キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの??

魯粛




魯粛

 

孫呉の大都督として活躍した魯粛(ろしゅく)

 

呉書は魯粛

「方正謹厳で、自らを飾ることが少なく、

その生活は内外共に質素だった。

軍旅の合間にも、書物を読み、思慮は遠くに及んで、

人並み優れた明察力を備えていた。

周瑜(しゅうゆ)亡き後の呉を代表する人物であった」

と評価を下しています。

 

このように高い評価を得ていた魯粛ですが、息子や孫も優秀な人だったのでしょうか。

今回は魯粛の息子や孫を紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた

関連記事:厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

 

 

魯粛死す

魯粛が亡くなり悲しむ孫権と孔明

 

魯粛は46歳という若い頃になくなってしまいます

 

孫権(そんけん)周瑜亡き後、

孫呉の国に多大な貢献をしてきた魯粛が亡くなると

大いに気を落としてしまいますが、

彼のために盛大な葬儀を執り行ったそうです。

孫呉の家臣達は魯粛の死を心から悼んだそうです。

 

魯粛は国内の人気も高かったのですが、

国外からも人気があり、彼を悼んでいた人がいました。

 

それは蜀の諸葛孔明(しょかつこうめい)です。

彼も魯粛が亡くなったと聞いて大いに驚き、

彼の死を心のそこから悲しんで喪に服していたそうです。

 

そして魯粛が亡くなってから数日後彼の息子があとを継ぐことになります。

 

 

魯粛の息子も優秀だった

 

魯粛の息子の名前を魯淑(ろしゅく)と言います

 

彼も青年時代から優秀な人物として

同年代の子供たちや彼を知る大人達から期待をかけられていたそうです。

 

たぶん魯粛も彼には大いに期待していたのではないのでしょうか。

そして魯粛の死後、彼があとを継ぐことになるのでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

孫呉の重鎮の息子も認めた軍事の才能

孫呉の重鎮の息子も認めた軍事の才能

 

魯淑は青年時代から優秀だったと上記で記しました。

 

彼の才能を優秀だと見抜いた人物がいます。

その人物の名を張承(ちょうしょう)といいます。

 

この張承ですが、孫呉の重鎮で孫権へ常に厳しいアドバイスをしていた張昭(ちょうしょう)の息子さんです。

この張承ですが、魯淑が優秀だと見抜き彼が濡須(じゅしゅ)の守備から異動することになります。

 

張承はこの時

いずれ魯淑がこの地を守り魏軍を打ち破ってくれるであろう

と予言を残して異動していくのでした。

 

魯淑が濡須 の守備隊長へ

魯粛

 

魯淑は魯粛のあとをついで仕事をこなしていき、

出世していくことになります。

 

そして張承の予言どおり、

魯淑は濡須の守備隊を率いる立場になります。

 

魏の軍勢は魯淑が守備隊を率いて守っている間は攻めてくることがなかったそうです。

張承の予言は半分は外れてしまいますが

(あるいは彼が優秀であったため攻めてこなかったことを考えればあたっていたかもしれませんが)、

もう半分はしっかりと当たっており、

魯淑が軍事指揮に関しても優秀な才能を見せていたことをあらわしていると思います。

 

統治力も優れている

長安

 

魯淑は軍事の才能だけでなく

統治にも優れた能力を発揮していました

 

魯淑が統治した土地はしっかりと法律を守って厳しく統治していたそうです。

この結果、盗賊などが魯淑の治めていた土地ではほとんど出現しなかったそうです。

 

このように軍事・統治両方の能力を兼ね備えていた人でした。

父・魯粛に負けるとも劣らない能力を発揮したといえるのではないのでしょうか。

 

魯粛の孫は優秀なの??

 

では魯粛の孫はどうだったのでしょうか。

魯粛の孫は魯睦(ろぼく)と言います

 

彼は正史三国志にほとんど記載がありませんが、

魯淑死後、彼の後を継いで兵馬を預かり、爵位も継承したとあります。

そのためそれなりに優秀な人だったのではないのかなと考えることができるでしょう。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志には父が優秀で息子も優秀な二代目武将が登場します。

魯淑の息子も上記にしっかりと該当していると言えるでしょう。

 

しかし魯粛の孫がどれくらいすごい人だったのかわからないので、

優秀なんかわかりませんが、

たぶん優秀だったんじゃないかなと思いたいところです。

 

参考文献 【正史三国志呉書】など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

 

【漢のマイナー武将列伝】
漢のマイナー武将列伝

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 亡くなる周瑜 周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介
  2. 三国志 象兵 三国志の時代に象兵はいたの?
  3. 車に乗る諸葛亮 劉琦が劉備と諸葛亮に利用されていた理由とは?
  4. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理…
  5. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  6. はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  7. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  8. 空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  2. 玉璽
  3. 関羽に手紙を送る陸遜
  4. 織田信長
  5. 結婚を喜ぶ孫策

おすすめ記事

  1. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. 70話:孫権、父(孫堅)の弔い合戦を始めるよ。黄祖討伐編 孫権 弔い出陣
  3. 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 『三国志』人気を数字から考えてみる 桃園兄弟
  5. 【10月の見どころ】10/19〜27 公開予定:三顧の礼特集 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  6. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 賈詡

三國志雑学

  1. 華佗
  2. 曹操から水攻めを受ける呂布
  3. 五虎大将軍の馬超
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明 司馬懿 名前はどこで
  2. 尹夫人 曹操
  3. 民の心を掴む卑弥呼
  4. 呂蒙
  5. 今川義元
  6. 邪馬台国と卑弥呼軍

おすすめ記事

曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた 宴会マナーと酒(古代中国) こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑 諸葛誕 【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族 堀田正睦vs孝明天皇、地味な老中首座の実力とは? 人望のある劉備 ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期 キングダム52巻 キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは? 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP