魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 




関中

 

西暦211年、馬超(ばちょう)&韓遂(かんすい)連合軍と曹操(そうそう)との間で起こった潼関(どうかん)の戦い

その舞台となった関中(かんちゅう)という土地はどんな場所なのでしょうか?

涼州に近い事や異民族が多い事で生産性が低い、不毛な砂漠と思われがちですが

実は(しゅう)(しん)が建国する母体になった非常に肥沃(ひよく)な土地でした。

今回はイメージと違う関中について紹介いたします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志では教えてくれない洛陽と長安の秘密

関連記事:賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?

 

 

キングダムの舞台函谷関はここにある

キングダムの舞台函谷関はここにある

 

関中というのは、州で言うと司隷(しれい)の西半分の事で、

京兆尹(けいちょういん)扶風郡(ちっぷうぐん)馮翊郡(ひょうよくぐん)の事を意味しています。

キングダムでの秦のホームグラウンド咸陽(かんよう)長安の近くに存在し

難攻不落で知られた函谷関(かんこくかん)もあり、別名は関西(かんさい)とも言いました。

函谷関の西だから関西という事です。

 

この関中は、中国大陸でも屈指の肥沃な大地であり、

周王朝も秦も、この肥沃な土地の生産力を背景に成長しました。

のっぺりした平地で乾燥しているので、いかにも貧しそうですが

灌漑(かんがい)さえ可能なら豊富な農作物が取れます。

 

函谷関を閉じてしまっても、土地の生産力だけで

数十万の人口を養えるとされ、またシルクロードの玄関口であるので

交易も盛んであり、董卓(とうたく)が洛陽を焼いて遷都(せんと)したのも、

洛陽から東を取られても、長安と関中さえ押さえてれば、

十分に自活できるという打算があった為です。

 

 

諸葛亮から韓遂まで関中の土地を欲しがった

諸葛亮から韓遂まで関中の土地を欲しがった

 

司隷でも特に豊かだったのは、京兆尹、扶風郡、馮翊郡の3つです。

ここは三輔(さんぽ)と呼ばれ、特に人口が多い肥沃な土地でしたが、

この土地を求めて大暴れをしたのが、あの韓遂です。

また、董卓の後を継いで好き放題した李傕郭汜は食料が足りなくなると

三輔を略奪して回っていました。

李傕

 

その為に三輔は急速に衰えてしまうのですが、司隷校尉だった鍾繇

潼関の戦いの前に逃げ散った人々を呼び戻して長安を整備しています。

 

三輔は曹魏が建国されると、司隷から切り離され、

涼州の一部が加えられて雍州になります。

南に蜀漢が建国して、防衛拠点として長安が重要になったからでしょう。

実際に、諸葛亮も漢帝国の旧都の長安陥落を狙うと共に、

肥沃な三輔の土地を手に入れようと考えていて、五丈原の戦いでは、

渭水盆地に兵士を送り込んで屯田し、長期戦に備えています。

魏延を使う孔明

 

もう一つ、司隷の端の河内郡は、当時の曹魏の都である洛陽と

黄河を挟んで目と鼻の先に存在していました。

ですから、西から東を制圧しようという勢力にとっては、

三輔を抑えるのは、非常に重要な事であったのです。

 

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

食料補給基地としても重要な関中

劉邦

 

山脈によって黄河の氾濫(はんらん)から守られ、隘路(あいろ)によって守るに容易な関中は

その土地の肥沃さもあって、穀倉地帯として重要なポイントでした。

潼関の戦いでは、10万を超えると言われる曹操軍の補給は河東郡が

一手に担っていましたし、漢中攻略戦でもそうでした。

 

涼州のような、山だらけの土地を攻略するのは時間がかかるので、

どうしても長期戦になり、それは膨大な食糧と兵站(へいたん)を必要とします。

そうなると関中は、食料補給基地として重要になるのです。

 

楚漢戦争(そかんせんそう)で、項羽(こうう)に負け続けた劉邦(りゅうほう)ですが、咸陽が陥落した時に

秦の人民に寛大な対応をした事から非常に人心を得ており、

関中は蕭何(しょうか)が抑えて、項羽に連戦連敗の劉邦に食糧を送り続けました。

 

劉邦が負けても負けても、立て直し、最後には兵糧不足で息切れした

項羽を撃破できたのは、この関中を抑えていたお陰なのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志演義だけで見ていると、どうして争奪戦が行われるか

イマイチよく分からない関中ですが、実際には中国随一に肥沃な土地で、

山脈によって守りやすいという美点を多く備えたポイントでもあり

大抵は、戦乱で常に飲まず食わずだった群雄が欲しがったエリアでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵が滅ぼした宋建は韓遂を上回る長生き群雄だった

関連記事:鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官

 

北伐の真実に迫る

北伐  

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 于禁と曹操 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑
  2. 蒋琬と姜維と王平 蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?…
  3. 甘寧と凌統と呂蒙 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  4. 曹操と羊と蚊 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  5. 劉備の臨終に立ち会う孔明 劉備はいつから病気になっていた?晩年の判断ミスをすべて病気のせい…
  6. 孔明 三国志の英雄が未来の人間からパクるという怪現象
  7. 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  8. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁紹モグラ作戦
  2. 孔明
  3. 李斯
  4. 曹爽と卑弥呼
  5. キングダム
  6. 三国志ライター黒田レン
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 武田騎馬軍団 馬場信春

おすすめ記事

  1. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 信陵君
  2. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  3. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る 曹丕
  4. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ 三国志平話
  5. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり 鄧禹と兵士
  6. 【笑林】日本の昔話「芋ころがし」のルーツ? 人まねで失敗した話 幕末 魏呉蜀 書物

三國志雑学

  1. 孔明のテントがある野外のシーン
  2. 荀彧
  3. 袁術と呂布
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  3. 曹仁と曹操
  4. 朱異
  5. 楊彪を司空に任命させる董卓
  6. 藏覇(臧覇)

おすすめ記事

于禁 【衝撃の事実】于禁は三国志のアニメで女の子として登場している!? 孔明 司馬懿 名前はどこで 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 キングダム 戦国七雄地図 戦国策【東周策】欲望で大国を釣るの巻 藺相如(りんしょうじょ) 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP