ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

曹洪と曹操




曹洪と曹操

 

曹操(そうそう)の一族で、その窮地(きゅうち)を何度も救った武将と言えば曹洪(そうこう)です。

しかし、建国の功臣として称えられる一方で曹洪曹操を上回る資産家でありおまけにケチで金銭に執着するという

当時としては、あららな性格の持ち主でした。

曹丕(そうひ)に借財を申し込まれて断ったという逸話がある事から、サイドビジネスとして金融業もやっていたのではないかと思われます。

今回の三国志とお金は、三国時代のアコギな金融業について紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは

関連記事:三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?

 

 

利子は元本の20%当時の金融業

五銖銭

 

後漢の時代、お金を借りた時の利子は年利20%でした。

借りるモノは金銭に限らず、穀物や絹、帛、牛馬など色々ありましたが、それらの場合にも金銭換算で20%の金利が利子でした。

現在の日本では利息制限法で、制限金利を元金10万円未満が年利20%10万円以上で100万円未満が年利18%、100万円未満だと年利15%です。

 

こうしてみると、思った程の暴利ではない感じがしますが、もちろん、こうした金利は社会情勢によって大きく上下していました。

周の時代には、年利5%だったそうなので、商業が発展した事で金を借りる人が増えて、貸し手に有利になってきています。

戦乱の三国志の時代には、利率に変動が起きてもっと高くなった可能性もあるでしょう。

 

 

踏み倒しを防ぐ恐怖の取り立て屋保役

桃園三兄弟

 

世間一般では金貸しが非難されがちですが、お金を貸す側にもリスクはあります。

借りた側が借金を踏み倒すという事が後漢の時代でも起きていたのです。

これでは、安定した営業が出来ないので、当時の金融業者は保役(ほやく)という借金取りを仲介に立て、手数料を支払い強引な借金取り立てを行いました。

 

この保役、当時は中流階層の子弟が請け負う事が多かったようです。

おそらく強面か腕っぷしが強い連中で徒党を組み債務者の家に押し込んでいき「おう!借金の払いは今日までだぜ、いつまで待たせやがる」と

時代劇さながらに脅しをかけながら返済を迫ったものと想像できます。

 

曹洪にしても、自身が部下を差し向けて借金を取り立てると、体面に関わるので、このような保役を使ったのではないかと思います。

曹丕の申し入れを拒否したのは回収できない場合、保役を差し向けて、強引に取り立てるのが難しいからではないでしょうか?

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

非常に人気があった保役

三国志のモブ

 

そして、この保役、後漢の時代とても人気があったそうです。

後漢初期の学者、桓譚(かんたん)の記録によると、

 

腕がいい保役は、その収入で諸侯並の暮らしが出来たので、世間の人は皆、それを羨んで田畑を耕さないで保役になりたがる

 

というような事を書いています。

 

腕がいい保役というのは、取り立てが上手い保役という事で、この仕事が歩合制であった事実を匂わせます。

 

具体的な報酬についての記述はありませんが、年利20%という事は、その内の10%を支払っても十分儲けはありそうです。

当時の1銭を穀物価格から換算して31円と仮定すると、10万銭を貸して年利20%なら2万銭の利子になり62万円の儲け

ここから10%の31万円を保役に支払っても十分なプラスでしょう。

保役にしても、一件の債務を取り立てて、31万円もらえるなら、そりゃあ、希望者が多いだろうと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

このような保役が人気商売になっているという事は、借金を支払わない、あるいは、支払えない人々が大勢いたのでしょう。

前述の桓譚の記録では、当時の豪商は保役を家臣同様に扱い、やりたい放題だったとか・・

曹操が曹洪をお金に執着している金銭に汚いヤツと評したのは、彼が保役を多用して、アコギな金融業で儲けていたせいかも知れません。

そうでないなら、元々が金持ちな曹洪でも政府と癒着(ゆちゃく)するでもなくまた、自分の部曲を養いながら、

曹操の個人財産を上回る財産をどうやって築いていたのか、いささか疑問なのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 姜維 実は姜維は不本意な降伏をしていた?姜維を考察してみる
  2. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲 趙雲の一騎駆けとは?曹操軍のエリート部隊・虎豹騎をかわした漢
  3. 陳羣と曹丕 実は曹丕が友達いっぱいだったってホント!?
  4. 曹植 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…
  5. 五斗米道の教祖・張魯 張魯が漢中を占拠できたのは母のおかげだった?
  6. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!?
  7. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  8. 多様化が進む蜀の国 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の孔明
  2. 邪馬台国と魏軍の兵士
  3. 劉璋(りゅうしょう)
  4. キングダム52巻
  5. 徐晃と夏侯淵
  6. 関羽
  7. 孔明と司馬懿
  8. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」 キングダム54巻amazon
  2. 趙雲と劉備は固い絆で結ばれていた?義兄弟も嫉妬するほどの二人の絆を紹介 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  3. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 現実主義曹操
  4. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  5. 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる? 野球をする曹操と関羽と呂布
  6. キングダム最新609話ネタバレ「中華のうねり」レビュー考察 kawauso編集長

三國志雑学

  1. 環夫人
  2. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  3. 五虎大将軍の趙雲


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張遼 カカロットーーーー!
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 孔明による出師の表
  4. 戦死 霊柩車 槥
  5. 趙雲が人気の理由
  6. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達

おすすめ記事

【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは? 司馬遷(しばせん) 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念 鎌倉時代 服装 男女 鎌倉時代の平均寿命は?鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたの? 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良いの? 李斯 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの? 日本に目指さした孫権 文化の違いを理解すれば三国志がより分かる!日本と中国では、こういう所が大違い? 廖化 四龍将 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍 九品官人法を作った陳羣 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP