コメント機能リリース
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない




張遼

 

蒼天航路(そうてんこうろ)三国志に登場する多くのキャラが登場し、数々の名言を残しています。

例えば三国志一の有名人・劉備(りゅうび)蒼天航路水魚の交わりを分かりやすく紹介しています。

 

劉備は「おいらというでっけえ饅頭を天下に食わせるには、

誰も口にしたことのねぇタレがいる。孔明(こうめい)オメェは饅頭のタレになれ」と

孔明に向かって言い放ちます。

 

劉備は饅頭(劉備)にはタレ(孔明)が必須のように

劉備と孔明の固い絆で離れられないような関係を例えて述べています。

水魚の交わりだと堅苦しくて分かりにくいですが、

饅頭とタレならちょっと分かりやすくイメージもしやすいのではないでしょうか。

 

このように故事を分かりやすくイメージするような名言が

いくつも蒼天航路には出てきます。

そして曹操(そうそう)軍の天才軍師郭嘉(かくか)も蒼天航路で

多くの名言を残しているので紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

 

 

郭嘉の名言その1:軍師を分かりやすく述べた名言

郭嘉

 

郭嘉曹操軍の天才的な軍師として有名ですが、軍師とは一体何なのでしょうか。

戦で適切なアドバイスをするのが軍師の職業ですが、イマイチイメージがわかない人もいると思います。

ここでは蒼天航路の郭嘉の言葉を見れば軍師の職業がわかりやすくイメージできるはずです。

 

郭嘉は烏桓(うかん)討伐が始まる前、荀彧(じゅんいく)程昱(ていいく)が新人の文官達を集めて議論をしている所にやってきます。

そして彼らは郭嘉のだらしない姿に憤慨(ふんがい)し色々と意見を述べてきます。

 

郭嘉は彼らに対して

「軍師ってのはどうしようもなく戦が好きで

常にまだ見ぬ敵とまだ知らぬ過酷な戦を戦っているのだろうが!!」と

軍師のあり方について反論。

荀彧程昱は郭嘉の反論に返す言葉がなく黙り込んでしまうのでした。

 

郭嘉のセリフは純粋な軍師と言われる人を見事に表していると思います。

軍師は戦におけるアドバイザーで適切なアドバイスをして、戦いを勝利に導く職業です。

そのため普段から頭の中を戦のことだけで占め、余計な事を考えず

戦になったら適切なアドバイスを行い戦いを勝たしめるのが軍師の職業内容だと分かります。

そして郭嘉のこの言葉は軍師の職業内容を見事に表現しているセリフだと思いませんか。

 

 

郭嘉の名言その2:郭嘉の天才的な観察眼を表した名言

写輪眼の郭嘉

 

郭嘉は史実で天才的な観察力を発揮していた人ですが、

蒼天航路でも彼の天才的な観察眼が見て取れる名言が残っています。

郭嘉は劉備を見た時

「劉備は一国一州を争うなら小器だが、天下を争うのであれば大器だ」と述べています。

 

後に劉備は益州を取り三国志の蜀を建国することになりますが、

郭嘉が生きていた時、劉備にはそれほどの実力が伴っていませんでした。

しかし郭嘉は劉備が曹操と天下を争うほどの実力者になるであろうと予言。

郭嘉の予言はピタリと的中しており、

彼の観察眼が天才的であることを表す名言と言えるでしょう。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

郭嘉の名言その3:瀕死になっても軍略のことだけを考えている

体調を崩す郭嘉

 

郭嘉は烏桓討伐戦が完了した後、病になってしまいます。

そして郭嘉は食べ物を口に入れることもできず、瀕死(ひんし)の状態になってしまいますが、

軍略の事だけは常に考えていました。

 

曹操は郭嘉を見舞いに来た時、ガリガリになっている彼を見てしまいますが、

お構えなしに国の政治に関する事を料理に例えて、話していきます。

郭嘉も曹操の話にしっかりと対応して言葉を紡いでいきます。

 

郭嘉は穏やかな表情で

「南を攻める軍略が次々と溢れ出て止まらない」と曹操へ述べて吐血し亡くなってしまします。

郭嘉は死ぬ間際まで軍略のことだけを考え、

軍師に徹しきった人だったことを表している名言だと言えるでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は蒼天航路の郭嘉の名言を紹介しました。

ここで紹介した郭嘉の名言は一部であり、

まだまだ蒼天航路には彼の魅力が詰まった名言がありますので、

興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ

 

転職活動に役立つ特集記事 三国志と転職

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  2. 袁紹にお茶を渡す顔良 袁紹は凡将に非ず!袁紹の逸話から伝わってくる袁紹本初の評価
  3. 李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  4. 赤壁の戦い 赤壁の戦いの時の兵力って曹操軍と連合軍でどれぐらい差があったの?…
  5. 司馬朗と司馬防 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  6. 趙雲 史実の趙雲を考察!脚色されてる理由が頷けるほど蜀への貢献度の高さ…
  7. 劉備を警戒する陳羣 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  8. 庶民、村人の家 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朝まで三国志 劉備
  2. キングダム
  3. 幕末 帝国議会
  4. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  5. 徳川家を守った篤姫
  6. 夏侯惇

おすすめ記事

  1. 宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった? 水月観音像(仏像)
  2. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その10「光明の龍」 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 明智光秀の逸話を紹介! 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. どうして張飛は士大夫に卑屈なの? パワハラをする張飛
  5. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 スピリチュアルにハマる光武帝
  6. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ! 北伐でやりあう曹叡vs孔明

三國志雑学

  1. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  2. 司馬昭
  3. 諸葛誕
  4. 張飛の男気人生


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  2. 周瑜、陸遜
  3. 黄月英
  4. 藏覇(臧覇)と曹操
  5. 曹丕
  6. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ) ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子 袁紹と曹操 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将 袁術 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 法正と劉備 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、どういう意味? 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集 黒田官兵衛 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる 孫晧(孫皓) 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP