法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

厳顔の最後はとっても○○だった!!

蜀の厳顔



厳顔

 

蜀の代表的な老将の一人・黄忠(こうちゅう)ではなく・・・・厳顔(げんがん)

黄忠の相棒として戦で活躍した人物ですが、彼の最後は一体どのような最後を迎えることになったのでしょうか。

今回は厳顔の最後に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

関連記事:103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

 

 

蜀の老将のシビれる最後とは!?「黄忠編」

黄忠

 

蜀の老将達はシビれる最期を迎えている人物が多数います。

例えば黄忠は三国志演義でシビれる最期を迎えています。

黄忠の最後は夷陵の戦いにおいてです。

 

彼は夷陵の戦いの時、劉備(りゅうび)にバカにされた事に怒り、部下数十人を引き連れて孫呉の陣へ突撃。

この時黄忠は孫呉の陣へ突撃し敵兵をバタバタとなぎ倒し、自分が老将でも活躍できることを証明します。

 

しかし黄忠は自分の陣営に帰るとき、孫呉の将軍が放った弓矢を受けてしまいますが、倒れることなく帰陣。

ですが黄忠はこの時受けた弓矢の傷が悪化して亡くなってしまいます。

最後に一花咲かせた黄忠の最後にシビれませんか。

 

 

蜀の老将のシビれる最後とは!?「廖化編」

廖化

 

黄忠だけでは物足りない方へもう一人紹介しましょう。

その人物の名前は廖化(りょうか)です。

彼は関羽(かんう)の部下として仕えていましたが、関羽死後孫呉に降伏。

しかし廖化は孫呉に仕える自分を許せず、老いた母を連れて荊州から逃亡します。

 

その後廖化は夷陵の戦いに出陣していた劉備と合流し、そのまま蜀へ復帰し、孔明(こうめい)の北伐戦に参加して幾度も戦功を上げていました。

廖化は孔明死後も姜維(きょうい)の北伐戦に参加して勲功を挙げ、歴戦の将軍として蜀軍の中で重きをなしていきます。

 

更に廖化は蜀と魏の最終決戦である剣閣(けんかく)の戦いにも参加し、蜀軍が滅亡するまで蜀のために戦い続けるのでした。

蜀滅亡後廖化は力尽きたのか洛陽へ向かう途中に亡くなってしまうのでした。

 

この時廖化は70歳をいくつか過ぎていたようです

蜀のためにその身を捧げた廖化。

彼の最後にシビれる読者は多いと思います。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

厳顔も彼らと同じようにシビれる最期を迎えたのか??

 

上記で蜀の老将達の最期を紹介しましたが、厳顔も彼らと同じような最期を迎えたのでしょうか。

正史三国志や他の歴史書を調べてみました。

すると厳顔の最後はなんと記載されていません

厳顔の最後が記載されていないどころか彼の活躍しているシーンすら見当たりませんでした。

では厳顔はどのような最期を迎えたのか。

ここからは厳顔の最後が正史三国志や他の歴史書に記載されていないため推測になってしまいます。

 

「厳顔の最後」をレンが推測してみたよ

 

厳顔はどのような最後を迎えたのかレンが推測してみました。

レンは厳顔が歴史書に活躍や最後が描かれていないところを考え、張飛(ちょうひ)に降伏した後、戦いから身を引き静かな余生を過ごしたのではないのでしょう

か。

このように考えるのであれば、正史三国志や他の歴史書に彼の名前が載っていないと考えることが出来るのですが、みなさんはどのように思いますか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は厳顔の最後について紹介させていただきました。

厳顔の死が描かれていないという事は、レンの想像通り、張飛に降伏した後、官職を貰わずにそのまま引退し、穏やかな死に方を

厳顔がしたのかもしれません。

また厳顔は張飛に降伏した後、数十日後に疫病にかかってしまい苦しんで亡くなったのかもしれません。

このように厳顔の死が歴史書に描かれていないと言うことは、三国志の読み手が色々な想像を膨らませてしまってもいいと言うことでは

ないのでしょうか。

 

みなさんは厳顔が穏やかに亡くなったと思いますか。

それとも疫病にかかって苦しんで亡くなったと思いますか。

このように色々な妄想を膨らませるのも三国志や他の時代の歴史を楽しむひとつの方法かもしれませんね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする

関連記事:張飛はどんな性格をしてたの?豪傑の性格に迫る

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は
  2. 五虎大将軍の関羽 【関羽の北伐】麋芳、士仁はなぜ関羽に嫌われてたの?
  3. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  4. キレる劉備になだめる黄権 馬謖はもしかしたら劉備に嫌われていた【黒田レンの推測】
  5. 孔融と曹操 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる
  6. 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの…
  7. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  8. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 宦官たち 
  2. 汗血馬を手に入れる李広利
  3. 司馬朗と司馬防
  4. 孔明
  5. 龐統
  6. 三条実美

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜の功績って一体何があるの!? 大政奉還した徳川慶喜
  2. 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀 明智光秀 麒麟がくる
  3. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  4. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった
  5. 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所! 曹仁と曹操
  6. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった! 美女を集めた曹叡

三國志雑学

  1. 城 銅雀台
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 旅 バイク
  2. 甘寧に殺されかける料理人
  3. 織田信長
  4. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  5. 吉田松陰(極悪顔)

おすすめ記事

【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考) 王平は四龍将 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう! 旅馬 三国志 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP