんじゅうぞく)の悪質な(すが)りつきで

体の自由を奪われ、ブネンに背中から刺されるというショッキングな

コマでラストを迎えました。

果たしてカタリは死んだのか?ではレビューを開始します。

 

※この記事はキングダム564話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

前回記事:キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー

関連記事:【キングダム562話】壁ブネンと激突!「恐将」ネタバレ&レビュー





キングダム564話ネタバレ&レビュー 憎しみのキタリ

憎しみのキタリ

 

ブネンの卑劣な大剣の刃は、カタリの背中を深々と貫いていました。

馬から崩れ落ちるカタリにブネンは容赦なく刃を振り下ろし

真っ二つにします。

 

カタリ「やめろォォォーーーーー!」

 

絶叫した後に、たった一人の肉親を失ったショックで崩れ落ちるキタリ

しかし次の瞬間には、復讐心でいっぱいになったカタリは態勢を立て直し、

たった一人で犬戎族に立ち向かっていきます。

狙うは、兄を殺したブネンの首一つ

 

 

(へき)「まて、キタリ殿!無茶だ、一人でどうにかできる相手ではない

メラ族よ、キタリ殿を止めよ」

 

壁は冷静にキタリを止め、メラ族にもキタリを連れ戻すように

(うなが)しますが、若き指導者を失ったメラ族は、憎しみ以上に

意気消沈してしまい、戦う気力を失ってしまいます。

 

ここが異民族の弱さですね、一族すべてが法ではなく、

一族の族長の力に服しているので、族長が死ぬと、

指揮を引き継ぐ人間がいなくなるのです。

 

 

キングダム564話ネタバレ&レビュー 未来の為のコーディン

未来の為のコーディン

 

カタリは優しくて強い太陽だった、我々は光を失った

下を向き、犬戎族に一方的に狩られるメラ族

 

壁「失っていない、メラ族にはまだキタリがいる」

一人で突っ走り、傷を負い、犬戎族の騎兵の一撃で

地面に倒れたカタリを、壁は突っ走って救助します。

 

そして、メラ族に向かって

「コーディン」と叫びました。

 

コーディンとは、メラ族の言葉で退却です。

すでに戦争の意欲を失っているメラ族をこの言葉で

退却させようというのです。

 

先の事は分からないが、この場に居続ければ、

メラ族は間違いなく一人残らず犬戎族に狩られる

今は自分が率先してメラ族を安全な場所まで退却させるのだ。

 

馬にまたがりカタリを抱えて

壁は、襲いかかる犬戎族の攻撃と雨のような矢をかいくぐりながら

必死の退却を開始します。

 

今は退却して陣を立て直すのが第一、

ですが、今日で三将軍の首を取らねば明日はない

貴重な一日は、すでに陽が傾きかけていました。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記  

キングダム564話ネタバレ&レビュー 非情のブネン

非情のブネン

 

その頃、勝ったブネンの陣営では、自分の命を的にして

カタリに殺されたジリ兵長が息を引き取っていました。

しかし、それを告げた犬戎族の兵にブネンは言います。

 

「ああ、知っているよ、お前も死ぬか?

さっさとアレを追え」

 

ブネンの中には、部下はすべて駒という意識しかないようです。

そんなものに関わらず、メラ族と壁を追えというのです。

なかなか鬼畜なキャラ付けですね。

 

キングダム564話ネタバレ&レビュー 犠牲の上の勝利

犠牲の上の勝利

 

メラ族が背を打たれながら敗走している時、

実はメラ族以上の被害を出しながら、戦っている軍がありました。

フィゴ王が率いる軍勢です。

 

この半日だけで、フィゴ軍は全軍の半数の犠牲者を出しながら

ついに、犬戎族を(ことごと)殺戮(さつりく)して、三将軍の末弟、トアクの前に

現れていたのです。

 

フィゴ王「待たせたのゥ末っ子、貴様の軍

想像していたより大分強かったぞ、褒めてつかわす」

 

トアク「愚将がほざくな、すべての箇所で無茶な戦いを強いて

兵を殺しまくりおって、本陣まできた事は褒めてやるが

貴様らは我々の倍以上の血を流した」

 

フィゴ王「この程度の血、、楊端和(ようたんわ)と戦っていた時と

比べれば子供の遊びよ

奴らと戦っていた頃は、なんどこのでかい金玉が

(ちぢ)こまったことか、のォ?ギチュ」

 

ギチュ「王の金玉の大小はわかりかねますが

確かに・・・」

 

下ネタ王フィゴ王、相変わらずセクハラ発言が止まりません。

しかし、部下の命を何とも思わないブネンと比べ、

無茶な戦いで余計な血を流したフィゴ王を愚将と罵るあたり

トアクは、割合に知将かも知れません。

顔つきをみても知的な感じがします。

 

キングダム564話ネタバレ&レビュー 末弟トアク あっさり討たれる

末弟トアク

 

「どうしたトアク?なぜ俺をやらん大好機だぞ

それとも金玉が縮みあがって動けぬか?」

 

フィゴ王は挑発しますが、いや、それは無理な話でしょう。

トアクはフィゴ王に比べれば、明らかな小男です。

 

挑発されてようやく立ち向かいますが、次のコマでは、

腹を矛で貫かれて即死でした。

 

ともあれ、フィゴ王は犬戎族の三将軍の一角を崩しました。

しかし、三将軍を同日に倒すのが作戦成功の条件の捨て身戦法、

この勝利に意味があるのか、以下は次号に続きます。

 

 

キングダム565話ネタバレ

kawauso

 

7月12日のキングダム最新、565話では、バジオウが率いる鳥牙族が快進撃で

犬戎族の三首領の長兄ゴバの喉元まで迫る場面が描かれます。

しかし、ゴバは大して動ずる様子もなく、城への退却を命じます。

 

ゴバに逃げられては困る、バジオウやシュンメンは焦りますが、

そこへ先回りをしていた楊端和の本隊がゴバの逃げ道を塞ぎます。

勝負ありかと思いきや、そこで楊端和の背後に舜水樹が・・

ここから先の展開は↓で読めます。

 

キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー

 

 

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

幼馴染とか、異母兄弟とか、実の兄妹とかが登場すると、

キングダムは実在の人以外は、死ぬ可能性が高いですね。

まさか、カタリが早々死んでしまうとは意外でした。

残されたキタリとメラ族がどうなるか注目しましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー

関連記事:【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説

 

 

キングダム564話のYoutube ネタバレレビュー(考察)動画

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの…
  2. 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&…
  3. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  4. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  5. 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?
  6. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして…
  7. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  8. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  2. 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説!
  3. 鍋島直茂(なべしま なおしげ)がスゴイ!主家乗っ取りに成功!時勢を見る目と優秀な智謀を持った肥前の名将
  4. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  5. 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人
  6. 徳川慶喜の逸話を紹介!先生が教えない最後の将軍の素顔

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国時代のトレンドファッションは? 魏や呉にもいた諸葛一族の話 島津斉興「せごどん」では教えない真実 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた! 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは? 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 【キングダム】信は大将軍の前に「李信」に改名するの?その理由に迫る!

おすすめ記事

  1. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに?
  2. 賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】
  3. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  4. 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄
  5. 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード
  6. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  7. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  8. 事前登録キャンペーン中の『三国志ダイス』が、登録数10万人を突破。報酬内容が確定し、リツイートキャンペーンも実施中!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP