ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は?

次第に巨大化していく黒山賊と張燕3


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

張燕

 

今回は黒山賊という山賊を率いた張燕(ちょうえん)について取り上げます。

 

最初に、張燕について取り上げます。

100万人の山賊を集めると独立国家を立ち上げたいという欲望がありますが、張燕は独立ではなく帰順することを選びます。

なぜ帰順を選んだのか。

黒山賊を率いた張燕の狙いについて取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)

関連記事:張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕

 


 

張燕とは?

張燕とは

 

張燕とは中国後漢末期の武将です。

黒山賊(こくざんぞく)(黒山軍)という100万の山賊や罪人などを率いた頭領として知られています。

当時、184年に黄巾の乱が起こりましたが、黄巾の乱の数を上回っていたと言われています。

 

張燕の出自について貧しかったと言われています。

黄巾の乱が起きると、張燕は便乗して不良少年千人とともに略奪行為を繰り返しました。

 

張燕は略奪行為の動きが素早く、勇敢であったことからたちまち人望を集めていきます。

人望を集めたことで、仲間が1万人まで増えました。

 

その後、張燕は略奪を頻繁に繰り返すとともに各地で蜂起した山賊らを一本にまとめるように動きます。

皇帝の軍が黒山賊に向けられるか分からないという脅威に対抗するために大同団結で窮地に備えようとしました。

その結果、黒山賊に従う山賊が100万人にも上りました

 


 

霊帝の討伐軍vs黒山賊

霊帝

 

張燕は100万人の山賊を率いたのを知ると、当時の皇帝は看過することができません。

皇帝の霊帝(れいてい)は討伐軍を送り込みます。

結果、数で上回る張燕が霊帝の討伐軍に圧勝しました。

 

霊帝の軍に圧勝すると独立国家の建国を考えますが、張燕は霊帝に帰順する決意を固めました

張燕が霊帝に従うと、黒山賊の大将である張燕を平難(へいなん)中郎将に任命しました。

 

平難中郎将は有能な人材を推挙できる立場にあり、張燕は実質的に領地を支配することを認められました。

張燕は年貢を徴収できる立場にまで出世することができました。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

後漢の衰退と張燕

呂布vs張燕

呂布&張燕

 

張燕は霊帝の下で領地を支配する立場に出世しましたが、後漢の首都洛陽は董卓(とうたく)に侵入され、滅亡状態になりました。

張燕は後漢の窮地を打開するために、献帝(けんてい)を擁立した董卓と北方の公孫瓚(こうそんさん)との両者で同盟を結びます。

一方で、袁紹(えんしょう)とは戦います。

 

しかし、張燕にとって想定外のことが起こりました

公孫瓚が敗戦を続け、勢力を巻き返すことができません。

やがて、袁紹は黒山賊の討伐に向かいます。

 

袁紹は黒山賊の討伐に失敗しましたが、呂布(りょふ)に黒山賊の討伐を命じると突撃を繰り返しました。

呂布の討伐により黒山賊は呂布を恐れて逃げ出しました。

呂布は黒山賊を討伐することに成功しました。


 

黒山賊・崩壊後の張燕

曹操

曹操

 

黒山賊が崩壊すると、張燕は逃亡生活を送っていました。

 

袁紹が病死したことを知ると、曹操(そうそう)に帰順することを決めました

曹操は張燕の帰順を受け入れました。


  

 

 

三国志ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライターオフィス樋口の独り言

 

張燕が100万人の山賊を集めて霊帝の討伐軍に勝ったにもかかわらず、独立ではなく帰順することを決めたことについて取り上げました。

これまでの歴史の傾向を見ると、反乱軍が国を支配したとしてもすぐに滅びる事例が多く見られます。

張燕はこのような歴史的事例を根拠に独立ではなく帰順を選んだのかもしれません。

 

黒山賊は小さな山賊を結集させた軍であることから、張燕は烏合の衆という印象を受けたのかもしれません。

呂布の討伐によって黒山賊の兵士は一目散に逃亡しました。

兵士が逃亡したことにより黒山賊は崩壊しましたが、張燕は戦いが不利になると一目散に逃げ出すことを予想していたのかもしれません。

 

張燕については黄巾の乱と比較すると時勢を見る目があると評価する人がいるかもしれませんが、霊帝に帰順したときに行った政治に

注目したいと思います。

具体的には、張燕が霊帝に帰順したときに、黒山賊が反乱を起こした動機と目的を達成できたのかどうか注目したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝

関連記事:【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか?

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  2. 三国志 居酒屋 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  3. 黄忠 キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  4. 陸遜 陸遜の人柄は地元の民間説話でも高評価!完全無欠の性格の良さが滲み…
  5. 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考)
  6. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  7. 呂布に従う陳宮 陳宮ってどんな人柄なんですか?正史『三国志』をもとに人柄を考察
  8. 劉備と曹操 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 村田新八
  3. 曹仁
  4. 華雄と呂布
  5. 周瑜はナルシスト
  6. おんな城主 直虎

おすすめ記事

  1. 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 孔明
  3. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2 劉禅
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察 袁紹VS袁術(犬猿)
  5. 馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに検証させてください! 馬超の兜にフォーカス
  6. 華雄は関羽のかませドッグだった!? 華雄と呂布

三國志雑学

  1. 宦官
  2. 陸遜 剣と刀
  3. 魯粛
  4. 生徒に勉強を教える盧植


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. パンドラの箱 漢王朝
  2. 劉邦と張良と陳平
  3. 曹植
  4. 孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育
  5. バジオウ
  6. 周瑜に憧れる袁術
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

曹純 曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績を紹介 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの? 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか? 皇帝いっぱい 三国時代に乱立した皇帝…そもそも皇帝ってどんな人? 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【PR】あなたと旅する三国志 西郷従道 幕末 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP