三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは

この記事の所要時間: 338




献帝に官位を要求する兵士

 

中国の歴史書を読んでいく上で悩ましいのは、その人物の官職が記されているものの、

それがいったいどのくらいのものなのかがよくわからないというところ。

 

同じ名前の官職でも、時代によって位の高さが違っていたり、

違う名前の官職なのに、実は仕事は同じでしたなんてことがあったり。

 

とにもかくにもわかりにくい!

特に、三国時代なんて3つの国で違う官職があったり、位が違ったりで

三国志』を読むのは意外と大変。

 

しかし、それは昔の人も同じだったようで、『三国職官表』なんていうものが編まれています。

これがあれば『三国志』の官職も手に取るようにわかります。

 

このように、歴史書では必ず言及される官位ですが、

皇帝のハーレム・後宮の美女たちの位ってどうなってるんだろう…。

 

たまに現れる女性を見てそう思ったことはありませんか。

今回は、そんな後宮の美女たちの位についてさらってみることにしましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!

関連記事:関羽は本当に反権威の人だったのか?

 

 

そもそも後宮とは何なのか

後宮とは何なのか

 

ところで、後宮とは一体何のために存在するのでしょう。

たくさんの女性を住まわせていた後宮は、男にとっては何だか夢のような世界ですよね。

 

しかし、後宮は皇帝の欲を満たすための場所というわけではないのです

 

実は、皇帝の大切な仕事をするための場所なのです。

その仕事とは何か。

それは、次の皇帝を生むことです。

 

そのため、たった一人の女性を妻として少しずつ子をなすよりも、

たくさんの女性を妻としてたくさんの子どもをなす方が効率が良いと考えられたのでした。

 

最初は数人だった皇帝の妃も、時代が下るにつれて数を増やし、

儒教が重んじられ、「孝」の考えがもてはやされた漢代には数千人という規模に膨れ上がった後宮。

 

しかし、数千人といってもその全ての女性が愛されたというわけではありません。

後宮ピラミッドともいえるピラミッドの頂を成す数百人だけが、

皇帝の子を成す資格を持っていたのでした。

 

 

3の倍数のヒエラルキー

桃園三兄弟

 

中国では古来より、1人の君主という頂点の下には三公という官僚のトップに君臨する官位があり、

その次に位の高い九卿があり、といった具合に、3の倍数のヒエラルキーが存在していました。

 

このヒエラルキーは後宮にも存在しており、1人の皇后を頂点として

三夫人、九(ひん)、二十七世婦(せいふ)、八十一御妻(ぎょさい)、その他といった具合のピラミッドが形成されていたのです

前漢代にもなると皇帝の私情を交えて後宮がどんどん拡大していき、

その位もますます増えて複雑化していきました。

光武帝

 

ところが、後漢の光武帝(こうぶてい)は節約を理由に後宮を縮小

複雑化していた後宮の位号を貴人、美人、宮人、采女(さいじょ)の4つにまとめたのでした。

 

しかし、魏では子を産んだ女性や特別にかわいがっていた女性のために

光武帝が廃した「昭儀(しょうぎ)」「婕妤(しょうよ)」の位を採用していたようですね。

能力で評価することが好きな曹操(そうそう)らしいです。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

ヤキモチを焼いて殺された甄氏

殺された甄氏

 

女しかいないところというのは、大体どす黒い空気が生まれるものです。

それは大体嫉妬に起因します。

 

君主からの寵愛の差、

子どもができた・できないの差、

男児を授かった・授からないの差、

子どもの能力の差。

 

女の嫉妬による泥沼展開は、魏の後宮でも巻き起こっていたのです。

曹丕(そうひ)の妃となった甄氏(しんし)

彼女は位が低かったものの、曹丕の寵愛を受けて後に明帝(めいてい)となる曹叡(そうえい)を授かります。

曹叡

 

ところが、その寵愛は次第に薄れ、曹丕の心は郭氏(かくし)などの別の夫人に移ってしまいます。

これを嘆いた甄氏は曹丕に恨み言をこぼし、怒った曹丕によって死を賜ったのでした。

 

郭氏による謀略だった!?

郭氏による謀略だった

 

さらに悲しいことには、そのとき寵愛を受けていた後に皇后となる郭氏によって

甄氏の亡骸は髪を乱された挙句、口に糠を詰め込まれるなど手ひどく辱められ、

棺にも入れられずに葬られたのだとか。

 

実は、甄氏が少しヤキモチ発言をしただけで殺されたのは、

郭氏が裏で糸を引いていたからだったのです。

 

元々寵愛を受けていた甄氏に嫉妬して、あることないこと曹丕に吹き込みまくって

曹丕の心を甄氏から引き離した郭氏は、まんまと邪魔な女を葬り去り、

自分が皇后の位に就くという野望を果たしたのでした。

 

ところが、皇后となれたものの、自分が殺した女の子どもの母にならざるを得なかった郭氏は

後に明帝となった曹叡により断罪され、かたき討ちされてしまいます

 

そんな彼女も身分が低かったことを息子・曹叡に憐れまれ、

明帝となった曹叡に「文昭皇后(ぶんしょうこうごう)」と()されます。

それにしても、三国時代の後宮も江戸時代の大奥以上に恐ろしいところだったのですね…。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

 

元記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

関連記事:魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  2. 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?
  3. もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!…
  4. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  5. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた…
  6. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  7. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  8. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをついに経験しました!
  2. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る!
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  4. 【総集編】2016年一番可愛そうな武将まとめ20選
  5. 【真・三國無双8】新キャラ周倉(しゅうそう)とはどんなキャラ?実際に存在した人?
  6. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる

三國志雑学

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三
  2. 魏 星座大好きな幼少期の管輅

おすすめ記事

悪い顔をしている諸葛亮孔明 『三国志演義』の諸葛亮像は明代の英雄を模してつくられた!? 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!! LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!? 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」 諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い

おすすめ記事

  1. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  2. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場
  3. 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは?
  4. 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯
  5. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?
  6. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?
  7. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  8. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟が熱すぎる!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP