コメント機能リリース
姜維特集




はじめての三国志

menu

読者の声

読者の声(2018年10月22日〜27日)

読者の声バナー(はじめての三国志)

 




 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。

いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

今回は、はじ三編集部に届いた読者の声をご紹介します。

(集計期間:2018年10月22日〜27日)

 

この記事の目次

読者の声紹介

 

以下はこれまでに寄せられた皆様のご意見・ご感想です。

 

30代女性

いつも仕事から逃避して、夢中で閲覧させていただいています!

イラストの人物が誰のことなのかがわかると嬉しいです。

最近、FODで三国志threekingdomsを一気に観ているのですが、

その中で、 曹丕劉禅がこおろぎを可愛がっている場面があり、

「ぷぷっ」とウケてしまいます。

そこで、三国志の時代に実際、こおろぎで遊ぶ習慣はあったのでしょうか。

ペットというやつでしょうか。

フィクションだったら残念ですが、もし、情報があれば載せていただけると幸いです。


kawauso編集長

コメント有難う御座います。

イラストの人物が誰の事が分からないとのご意見賜りました。

人物の下に名前を明記するなどの改善を行います。

三国志の時代にこおろぎで遊ぶ習慣はあったのか?というご質問ですが

中国社会風俗史という本によると、こおろぎではありませんが、

蝉や雀を取る習慣は周の時代からあったそうです。

一般に蝉を獲って売り歩く人々が出てきたのは唐の時代で

「青林の楽しみはいかが?」と言って売り歩いたというので、

当時の庶民は蝉の声を楽しんでいたようです。

ですので、劉禅曹丕は、蝉の声を楽しんだ事はあったかも知れません。


40代男性
 作者皆さんの見解や想いも書かれており、新しい認識や参考になります。

kawauso編集長

感想有難う御座います。

ただ三国志情報を発信するのではなく、ライターそれぞれの考え方や

思いを反映するように心がけております。


40代男性
同じ趣味を持つ仲間に出会えるから。 

kawauso編集長

同じ趣味を持つ人がいるのは楽しいですよね。

もしご都合がつけば、三国志コミュニティものぞいて頂けると幸いです。


40代男性

三国志、キングダムが好きで、その記事が多く、史実の深掘りも楽しい。

個人的には、ギエンやタイシジ、ジョコウ、カンペイ、オウヘイなど

主道から少し外れた武将が好きなので、その記事が読みたい。

チョウホウやカンコウも。


kawauso編集長

お褒め頂き有難う御座います。

はじめての三国志では、従来の三国志情報をなぞって書くだけでなく

ライターが独自に調べてみた新説、異説、珍説なども掲載します。

歴史的に光が当たらない無名な名将も掲載していきますので、

気長にお待ち頂けると幸いです。


30代男性
時系列に沿った記事一覧があればより楽しめると思います 

kawauso編集長

御指摘有難う御座います。

時系列に沿った記事一覧ですか、技術的な問題もありますが、

試行錯誤しつつ、より理解しやすいサイトを目指します。


20代男性

多くの記事の中でもchopsticksさんの記事が特におもしろい。

記事中の言葉遣いが巧みで、読んでいてとても楽しい。

それでいて三國志や中国の詩人(陶淵明)についての知識も豊富でためになる。

私は教員として働いており、子どもたちにも自信をもってオススメできる。

授業の導入部分や、予備知識的にも活用させていただいております。


kawauso編集長

授業の導入部に使って頂いているのですか!どうも有難う御座います。

Chopsticksさんの記事は簡潔でありながら分かりやすく要点をついていて

編集長としても記事の校正がしやすいライターの一人です。

今後とも応援して頂けると嬉しいです。


20代男性

とても勉強になる上、内容自体も面白いと思う。

ただ所々にソース不明の妄想じみた記事があるのが残念。

怪力乱神を語らずでお願いします丞相


kawauso編集長

ご意見有難う御座います。

はじめての三国志では、堅い記事から妄想記事まで垣根無く掲載しております。

ソース不明の妄想記事については「これはライターの妄想です」と断りを入れますので

ひとつお許し頂けると幸いです。

 

おわりに

 

以上「はじめての三国志の読者アンケート」の声に感謝です!

1人1人の声が励みになります。

読者アンケートに回答して頂いた方に感謝しつつ、頂いた要望や感想をもとに

はじめての三国志に反映させていただきます。

 

今後ともはじめての三国志をよろしくお願いします。

 

また次週も皆様の声を紹介させていただきます。

よろしければ、読者アンケートにご協力のほどお願いします。

 

【読者アンケートのお願い】
読者アンケートの願い

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『右クリックができず困っている件』
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『読めない漢字(人名・地名・官位など)が多く困っている』…
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年11月19日~11月28日)
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(9月30日〜10月6日)
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年11月29日〜12月4日)
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年12月15日〜12月29日)
  7. 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)
  8. 読者の声(2018年9月1日〜21日)

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 狗奴国の王・卑弥弓呼
  2. 袁術と孫策
  3. 殷の大様002
  4. 劉邦と簫何
  5. 馬謖の失敗に嘆く孔明
  6. 豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明
  7. 英雄曹操とナポレオンを比較
  8. 曹仁と曹操

おすすめ記事

  1. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  2. 袁紹の敗北は関羽のせいだった? 顔良と関羽
  3. 【お知らせ】サイト内検索(検索フォーム)を導入しました
  4. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  5. 「月刊はじめての三国志4月号」3月25日(月)に出版決定 はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る 蜀の皇帝に即位した劉備

三國志雑学

  1. 怒る陳宮
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 宋姫
  4. 龐統


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 梁冀(りょうき)
  2. 賈詡
  3. 三国志時代の牢獄
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  5. 孫策、陸遜、顧邵、他
  6. 孫権に攻められ戦死する黄祖
  7. 王昭儀

おすすめ記事

趙雲が人気の理由 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 姜維はなぜ魏から蜀に寝返った? 雷怖くない 能ある劉備 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ 親バカな諸葛孔明 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP