よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?

この記事の所要時間: 217




張魯

 

三国志の物語に登場する人物の中でも屈指の人気を誇っている劉備(りゅうび)

劉備三国志()()(しょく)の三つの国の中の蜀を建国したことで有名な人物なのは、三国志を知っているみなさんもしくは三国志を詳しくない人で

も知っていると思います。

劉備が蜀の国を作ることができたのは色々な出来事があったのですが、この出来事の一つに漢中の主・張魯(ちょうろ)が関係しているのを

みなさんご存知でしょうか。

そしてこの漢中の主・張魯が三国志に登場していなければ、劉備が蜀を建国することができずにいたかもしれないのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

関連記事:98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

 

 

劉備の蜀建国は張魯のおかげ!?

劉備の蜀建国は張魯のおかげ

 

劉備は張魯のおかげで蜀を建国することができた可能性があるのですが、どうして張魯のおかげで劉備は蜀を建国することができたのでしょうか。

劉備は張魯のおかげで蜀を建国することができたと上記で説明しましたが、それは一体どうしてなのか。

二人にはなにか共通点があるのでしょうか。

正史三国志等を調べてみましたが二人に接点はほとんどありません。

それどころか劉備と張魯のふたりが顔を合わせたことも多分ないと思われます。

劉備はどうして張魯のおかげで蜀を建国することができたのでしょうか。

 

 

劉璋と張魯の関係に秘密アリ!?

劉璋と張魯の関係に秘密アリ

 

ここで劉備と張魯の関係性から離れ、そもそも劉備が蜀を手に入れることになった契機について見てみたいと思います。

劉備はどうして蜀を手に入れることになったのか。

それは劉璋(りゅうしょう)から協力要請を受けることになったからです。

さてここでもう一つ疑問が出てくると思います。

その疑問とは劉璋が劉備へ何のために協力要請を送ったのか。

この疑問の答えに張魯が深く関係してくることになります。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

張魯と劉璋は敵対関係にあった!!

張魯と劉璋は敵対関係にあった

 

劉璋と張魯は互いに憎しみあうほどの深い敵対関係にありました。

劉璋は張魯を討伐するべく何度も何度も張魯へ攻撃を仕掛けますが、張魯を討伐することができませんでした。

劉璋は自分達だけでは張魯を討伐できないと考え、外部から援軍を得て張魯を討伐しようと計画を行います。

 

曹操と仲良くなろうとするが・・・・

曹操と仲良くなろうとする張松

 

劉璋は始め曹操と仲良くして張魯を討伐してもらおうと考え、使者を何度も派遣します。

最初は曹操と仲良くすることができ、官職等を得ることができました。

劉璋は曹操へ幾度目かの使者として張松を曹操の元へ派遣。劉璋は張松が曹操の元から帰ってくると彼から

「曹操は我らを軽く見ており、冷たくあしらわれてしまいました。今後は曹操と付き合うのはやめるべきでしょう。」と報告を受けます。

劉璋は張松の今までと違って冷遇されたとの報告を受けて曹操と仲良くするのをやめてしまいます。

 

劉備へ張魯討伐を要請

劉備へ張魯討伐を要請

 

劉璋は曹操と仲良くするのをやめますが、次に誰を頼ればいいのか迷ってしまいます。

この時張松は「劉備を頼ってみるのはいかがでしょうか。殿と劉備は同族ですし必ず力になってくれましょう」とアドバイス。

劉璋は張松のアドバイスを採用し、劉備へ使者を送り仲良くする方針に決めます。

この時劉璋の使者となって派遣されたのが法正です。

劉璋は劉備へ法正を使者として派遣し仲良くなることに成功。

そして劉璋は劉備へ張魯を討伐してくれるようにお願いするべく再び法正(ほうせい)を派遣します。

この結果劉備は劉璋のお願いを受け入れ、張魯を討伐するべく蜀の国へ向かう事になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉備は張魯がいなければ蜀の国へ入ることもできず、蜀の国を作ることはもとより、三国を形成するような大勢力を作り上げることも

できなかったでしょう。

このように考えれば張魯のおかげで劉備が蜀の国を作ることができ、三国志の三国の内の一つを作り上げることができたと行っても

過言ではないと思うのですが、皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 正史三国志蜀書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?

関連記事:劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  2. 袁紹の父は息子に何を残したの??
  3. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  4. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ…
  5. 袁紹の評価が残念な6つの理由
  6. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  7. 孔子が理想とした王朝・周はどんな王朝だったの?
  8. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略2】兗州攻略とあの名将たちが仲間に!!面白すぎて仕事放棄中!!
  2. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  3. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  4. 呉王殺害に成功した暗殺者・専諸ってどんな方法で暗殺に成功したの?
  5. 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?
  6. 有馬新七の壮絶な最期についてもっと知ろう!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 集まれ曹操の25人の息子たち・その2 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2 はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官 足利義満はどんな人?強きを助け弱きを挫くベタな権力者 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?

おすすめ記事

  1. たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想!
  2. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵された徳行者
  3. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部
  4. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  6. 【孔門十哲】冉有(ぜんゆう)とはどんな人?ちょっぴりネガティブな手腕家
  7. 【政界の怪物】田中角栄が日本に残した功績って何?
  8. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP