曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

キングダムネタバレ568話「絶望の崖を飛び越えろ」レビュー解説

この記事の所要時間: 430




キングダム

先週はお休みだったキングダム、8月9日には掲載されていました。

567話では、犬戎(けんじゅう)と趙軍に完全に包囲されていた楊端和(ようたんわ)と山の民

全く逃げ道がない中、絶体絶命を乗り切る方法はあるのでしょうか?

早速、レビューしてみましょう。

 

※この記事はキングダム568話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム休載スペシャル!楊端和完全勝利シナリオを解説

 

 

キングダム568話ネタバレ&レビューバジオウ無双

 

完全に追い詰められたと思われた山の民の軍勢ですが、

その中で鳥牙族(ちょうがぞく)のバジオウが無双ぶりを発揮します。

単身で犬戎族の壁を突破すると、この中では最弱間違いなしの

自称、万能の将軍、公孫龍(こうそんりゅう)の軍勢に突撃したのです。

 

それを目ざとく見ていた楊端和(ようたんわ)、即座に全軍に指示を飛ばします。

 

「バジオウが出口を作った!全軍出口へ急げ」

 

その命令を聞いたシュンメンがすぐに山の民を引っ張り

空いた突破口に向けて殺到します。

 

楊端和「すべての族長に伝令を送れ

包囲を無事に突破できたものは、

日の出まではどんな事をしても生き抜け」

 

山の民A「日の出までだって・・」

山の民B「その後、日の出後には?」

 

楊端和「再び結集すべし、、結集する場所は・・」

 

 

キングダム568話ネタバレ&レビュー ロゾが戦慄

ロゾが戦慄

 

ここで場面は転換、ロゾと舜水樹(しゅんすいじゅ)がそろそろ山の民が全滅した頃だろうと

山の民を追い詰めた行き止まりの土地までやってきます。

しかし、その地は地面が赤く染まる程の犬戎族と山の民の死体で一杯で

誰一人生存していませんでした。

 

ロゾ「この死体の山は、あの山猿どもが全部殺したのか」

 

舜水樹「ああ、だが、こちらも生きている」

 

そこへ片腕を斬り落とされた公孫龍が出現します。

 

公孫龍「申し訳ありません、包囲戦にも関わらず

突破されてしまいました」

 

ロゾ「ここまで追い込んで逃したということか?」

犬戎王ロゾが(さげす)んだ目で公孫龍を見ます。

 

公孫龍「山の民があれほど残っているとは想像できませんでした。

敵の半数はやりましたが、こちらもかなりの数の犠牲を出してしまった、、」

 

舜水樹「片腕はどうした?」

 

公孫龍「本陣を狙って数騎で奇襲をかけてきました

一番先頭のバジオウに斬られたのです」

 

舜水樹は公孫龍に傷の手当を命じ、指揮を代わる事を告げます。

 

ロゾ「敵の楊端和を見つけたら捕まえろ

ほかの猿どもは見殺しにしろ」

 

これだけ味方が殺されても、まだ楊端和にご執心のロゾ

どえらいスケベ大王です。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

キングダム568話ネタバレ&レビュー 最悪の追跡者

最悪の追跡者

 

舜水樹は楊端和が犬戎族の領域から出ると厄介なので、

すぐにでも追うと言います。

しかし、ロゾは外に逃げ場はない、崖がほとんど包囲していると

舜水樹に伝えました。

 

ロゾ「それに、追跡には奴らを出してある

あの連中の鼻にかかれば隠れる真似は不可能だ」

 

ロゾの派遣したのはガン族という犬戎族の追跡専門の部隊で

顔にひし形の入れ墨があるイカした連中です。

ただ、追跡するばかりではなく、仲間の犬戎に指示して

楊端和の立ち寄りそうなポイントに前もって兵を配置する

周到な戦略を取ってきます。

 

楊端和が引きいる部隊が、犬戎族と遭遇します。

 

自分が追跡されている事を悟った楊端和は、

「必ず生き残り集合せよ」と言い残して部隊を離れて

ジャングルへと一人で駆け込んでいきます。

 

疲労困憊して大木の側に身を横たえる楊端和、

そこに捜索専門のガン族が追いつきます。

 

ガン族「いよいよ残り2人になったな山の王」

 

楊端和「たったいま、最後まで私を守り抜いた兵が息を収めた」

 

ガン族「だからそこまでだ、あきらめて首を差し出せ」

 

楊端和「まだ無理だ、、ここに来る前に笛を吹いて

救援を呼んでいた、、そろそろ来るぞ、最強の戦士がな」

 

キングダム568話ネタバレ&レビュー ナイトバジオウ見参

 

次の瞬間、小高い丘の上にバジオウが出現する

 

バジオウ「お許しを、間を拒む敵が多く

一騎抜けてくるだけでも刻を要しました」

 

楊端和「無理をさせたな」

 

その時、ふらふらだったバジオウの馬が息絶えた

 

これを合図に犬戎族が剣を抜いてバジオウに襲いかかるが

バジオウは瞬時に5人を斬殺します。

楊端和も、一人の犬戎族を斬るが足を痛めており

転んでしまいます。

 

犬戎族はそれだけではなくガン族の案内で

ぞろぞろと森に集合しつつあります。

 

バジオウ「・・・・・・!」

 

それを見たバジオウは楊端和を担ぎ上げて

急いで茂みの方に飛び降ります。

 

そこへ犬戎族が続々と矢を放ちました。

疾走するバジオウ、楊端和は下におろせと言いますが、

バジオウは、その足だと担いだ方が早いと

全力疾走します。

 

バジオウの視界には、巨大な崖の裂け目が見えます。

もちろん、犬戎族に追いかけられている今、

躊躇する余裕はありません。

 

バジオウ、楊端和を担いだまま、崖から大ジャンプします!!

 

さあ、ここからどうなるのか!!以下569話に続きます。

 

キングダム569話予想

キングダム569話予想kawauso

 

完全に絶体絶命だと思っていましたが、

バジオウ、今度は公孫龍の腕を吹き飛ばして脱出路を

切り開いてしまいました。

前々回は楊端和無双でしたが、今回はバジオウ無双です。

というより、万能の公孫龍が弱すぎる感じでした。

ここまでくると「万能」という冠が皮肉に思えてきます。

もしや万能とは戦争ではなく家事とかなのか・・

 

そして、バジオウ、どんな修羅場を超えてか

合図一発で、再び楊端和の前に出現しました。

完全なナイト状態で登場し、犬戎族の追撃をかわしつつ

最後は楊端和を抱えて、断崖絶壁をジャンプ

これで脱出に成功すれば、楊端和惚れてまうやろ~ですが

どうなるのか見当もつきません。

少なくとも、夜が明ければすべてが終わっている事だけは

確かだと思います。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

いやー、予想を完全に外してしまいました。

しかし、夜が明ければ何かが変わるのは間違いないので

遼陽がエンポ爺の手で落ちている説は堅持します。

でも、バジオウと楊端和のエピソードが描かれるなら、

もう少し続くんですかねェ・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー

関連記事:キングダム最新565話「前線にて」ネタバレ&レビュー

 

キングダム568話のYoutubeネタバレ・考察(レビュー)動画

 

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気
  2. 【キングダム540話】休載祭りリターン!今度は壁が大活躍?
  3. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!…
  4. 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?
  5. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  6. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実…
  7. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  8. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった
  2. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  3. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  4. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期
  5. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る!
  6. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!? kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる! エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの? 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介

おすすめ記事

  1. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  2. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  3. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  4. 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?
  5. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】
  7. 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  8. どうして張飛は士大夫に卑屈なの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP