よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー

この記事の所要時間: 356

 





 

大人気春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)漫画キングダム、前回はいよいよ本命

バジオウの本軍が犬戎族(けんじゅうぞく)の三首領の長兄ゴバを討ち取るべく

快調に進撃しますが、それを見てゴバは橑陽城(りょうようじょう)に引き上げようとします。

そのゴバの退路を神速で進んできた楊端和(ようたんわ)が抑えますが、

それは全て舜水樹(しゅんすいじゅ)の罠でした。

楊端和とバジオウ軍は、後方をゴバ軍、前方をロゾと犬戎族の本軍

左右を万能の将軍、公孫龍(こうそんりゅう)に囲まれていたのです。

 

※この記事はキングダム566話話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

関連記事:キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー

 

 

キングダムネタバレ&レビュー566話完全包囲

 

舜水樹「犬戎本軍が来ている 逃げられない事くらい理解できよう」

 

舜水樹楊端和を見下ろし勝ち誇った冷酷な表情で言います。

 

ここで、万能の将軍、公孫龍が率いる趙軍の弓兵が、

山の民の左右を塞ぎ、矢をつがえました。

完全な包囲殲滅陣(ほういせんめつじん)の完成です。

 

動揺する山の民ですが、楊端和だけは少しも動じません。

まっすぐに犬戎王ロゾの顔を睨んでいます。

 

ロゾ「愚かな女王に罰を与えるとするか・・」

 

 

キングダムネタバレ&レビュー566話 脱出!

 

楊端和は手短に山の民に指示を出して陣を組みます。

この状況では陣を組むもなにもなるべく層を厚くして

中心にいる楊端和を守るしかありません。

 

楊端和「この数では、ロゾの首は取れん

脱出を計るぞ、私の横と後ろをしっかり固めろ」

 

舜水樹(バカめ、、逃げられると思っているのか)

 

ロゾ「楊端和は捕獲しろ私が直接首の皮を剥ぎ、

死ぬまで犯すものである、それ以外許してはならない」

 

かくして、楊端和が退却の命令を出すと同時に

ロゾと舜水樹の皆殺しの命令が下ります。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

キングダムネタバレ&レビュー566話 意外な退却

 

山の民には、前後から犬戎族の歩兵と騎兵、

左右からは公孫龍の弓の攻撃が容赦なくぶつけられます。

それによりみるみる数を減らす山の民

 

楊端和「敵翼に走るな!全員私についてこい」

 

楊端和は自暴自棄(じぼうじき)になる山の民を叱咤激励(しったげきれい)しつつ、

ゴバ軍に向けて退却を開始します。

 

舜水樹はそれを見て、楊端和が公孫龍軍とゴバ軍の間にある

僅かな隙間(すきま)を抜けるのだと判断します。

 

ところが、それは間違いでした。

楊端和は、隙間どころかゴバ軍に向かって突撃したのです。

確かに山の民は犬戎族と趙兵に包囲されていましたが、

ゴバ軍もシュンメン、タジフ、バジオウの軍勢に包囲されていました。

楊端和は、退却の駄賃(だちん)にゴバの首を狙うつもりなのです。

 

キングダムネタバレ&レビュー566話 無双!楊端和ゴバの首を斬る

 

しかし、ゴバの周辺には山の民に10倍する犬戎兵がいて、

必死に山の民を押し返していきます。

その兵力差に、バジオウもタジフもシュンメンも苦戦し

押し出されていきます、ただ一人楊端和を除いては・・

 

そう、ここで、楊端和の信じられない無双状態が爆発

双剣を振り回し、一秒で犬戎兵の首を8つ飛ばし

一人だけでズンズン、ゴバ軍の陣営を突き進みます。

 

嘘でしょ?こんな無双ありか!!

 

こうして、とうとう楊端和は単騎でゴバの前に出現

応戦しようと双剣を構えたゴバと数回打ち合い、

とうとう、ゴバの左の手首をぶっ飛ばし、

次に右の手首を斬り飛ばし、最後に双剣で、

ゴバを首チョンパしてしまったのです。

 

これには犬戎も山の民も舜水樹もロゾも公孫龍も

唖然(あぜん)ボーゼン、、いやいやあり得ませんぜこれ!!

 

楊端和「脱出だーーー!」

 

大将を討たれて混乱するゴバ軍を貫き、楊端和と山の民は

風のように包囲を突破していきます。

 

ロゾ「追撃せよ!」

 

三首領のボス、ゴバを討たれ怒り狂うロゾは、

犬戎族本軍に追撃命令を下しました。

 

さあ、なんでもありになってきた橑陽編、

567話に続きます!!

 

キングダム567話ネタバレ

 

今回は無双状態だった楊端和ですが、7月26日発売のキングダム567話では、

一転して背面崖の袋小路に追い込まれてしまいます。

犬戎王ロゾ、舜水樹、公孫龍などに包囲されて絶体絶命の楊端和ですが

士気はあくまでも高く、太陽が昇れば勝利しているのは我々と言い放ちます。

それは強がり?勝利への確信?エンポ爺に頼んだ策が炸裂するのか?

詳しくはここから読めますよ。↓

 

キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

そう来ちゃったかぁ・・という感じですね。

楊端和無双でゴバを討ってしまうのは、

李牧(りぼく)のワープを想起させますけど、

まさか、来週もそうではないでしょう。

あまり、読者を仰天させないオチが待っていれば

いいんですけどね。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー

関連記事:【犬戎族編は迷走?】キングダムファンが言えない黒歴史を解説

 

 

キングダム最新566話のYoutube動画 ネタバレレビュー

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  2. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!…
  3. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  4. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  5. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  6. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  7. 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想…
  8. 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  3. 小栗忠順は大蔵大臣?幕末に現れた天才の功罪
  4. 張遼に子孫はいたの?やっぱり子供たちも最強?
  5. 荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父
  6. 三国志の時代の城の機能について図解解説

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム? 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備 【水滸伝】なっとくできるか!本を捨てたくなるヒドイ結末 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗 【祝】はじめての三国志!月間100万PV達成のお祝い 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?

おすすめ記事

  1. 天下統一後の始皇帝が行った偉大な政策をご紹介
  2. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。
  3. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  4. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  5. 【軍師連盟】司馬懿は曹操の仕官の誘いを何で断わったの?
  6. 島津斉彬は辞世の句を残しているの?
  7. 【ネタバレ注意】キングダム547話「矛の嘆き」ネタバレ&レビュー
  8. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP