コメント機能リリース
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?

ホウ徳(龐徳)




馬超と龐徳

 

馬超(ばちょう)には自分の両腕と言えるほど信頼していた人物がいたのをご存知でしょうか。

その二人の人物の名前は馬岱(ばたい)龐徳(ほうとく)です。

しかし馬岱馬超と一緒に蜀へ仕えましたが、龐徳曹操に仕える事になります。

どうして龐徳馬超と一緒に蜀へ来なかったのでしょうか。

龐徳の活躍を紹介しながら彼が蜀へ来なかった理由を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将

関連記事:曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生

 

 

馬騰軍一番の強さを誇った龐徳

馬騰軍一番の強さを誇った龐徳

 

龐徳は馬超の部下となる前、馬超の父・馬騰(ばとう)の部下として仕えていました。

龐徳は馬騰の部下として馬騰の領内へ侵攻してくる異民族を撃退したり、

曹操(そうそう)の要請を受けて袁家の残党討伐戦に参加して戦功を挙げて活躍していました。

この結果、龐徳は馬騰軍の中で一番の勇将として知られることになります

その後馬騰が曹操に殺害されると馬超へ仕える事になります。

 

 

連戦連敗の馬超

連戦連敗の馬超

 

龐徳は馬超に付き従って曹操軍と幾度も戦います。

しかし馬超は曹操軍へ戦を挑むたびに何度も敗北。

龐徳も馬超の部下として曹操と戦をしますが、

勝ち戦を得ることなく何度も敗北することになります。

その後龐徳は馬超にしたがって漢中の軍閥・張魯(ちょうろ)へ身を寄せることになります。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

馬岱は馬超と一緒に蜀へ。龐徳は曹操に仕える。

馬岱は馬超と一緒に蜀へ

 

馬超はその後張魯にお願いして曹操の領土となっている自分の土地を取り戻すために幾度も北伐を開始。

しかし馬超は曹操軍に勝つことができずに敗北してしまうのでした。

そんな時、馬超は「俺の仲間になってよ」と劉備(りゅうび)から誘いを受け、

張魯の元を離れて劉備の元へ向かいます。

 

このとき、馬超の従兄弟であった馬岱は馬超と一緒に劉備の元へ向かいます。

しかし龐徳は漢中に残り、漢中が曹操の領土なった時、曹操へ仕える事になります

どうして龐徳は馬超と一緒に蜀へ行かなかったのでしょうか。

 

龐徳が蜀へ行かなかった理由その1:馬超の負け癖に辟易していた??

馬超の負け癖に辟易していた龐徳

 

馬超は曹操を倒すため何度も執拗に攻撃を挑みます。

しかしその度に馬超軍は敗北することになり、

馬超軍を率いる龐徳も何度も敗北を経験することになったでしょう。

そのため龐徳は馬超とこのまま一緒にいてもまた負け続きの戦いを強いられる事に嫌気が差してしまい、

馬超の元を離れてしまったのではないのでしょうか。

 

龐徳が蜀へ行かなかった理由その2:未来への展望がない事に絶望した??

未来への展望がない事に絶望した龐徳

 

龐徳が蜀へ行かなかった理由その2としては

馬超に従って劉備の元へ行っても未来への展望がないと考えていたからではないのでしょうか。

 

馬超が劉備の元へ向かった時は、劉備が蜀を奪ったばかりでまだまだ発展途上の状態でした。

龐徳は馬超と一緒に発展途上の国・蜀へ向かっても未来への展望が描きにくいことから、

超強大で天下の半分以上を支配していた曹操の元へ身を寄せたのではないのでしょうか。

 

龐徳が蜀へ行かなかった理由その3:馬超に不満をもっていた!!

馬超に不満をもっていた龐徳

 

龐徳が蜀へ行かなかった理由その3としては

馬超と仲が良くなかった事が考えられるのではないのでしょうか。

龐徳は馬超と一緒に各地を転戦して武功を挙げ続けていましたが、あまり報われていなかったようです

 

正史三国志によれば龐徳が馬超から何かもらったような記載は一切ありません。

そのためもしかしたら龐徳はこんなにがんばっているのに正当な評価をしてくれない馬超に不満を持ち、

馬超が蜀へ向かうと知った時、彼は馬超と縁を切る決断をしたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンはこれら三つの理由から龐徳が馬超に付き従わなかったと思っています。

ではどうして馬岱は馬超に付き従ったのか。

この理由については憶測ですが、レンはこのように考えます。

 

馬超は龐徳や他の将軍には冷く、

最後の生き残りの身内・馬岱には甘かったのではないのでしょうか。

馬超が馬岱に甘かった理由として考えられるのは、

馬超が亡くる間際の遺言から推測することができます。

 

馬超は劉備へ「私の一族は、ほとんど曹操に殺されてしまいましたが、

従弟の馬岱のみが生き残っています。

馬氏の祭祀を守らせる者として陛下にお預けします」と残しています。

わざわざ馬超が劉備へこのような遺言を残す必要なんてありません。

 

ここから考えられることは自分が亡くなった後、

馬岱を引き立ててほしいとの要求からこのような遺言を残したと考えれば、

馬超が身内に甘かったと推測することができるのではないのでしょうか。

そしてこのことから馬超は身内である馬岱には甘く優遇し、

身内ではない龐徳は冷遇されていたと考えることができるのではないのでしょうか。

【参考文献】 正史三国志魏・蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ゴルゴ13もびっくり!三国志のスナイパー武将・龐徳・太史慈・呂布

関連記事:魏の夏侯惇・許褚・龐徳の息子達は優秀だった?気になる将軍たちの息子事情

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説…
  2. 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  3. 曹茂 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選
  4. 邪馬台国と魏軍の兵士 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどん…
  5. 徐晃 徐晃が地味な原因は裏方仕事が多いせいだった!
  6. 孔明 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  7. 袁術と呂布 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が…
  8. 龐統 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 狗奴国は邪馬台国と対立
  2. 劉璋と劉備
  3. ヘソにろうそくを刺される董卓
  4. 張良と劉邦
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  7. 光武帝 三国志
  8. 霊帝
  9. 桓騎

おすすめ記事

  1. 上杉謙信は暗号を使ってたから連戦連勝できた!開発者の宇佐美定行も紹介 宇佐美定行
  2. 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった? 五斗米道の教祖・張魯
  3. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集! 料理人
  4. 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた! 賈詡と曹操
  5. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる 荀彧
  6. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 黄月英

三國志雑学

  1. 王昭儀
  2. 徐晃と許チョと曹操
  3. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
  4. 曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔融
  2. キングダム54巻amazon
  3. 孔明

おすすめ記事

勝海舟は犬が苦手?犬のせいで命を失いそうになった勝海舟? 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった? 徐庶 【徐庶が改名した理由】ケガの功名か?それともワザと?徐庶の名前雑学 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格 はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに龐徳を追加しました 幕末 魏呉蜀 書物 太古の怪物図鑑山海経とは?普通の人が出てこない怪物図鑑 kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」 魯粛 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP