キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

袁術くんの成長日記

第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す

袁術君




袁術

 

「自分を変えたい!」、「もっと成長したい!」、

「もっと成果を出せるようになりたい!」と思ってはいるのであれば、

そのためには勇気を持った挑戦が必要です。

 

この記事を読み終わる頃には、

あなたは人生をポジティブに歩むことができる方法をひとつ手に入れています!

 

※このお話は、三国志(さんごくし)に登場する袁術(えんじゅつ)公路(こうろ))が、

21世紀のビジネスシーンで支持されている様々な「自己啓発」のやり方を学び、

実践していく物語になっています。

やや、21世紀風のセリフ回しになっている部分はご了承ください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ

関連記事: 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める





袁術くん、初めて董卓(とうたく)に会う

袁術と董卓

 

袁術くんは、四世に渡り三公を輩出したという超超名門である汝南袁氏に生まれました。

父の袁逢(えんほう)は三公の中の司空に就いたことがありましたが、

すでに病没し、この世を去っています。

 

今日の袁術くんには大切な役目があります。

大将軍である何進(かしん)の命令で、河東に駐屯する軍勢の統率者に会うのです。

 

使者としてはもっと相応しい官職の者がいるのでしょうが、

何せ相手は、横暴なことで有名なあの「董卓」なのです。

下手に機嫌を損ねてしまえば、簡単に首を刎ねられてしまいます。

 

(だからといって、僕だから大丈夫ということもないだろうに……)

 

袁術くんはかなり憂鬱です。名門袁氏の威光が頼りだと大将軍には言われたものの、

董卓とはまったく面識もありません。

武芸に秀でているとは聞いたことがありましたが、

黄巾の鎮圧戦では盧植(ろしょく)の後任を託されるも敗退しています。

かなり我が強く、他の将軍たちとも度々衝突を繰り返していました。

 

「これは、これは、そなたが公路(袁術の字)殿か?

陣中ゆえむさくるしいのは我慢してくれ。奥に入ってゆっくり茶でも飲まれるがいい」

 

袁術くんを歓迎した董卓は、見たこともないような巨漢で、

胸元まである黒々としたヒゲを蓄えていました。圧倒的な存在感です。

 

「初めまして、幷州牧様(董卓の官職)。虎賁中郎将の袁術です。

幷州牧様には軍を解き、速やかに任地へ赴かれるようにとの勅でございます」

 

「ハハハ、ずいぶんと単刀直入な使者ぶりだな。勅とは笑わせる。

どうせ、この董卓の威を怖れる中常侍か外戚どもの指示だろう」

 

「幷州牧様には、一度、涼州反乱鎮圧軍を解き放つよう命が下っているはずですが」

 

「記憶にないな」

 

「なぜこの河東に駐屯しておられるのです?」

 

「政から卑しい宦官や外戚どもを排除するためよ。

他の誰にもできぬのなら、わしがやるしかあるまい」

 

「そのようなことは……」

 

「無謀か?確かにやつらの指示に従い、

幷州牧としての任務をまっとうするのはたやすいことだ。

しかしわしは、そのようなコンフォートゾーンに縮こまっているつもりはない」

 

「コンフォートゾーン?それはどのようなものでしょうか?」

 

「なんだ、公路殿はコンフォートゾーンを知らぬのか。

よかろう。話してやろう」

 

コンフォートゾーンとは何か

袁術

 

「コンフォートゾーンとは、安全に過ごしていける領域のことだ」

 

「安全に過ごしていける領域。ということは、

他にもいくつかの領域があるのですか?」

 

「その通り。わしを中心にして200歩半径の円内をコンフォートゾーンとすると、

その外には、ラーニングゾーンが広がっている。

本陣から出ることになるので、

獣に襲われるかもしれんし、野党に出くわす危険性もある。

言葉の通じぬ異民族に遭遇するかもしれん」

 

「安全ではない領域ですね。そこに飛び出してもメリットはないでしょう。

命の危険性もある。リスクを冒さずに安全地帯に留まっていたほうが得策なのでは?」

 

「案外とつまらぬことを言うの。

コンフォートゾーンに留まるということには、リスクはないと考えるのか?」

 

「あるのですか?安全な領域に留まるリスクなど」

 

「人は長くコンフォートゾーンに留まると怠惰になる。

コンフォートゾーンは不安とも失敗とも無縁な世界だ。

それに慣れてしまうとマンネリ化して、緊張感に欠けるようになるだろう。

そしてパフォーマンスは低下していくものだ。

挑戦することを怖れるようにもなる」

 

「それは今の朝廷の在り方をお話されているのですか?」

 

「解釈は公路殿の好きにされるがいい。

ラーニングゾーンに身を置くということは

今までのやり方では通用しない可能性があるということだ。

新しい環境に慣れる必要もあるだろう。

これまで簡単に成功してきたやり方も見つめ直さねばならない

 

自分の殻を破るということですね」

 

「リスクを怖れることは、大切な危機回避能力だ。

しかしリスクを怖れているだけでは、人は成長できない。

苦痛を味わうのは覚悟してでも、果敢に挑戦する勇気が必要なのだ」

 

「幷州牧様は、そのコンフォートゾーンから飛び出す覚悟なのですか」

 

「それがわしのモットーだ。コンフォートゾーンを広げ、

次なるラーニングゾーンに踏み込む。わしはこうしてこれまで生きてきた」

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

コンフォートゾーンから抜け出す方法

コンフォートゾーンから抜け出す方法と袁術

 

(確かに自分の世界に閉じこもっていても成長することは難しいだろう。

これまで、多くの人に出会い、アドバイスをいただき、それを実践したり、

新しい習慣として取り入れてきたことで、

僕にも少しずつ自信が生まれきた気がする。

董卓の言っていることも一理あるのかもしれない)

 

「涼州の反乱鎮圧の際には、陶謙殿と一緒になった。

公路殿の話はよく陶謙殿から聞いておる。

コンフォートゾーンから脱することに懸命になっているとか」

 

「コンフォートゾーンという概念を知らなかったので、

はたして方向性が同じなのかどうかまだわかりません」

 

「同じだよ。コンフォートゾーンから抜け出すために必要なことは何だと思う?」

 

「挑戦すること、でしょうか」

 

「それもある。

だが、それ以前に自分が今、どこに身を置いているのかをしっかりと把握しておかなければならない

自分の身の置き場所を確認することで、次の課題や挑戦も見えてくるだろう」

 

「今、コンフォートゾーンに身を置いているのか、

それともラーニングゾーンに身を置いているのかということですね」

 

「公路殿は自分自身のことをよくわかっているようだ。

だからこそ、ラーニングゾーンへ足を踏み込もうとしているのだ。

その挑戦は常に持久戦になる。

コツコツ継続して挑戦を続けられる者だけが、コンフォートゾーンから抜け出すことができるのだ」

 

「継続した挑戦……」

 

「人生に目的や目標を持っているのであれば、

人は絶えず、自分がラーニングゾーンに身を置いていることを確認していかなければならない

 

 

まとめ

董卓

 

「幷州牧様は、機会を待っておられるのですね。

コンフォートゾーンから抜け出すチャンスを」

 

「わしは公路殿の叔父上に目をかけていただき、

昇進することができた。袁氏はいわば恩人よ」

 

「だからこのようなお話をしていただけたのですか」

 

「いや、だからこそ首を刎ねずに帰すのだ」

 

「……幷州牧様、いまひとつ、ご教授いただきたい」

 

「何だ?」

 

「コンフォートゾーンの外に、成長するためのラーニングゾーンが広がってるのであれば、

さらにその外側にはどのような領域があるのでしょうか?」

 

ラーニングゾーンの外にあるのは、パニックゾーンだ」

 

「パニックゾーン?」

 

「踏み込んだ者の身を滅ぼす、破滅の領域だよ」

 

 

結論

 

・コンフォートゾーンとは

  • これまで親しんできた快適で安全な領域。
  • 慣れてくると緊張感が緩み、パフォーマンスは低下する。結果成長できない。

 

・コンフォートゾーンから抜け出すためには

  • 自分の置かれている状況をしっかりと把握する。
  • 不安や緊張もあるだろうが、勇気を持って新しい環境やチャレンジをして、
    ラーニングゾーンに踏み出す。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 第6話:袁術くん「自己効力感」の高め方を学ぶ
  2. 袁術を励ます魯粛 第15話:袁術くん「セルフコンパッション」を魯粛から学ぶ
  3. イケメン孫策と袁術 第19話:袁術くん「人間力」を孫策から学ぶ
  4. 袁術 第9話:袁術くん「セルフイメージ」の高め方を学ぶ
  5. 袁術 第2話:袁術くん、将来に希望を持つために「自己肯定感」を高める
  6. 美化された袁紹に羨む袁術 第20話:袁術くん「やりたいことをして生きていく」について袁紹か…
  7. 袁術 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ…
  8. 袁術 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明 郭嘉 周瑜
  2. 陳宮
  3. 孔明の罠
  4. 平野国臣
  5. 西遊記巻物 書物
  6. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  7. 張飛のヨメ

おすすめ記事

  1. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実 霊帝
  2. 三国志の時代に象兵はいたの? 三国志 象兵
  3. 【告知】諸葛亮孔明 VS 韓信夢の対決実現!前夜祭の両者インタビュー 韓信
  4. 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?
  5. はじめての三国志開設2周年のご挨拶 はじめての三国志
  6. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった 貂蝉と呂布

三國志雑学

  1. 華雄と呂布
  2. 吉川英治様表紙リスペクト
  3. 北伐する孔明
  4. 陳宮
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫子の兵法 曹操
  2. 劉備 呂布 肉取り合い

おすすめ記事

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  黄蓋が三国志時代を作り出すきっかけを作った!? 呂布のラストウォー 呂布 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選 朱然 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 魏の占い師・周宣(しゅうせん) 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師 武田二十四将(馬場信春)をメイン 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 夏 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 井伊直政 井伊直政は本当にイケメンだった?戦国時代のイケメン武将はどんな人?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP