【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

2018年11月21日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹洪と曹操

 

曹操(そうそう)の一族で、その窮地(きゅうち)を何度も救った武将と言えば曹洪(そうこう)です。しかし、建国の功臣として称えられる一方で曹洪は曹操を上回る資産家でありおまけにケチで金銭に執着するという当時としては、あららな性格の持ち主でした。

 

曹丕にビビって意見を言えない家臣達

 

曹丕(そうひ)に借財を申し込まれて断ったという逸話がある事から、サイドビジネスとして金融業もやっていたのではないかと思われます。今回の三国志とお金は、三国時代のアコギな金融業について紹介します。

 

関連記事:三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは

関連記事:三国志演義が詳細に描く諸葛孔明の病状とはどんなモノ?

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



利子は元本の20%当時の金融業

五銖銭

 

後漢の時代、お金を借りた時の利子は年利20%でした。借りるモノは金銭に限らず、穀物や絹、帛、牛馬など色々ありましたが、それらの場合にも金銭換算で20%の金利が利子でした。現在の日本では利息制限法で、制限金利を元金10万円未満が年利20%10万円以上で100万円未満が年利18%、100万円未満だと年利15%です。

 

こうしてみると、思った程の暴利ではない感じがしますが、もちろん、こうした金利は社会情勢によって大きく上下していました。周の時代には、年利5%だったそうなので、商業が発展した事で金を借りる人が増えて、貸し手に有利になってきています。戦乱の三国志の時代には、利率に変動が起きてもっと高くなった可能性もあるでしょう。

 

 

 

踏み倒しを防ぐ恐怖の取り立て屋保役

桃園三兄弟

 

世間一般では金貸しが非難されがちですが、お金を貸す側にもリスクはあります。借りた側が借金を踏み倒すという事が後漢の時代でも起きていたのです。これでは、安定した営業が出来ないので、当時の金融業者は保役(ほやく)という借金取りを仲介に立て、手数料を支払い強引な借金取り立てを行いました。

 

この保役、当時は中流階層の子弟が請け負う事が多かったようです。おそらく強面か腕っぷしが強い連中で徒党を組み債務者の家に押し込んでいき「おう!借金の払いは今日までだぜ、いつまで待たせやがる」と時代劇さながらに脅しをかけながら返済を迫ったものと想像できます。

 

曹洪

 

曹洪にしても、自身が部下を差し向けて借金を取り立てると、体面に関わるので、このような保役を使ったのではないかと思います。曹丕の申し入れを拒否したのは回収できない場合、保役を差し向けて、強引に取り立てるのが難しいからではないでしょうか?

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志  

 

 

非常に人気があった保役

三国志のモブ

 

そして、この保役、後漢の時代とても人気があったそうです。

 

後漢初期の学者、桓譚(かんたん)の記録によると、

 

腕がいい保役は、その収入で諸侯並の暮らしが出来たので、世間の人は皆、それを羨んで田畑を耕さないで保役になりたがる

 

というような事を書いています。

 

腕がいい保役というのは、取り立てが上手い保役という事で、この仕事が歩合制であった事実を匂わせます。具体的な報酬についての記述はありませんが、年利20%という事は、その内の10%を支払っても十分儲けはありそうです。当時の1銭を穀物価格から換算して31円と仮定すると、10万銭を貸して年利20%なら2万銭の利子になり62万円の儲け、ここから10%の31万円を保役に支払っても十分なプラスでしょう。保役にしても、一件の債務を取り立てて、31万円もらえるなら、そりゃあ、希望者が多いだろうと思います。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

このような保役が人気商売になっているという事は、借金を支払わない、あるいは、支払えない人々が大勢いたのでしょう。前述の桓譚の記録では、当時の豪商は保役を家臣同様に扱い、やりたい放題だったとか・・曹操が曹洪をお金に執着している金銭に汚いヤツと評したのは、彼が保役を多用して、アコギな金融業で儲けていたせいかも知れません。

 

そうでないなら、元々が金持ちな曹洪でも政府と癒着(ゆちゃく)するでもなくまた、自分の部曲を養いながら、曹操の個人財産を上回る財産をどうやって築いていたのか、いささか疑問なのです。

 

関連記事:教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!

関連記事:横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?

 

赤壁の戦い

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-三国志の雑学
-,