一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ

2018年11月14日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

甄氏

 

男だらけのむさくるしい『三国志』に花を添える美しい女性たち。有名どころの美女といえば貂蝉(ちょうせん)大喬(だいきょう)小喬(しょうきょう)姉妹の名が挙げられますが、三国それぞれの君主の妻、特に魏の君主の妻たちだって彼女たちに負けないくらい美しかったと言われています。

 

その中でも特に美しかったと語り継がれているのが曹丕(そうひ)の妻となった甄氏(しんし)。容姿はもちろん性格もとても良く、非の打ち所の無い女性だったと言われている甄氏ですが、悲壮な最期を遂げたことでも有名です。彼女はなぜ最悪の結末を迎えてしまうことになったのでしょうか?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



幼い頃から優秀だった甄氏

幼い頃から優秀だった甄氏

 

甄氏は地方の裕福な官吏の家に生まれました。彼女は幼い頃から不思議な子で、父親が亡くなった頃は人の生き死にの意味が分からない年齢だったのにもかかわらず父親の死の意味を理解して泣きじゃくっていたのだそう。

 

もう少し大きくなると、「馬の曲芸なんて女が見るもの」と言ってみたり兄の筆や硯を使って勝手に字の練習をしたりと男勝りな面を見せるようになりました。しかし、その一方で女性らしい優しさも順調に身につけていったようで、兄が亡くなったときには兄嫁に仕えて兄の遺した子を大切に育てました。その際、兄嫁に厳しかった自分の母に兄嫁に優しくするように忠言し、兄嫁と母の仲を取り持っています。世の女性にとって甄氏は理想の小姑といえますね

 

 

 



袁煕に嫁ぐも…

袁煕(袁紹次男)

 

 

そんな甄氏も年頃になり、ついに嫁に行くことになります。気になる花婿は世をときめく袁紹(えんしょう)の次男・袁煕(えんき)でした。しかし、袁煕は結婚後すぐに幽州刺史として出かけていきます。甄氏も付いていくかと思われましたが、姑孝行をしたいということで袁紹の妻の劉氏(りゅうし)と鄴に留まったのでした。しかし、このことが甄氏の運命を大きく変えてしまいます。

 

袁紹が死んだ後に袁家では後継者争いが勃発。その動乱を横から見ていた曹操(そうそう)が漁夫の利を得ようと鄴に襲い掛かってきたのです。実際に鄴を落としにかかったのは曹丕だったのですが、曹操は曹丕にこんなことを言ったのだそう。「袁煕の美人妻・甄氏を見つけたら捕まえて私に献上するように!」流石美人に目が無い曹操です…。しかし、袁氏の屋敷に飛び込んで甄氏を見つけた曹丕は甄氏に一目惚れ。「甄氏は僕のだい!」と鼻息を荒くする息子と醜く女の取り合いをするわけにもいかず、曹操は甄氏を諦めて曹丕に譲ったのでした。

 

 

 

良き姉であり良き嫁であり

良き姉であり良き嫁である甄氏

 

甄氏は曹丕から深い寵愛を受けましたが、それを鼻にかけて威張り散らすようなことはしませんでした。普通の女性なら自分の夫が他の女性に目移りするとムッとしてしまうものですが、甄氏はむしろ他の女性にも愛を傾けるように曹丕にすすめ、寵愛を受けられないと嘆く宮女たちを慰める後宮の良き姉のような存在でした。

 

その上、姑の卞氏(べんし)の体調を常に気にかけ、「孝行な嫁」と太鼓判を押される賢妻ぶり。2人の子供も産み育て、妻としては非の打ちどころがありません。そんな彼女は曹丕が皇帝として即位すると皇后になるようにすすめられたのですが、「私よりふさわしい人がいます」とかたくなに辞退。とても謙虚でこの上無く素晴らしい女性だったということが窺えますね。

 

 

曹丕から死を命じられ…

曹丕から死を命じられる

 

誰がどう見ても素晴らしい妻だった甄氏ですが、なんと曹丕から自殺を迫られ命を落としています。なぜ彼女が自殺を迫られたのかというと、彼女が他の女性に嫉妬して恨み言をこぼしたからと言われています。年老いて流石の美貌も衰えて曹丕からの寵愛が薄れていくと甄氏も自信を無くして余裕がなくなってしまったのでしょうね。

 

しかし、長年尽くしてくれた甄氏を恨み言1つで自殺させてしまうなんて曹丕も酷すぎやしませんか!?実は曹丕が甄氏に自死を迫った裏には郭皇后(かくこうごう)の存在があったと言われています。甄氏が目障りだった郭皇后は甄氏についてあること無いこと曹丕に吹き込み、曹丕の甄氏への不信感を煽りまくっていました。そのために曹丕はただの女のカワイイ嫉妬の言葉すら許せず、甄氏に死を賜ったのだそうです。甄氏は性格が良すぎるあまり他の女性から目障りな存在として死を願われるほど嫉妬されていたのですね。

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

欠点が無いということは素晴らしいことですが、他人に恨まれる要素に十分なり得ます。特に女性同士だとそういったことによるイザコザが起こりやすいもの。甄氏がちょっぴりズル賢くてわざと欠点を相手に見せるような芸当ができる人だったら嫉妬に狂った郭皇后によって謀殺されることもなかったのではないでしょうか。しかし、もしも甄氏がそんなズル賢い女性だったら今の世に美しく語り継がれることもなかったかもしれませんね。

 

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

関連記事:後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは

 

曹操孟徳

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chopsticks

chopsticks

清朝考証学を勉強中。 銭大昕の史学考証が専門。 片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。 好きな歴史人物: 諸葛亮、陶淵明、銭大昕 何か一言: 皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

-三国志の雑学
-,