ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?

三国志ライター よかミカンさん


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蒼天航路

 

蒼天航路」は三国志曹操(そうそう)を主人公とした漫画で、青年向け漫画雑誌「モーニング」で1994年から2005年まで連載されました。

連載が開始された1994年は、筑摩書房の正史三国志(歴史書)が文庫化されてからわずか二年。

三国志演義(歴史物語小説)を元にして作られたNHK人形劇「三国志」の記憶も新しく、人々には「劉備(りゅうび)善玉・曹操悪玉」という三国志演義ベースの

三国志観が浸透していた時代です。

 

そんな時代に正史の要素を大幅に盛り込み、曹操をかっこよく描いた「蒼天航路」は、まさに革命的な漫画だったはずです。

蒼天航路」に衝撃を受けて、今まで読んでいた三国志演義はなんてくだらない小説だったのかと思ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょう

か。

そこで本日は、三国志演義も書かれた当時は革命的な作品だったんです、というお話です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義

関連記事:蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない

 


 

「蒼天航路」のスタンス

「蒼天航路」のスタンス

 

「蒼天航路」が正史準拠作品であると言われることがあるようですが、正史準拠ではありません

「蒼天航路」は、王欣太(きんぐごんた)さんが李學仁(イ・ハギン)さんの原作・原案を始めとしてさまざまな三国志の物語や歴史書を参照しながら独自の世界観で書き上げた、

フィクション要素のある三国志漫画です。

 

世の中が三国志演義に染まっていた時代だったので、正史の要素が加わっただけで「正史寄りだよ!」「正史だと!?」ザワザワ……って、なって、

「正史準拠」という誤解が広まったのだろうと思います。

「蒼天航路」では曹操はもちろん、劉備諸葛亮(しょかつりょう)の人物像も三国志演義と全く違っていますので、王欣太さんは三国志演義に対しては、

こんなのが三国志だと思ったら間違いなんだよ、

というような気持ちがあったのではないでしょうか。

 

世の中に広まっている、歴史書とはかけ離れた三国志物語に対して、正史寄りの観点から新たな三国志を提示したのだろうと思います。

もっとも、三国志演義の要素も王欣太さんの邪魔にならないものは残っており、見ようによっては、三国志演義をベースにして正史によって

マイナーチェンジを加えた作品と言うこともできます。

王欣太さんの魂がこもっているので、正史とも演義ともちがうネオ三国志というのが最も正確でしょう

 


 

三国志演義の先行作品「三国志平話

桃園三兄弟の劉備と張飛と関羽

 

三国志演義は、正史とはかけ離れた荒唐無稽なファンタジー小説のようにも見えてしまうのですが、三国志演義が書かれた当時は、

三国志演義こそが、既存の荒唐無稽な三国志観を覆す革命的な作品でした

 

三国志演義には「三国志平話」という先行作品がありますが、そこでは劉備が宋の時代の山賊の親玉そのものの人物像で

全く三国時代人っぽくなかったり、諸葛亮が仙人だったりして、こんなのが三国志なはずない! と叫びたくなるほど、ものすごくはちゃめちゃです。

 

当時はそうした三国志物語が主流で、それを史実だと思う人も多く、その風潮に対して正史三国志を知っているような知識人は

苦々しく思っていました。

そこで、巷の三国志物語に対し、正史三国志を始めとしたいくつもの歴史書によって考証を加え、誤りを正し、荒唐無稽要素を削り、物語としての

面白さを残しつつ知識人が読むに耐える読み物にまでブラッシュアップさせて成立したのが、三国志演義です。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

三国志演義のスタンス

三国志演義のスタンス

 

先ほど「蒼天航路」について、下記のように書きました。

 

世の中に広まっている、歴史書とはかけ離れた三国志物語に対して、

正史寄りの観点から新たな三国志を提示した

 

このスタンスは、三国志演義にもそのまま当てはまります。

「蒼天航路」が既存の「劉備善玉・曹操悪玉」という三国志観に革命を起こしたように、三国志演義は、既存の「任侠の親分と子分がヒーロー」という

三国志観に革命を起こしました。

 

「三国志平話」では山賊の親玉のようだった劉備を、三国志演義は「仁徳の君子」に改造し、「三国志平話」で影の薄かった関羽を「義の人」として

描き、諸葛亮を「忠臣」としてクローズアップし、当時の儒教的価値観に基づく新たなヒーロー像を提示したのです。

 

この三国志演義は、出た当時は衝撃的だったはずです。

“三国志って張飛(ちょうひ)兄貴が大暴れするのを見て拍手喝采するだけの話だと思っていたら、本当はこんな話だったのね! 今まで読んでいた三国志は

なんだったの!?正史にも基づいていないし、はちゃめちゃじゃない!”


  

 

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

既存の三国志物語に対し、正史の観点を持ち込み、新たなヒーロー像を提示して三国志に革命を起こしたという点では、

「蒼天航路」と三国志演義は全く同じではないでしょうか。

また、100%正史準拠ではなく、既存の物語世界をほどよく利用しながら書かれている点でも全く同じです。

 

「蒼天航路」を知ってしまうと、三国志演義っていうのはずいぶん荒唐無稽な小説だなと思う方もおられるかと思いますが、

三国志演義だって正史要素満載のすっごい作品なのです。

ぜひ温かい目で読んでいただきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路では王?正史三国志よりも活躍していた夏侯淵をご紹介

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 


 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 法正 法正が存命していたら陸遜は夷陵戦で敗北していた?
  2. 魏延と姜維 姜維と魏延性格は真反対だけど似ている所があった!!
  3. 裴松之(歴史作家) 裴松之とは何をした人なの?三国志を愉快に描いた歴史作家の想い
  4. 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  5. 龐統 ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  6. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  7. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労が原因で本当に亡くなったの?
  8. 呉の小覇王・孫策 孫策の息子・孫紹が不憫だった!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 伊藤博文
  2. 本当は蜀と同名を結びたい孫権
  3. 種子島を目指す衛温
  4. オカルト小説を書いている曹丕
  5. 朱然
  6. 真田丸

おすすめ記事

  1. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった! 王翦
  2. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 魏延からの提案を却下する孔明
  3. 宣帝とはどんな人?刑務所で育った前漢中興の祖の数奇な人生 玄宗皇帝
  4. 麴義はどんな人?アンビリバボー八百の兵で白馬義従1万を破った英傑 朝まで三国志の公孫瓚
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 袁紹を説得しようとする沮授
  6. 司馬懿は優秀な忠義の人?それとも信頼できない野心家であった? 司馬懿

三國志雑学

  1. 于吉と張角
  2. 周瑜と孫策


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ボロボロになった馬超
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 蒋琬と姜維と王平
  5. 孔明による出師の表
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. キングダム55巻

おすすめ記事

【真田丸特集】バツイチ女性が好きだった曹操と家康! 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介 和宮とはどんな人結構頑固で家茂ラブな皇女 難斗米(なしめ) 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る 貂蝉 中国四大美女のひとり貂蝉 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説 蜀の魏延 魏延は名将・韓信と同じ天才的な戦術眼を持っていた??

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP