呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ

魏の曹操孟徳




 

三国志随一の兵法家曹操(そうそう)、生涯勝率、8割強というこの人物は反面で想像以上におっちょこちょいの一面を持っており、人生の晩年に至るまで様々な失敗をしては、それを教訓として残しています。

ビジネスシーンは、100の交渉があれば、100の過程があるもので、どんな敏腕営業マンでも、失敗の経験は小さい物を含めれば、それこそ、星の数ほどあるものなのです。今回はそんなおっちょこちょいな曹操の現代にも通用する名言を紹介します。

 

※週刊ビジネス三国志は毎週月曜日朝8:00頃の更新です。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

関連記事:週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

 

 

他人の商度、人の意の如きは少なし

西暦215年、曹操は、漢中で30年間にわたり、五斗米道(ごとべいどう)という新興宗教を興し漢王朝から独立した態度を取っている群雄の張魯(ちょうろ)を討伐する為に遠征します。その途上で、曹操は涼州の巡察官に張魯についての情報を出させると、張魯などは田舎者の小群雄で、殿が出てこられれば、すでに勝ったようなものです」と楽観的な情報を出します。

 

曹操としても、長い遠征の疲れもあり、そうであれば、有難いという願望が先に出てしまい、すっかり楽勝気分になってしまいました。

 

 

聞くと攻めるは大違い、大被害を被る曹操

しかし、いざ、曹操が張魯の立て籠もる陽平関を攻めてみると、聞いた話とは大違いで堅牢な城塞が並び、簡単に落とせるものではありません。無理に城塞を抜こうとした曹操軍は大ダメージを受け、曹操は退却を決意します。

曹操は、自分に都合の良い情報をやすやすと信じた己を恥じて、「他人の商度、人の意の如きは少なし」という言葉をつぶやきます。

 

「人の評価はあてにならない自分で調べろ」という意味です。

浮かれて自分で情報を確認する事を怠った事に対する強烈な反省がこの一文には込められているように感じます。

 

曹操は軍を引き上げようと山の上の軍兵に退却を命じますが、たまたま、夜間に道に迷った軍勢が張魯の軍の中に迷い込んで、それを奇襲と勘違いした張魯の軍勢は雪崩を打って敗走してしまいます。この勝利は全くの偶然の産物でした。

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

晩年まで内省を忘れなかった曹操

 

曹操は、西暦220年の正月に満65歳で世を去っていますから、これは死ぬ五年前の戦いで曹操は60を過ぎていて、かなり晩年まで曹操がおっちょこちょいだった事が分かります。

同時に、勝ったから全て善しで終らせるのではなく、またいい加減な報告をした部下を攻めるのでもなく、これは自分の見込みの甘さが原因だとちゃんと内省しているのが、曹操の曹操たる所以だと言えるでしょう。

 

軍事を為して三十年、一朝を持して人に与えるのはどうか

 

曹操のもう一つ非凡な点は、見通しが甘かったと見るや無理に頑張らずさっさと引き上げようとしている所です。普通なら、それまでのキャリアやプライドが邪魔して意固地になり、撤退が遅れそうなものを、そのようなプライドは無いかのように引き上げてしまう。これも曹操を幾たびかの失敗や敗北から致命傷に至らせなかった要因でしょう。

 

曹操の名言は普遍の価値を持つ

 

主観というものがある以上、人間は自分に都合の良い情報は実際以上に高く評価し、逆に不利な事については、実際より低く評価しがちです。ましてや、自分が直接確認できたわけではない情報に至っては、さらに自分に取って都合の良い情報を受け入れてしまう事になります。

曹操のような百戦錬磨の戦略家でさえ、かなり晩年までそうだったのですから、私達では容易に自分に都合の良い情報という罠にかかりやすいと言えるかと思います。これは美味しいかも知れない、そう思っても他人の情報である場合にはより慎重になり、用心深く情報を自ら確かめる癖をつけておけば、肝心な所でこんな筈ではなかったと落胆する事を減らしていけるのではないでしょうか?

 

関連記事:【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法

関連記事:[ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック

 

※週刊ビジネス三国志では、現在のビジネスシーンでも役立つ、

三国志の時代を生きた人々の名言や行動を毎週月曜日朝8:00に配信します。

憂鬱になりがちな月曜日の朝に元気とアイデアを与える言葉に出会いませんか?

よろしければブックマークをお願いします。

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  2. 劉備軍 曹操軍 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  3. 宦官の趙高 【宦官の逆襲】後漢が滅んだのは本当に宦官のせい?悪いのは俺達だけ…
  4. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  5. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編
  6. 政(始皇帝) 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  7. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始ま…
  8. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 馬良って何した人だっけ
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 謝夫人 孫権の妻
  5. 鍾会を説得する姜維
  6. 織田信長
  7. 孫権に諫言する陸瑁

おすすめ記事

  1. 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始!
  2. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった! 織田信長
  3. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  4. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 雨の中進軍する曹真
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】
  6. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

三國志雑学

  1. 曹丕に進言をする劉曄
  2. 司馬朗と司馬防
  3. 袁術と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. お酒が強い篤姫
  2. 旅 バイク
  3. 艶麗な楊端和
  4. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

おすすめ記事

曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう 宣教師 ルイスフロイス 戦国日本は多神教でキリスト教は相容れないは嘘だった? 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード 完顔阿骨打(太祖) 契丹と日本の関係性は?未知の契丹語に挑んだ日本人研究者も紹介 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符 真田丸 武田信玄 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP