魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魯粛

 

天下三分の計をはじめて三国志で計画していた魯粛(ろしゅく)

劉備(りゅうび)の義弟であり、曹操(そうそう)からその才能を愛され、

現在では神様としてあがめられている関羽(かんう)

 

二人は一騎打ちを行ったのを知っていますか。

今回はこの二人の一騎打ちについて紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

関連記事:魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術


魯粛と関羽の一騎打ちとは

魯粛と関羽の一騎打ちとは

 

魯粛が武神としてその名を知られた関羽と

武力で一騎打ちをしたわけではありません。

では何で一騎打ちを行ったのか。

 

それは議論で二人は戦ったことがあるのです

いつごろ二人は議論で一騎打ちをしたのでしょうか。


荊州問題が原因

荊州問題が原因

 

魯粛と関羽はいつごろ一騎打ちを行ったのでしょうか。

それは荊州(けいしゅう)問題で劉備と孫権(そんけん)がもめたころです。

 

ではこの荊州問題とはいったい何なのでしょうか。

 

荊州問題とは

荊州問題とは

 

劉備は孫権と同盟し赤壁の戦いで曹操軍を打ち破ることに成功。

その後劉備は荊州の南部を手に入れることなり、

勢力を大きく拡大することに。

 

そして劉備は劉璋(りゅうしょう)が治めていた益州をゲットすることにも成功し、

大勢力を手に入れることになります。

しかし劉備には大きな問題がありました。

 

それは孫呉との荊州問題でした。

孫呉は劉備が手に入れていた荊州の南部を返すように言ってきます

 

その理由としては

「俺らが曹操を赤壁で撃破したから、

君は荊州を手に入れることができただろ」

と言うものでした。

 

劉備はこの孫呉の言い分に対して

「今はまだ返せません。

益州を手に入れてから返します。」

と言って引き伸ばしていました。

 

そして孫呉は劉備が益州を手に入れたことを知って

「益州手に入れたんだから荊州返してくれよ」

と言ってきます。

 

劉備はこの孫呉の言い分に対して

「すいません。もっと領土大きくしてから荊州を返します」

と言ってくるのでした。

 

孫権はこの言い分に激怒して

「ふざけんなボケ!!

俺だってお前の言うとおり我慢してたんだ。

期限になっても返してくれんなら力ずくで奪ってやるわ」

と言って荊州を分捕るため出陣。

 

こうして劉備と孫権は荊州をめぐって争うことになります

これが荊州問題でもっと細かいことを知りたい方は

はじめての三国志に掲載されていますのでそちらをご参照ください。

荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

荊州問題で二人が一騎打ち

荊州問題で二人が一騎打ち

 

上記で荊州の問題を説明しましたが、

孫権は荊州南部を手に入れるため、軍勢を出陣させます。

劉備が領有している荊州南部には関羽が守っており、

孫権の軍勢を打ち払ってしまいます。

 

そして両国は抜き差しならない状態になってしまいますが、

ここで魯粛が登場します。

 

魯粛は軍勢を率いて関羽の軍が駐屯している場所に到着すると

関羽へ会見を申し込みます。

関羽は魯粛の会見を受け入れることに。

 

魯粛は部下の反対を押し切って

一人で軍勢の前に出て関羽が登場するのを待ちます。

そして蜀の軍勢からも関羽が一人でやってきて魯粛と対峙。

 

こうして二人の将軍が出揃い一騎打ちが開始されるのでした


魯粛の攻撃に横槍が…

魯粛

 

魯粛は関羽へ

「孫権が劉備殿へ土地を貸したのは、

勢力を持っていないからです。

しかし現在劉備殿は大きな土地を手に入れているにもかかわらず、

貸した土地を返そうとしないのはおかしくないですか。

それも孫権は荊州のすべてを返せとはいっていないのです。

三つの郡だけ返してくれればいいのにそれすら返さないのは筋が通らないでしょ」

と先制攻撃を仕掛けます。

 

関羽は魯粛の発言に困ってしまいますが、

ある関羽軍の兵士が

「土地は人徳があるものが持つものなんだ」

といって反撃。

 

関羽はこの兵士に激怒し

「お前には関係ねーだろ!!」

といってその兵士を連れて行ってしまうのでした。

 

魯粛が優勢に攻撃を進めていた所を邪魔されてしまい、

両者は物別れとなってしまうのでした。

そしてこの二人の一騎打ちは関羽の劣勢であり

魯粛の勝利といえるのではないのでしょうか


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

魯粛と関羽が話し合ったことで両勢力は話し合いをしっかりと行い、

荊州問題は一時的にですが解決することになります。

 

関羽は魯粛に敗北してしまいましたが、

全体的に見れば、

敗北したとはいいがたく引き分けと見るのが公平かもしれませんね。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫 正史三国志蜀書】など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

 

北伐の真実に迫る

北伐  


 

関連記事

  1. 袁術
  2. 陳宮
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  4. 劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟
  5. 衝立の向こうから周瑜と話をしている孔明と魯粛に悪態をつく小喬

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP