魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の曹丕様の初登場シーンが怖すぎる

曹丕




曹丕

 

魏の文帝(ぶんてい)曹丕(そうひ)

弟の曹植(そうしょく)をいじめたエピソードが残っているためか、

なんとなく陰惨なイメージがつきまとう曹丕様ですが、

三国志演義曹丕様の初登場シーンがこれまたおっかないです。

陰惨イメージの元凶は三国志演義かもしれませんね……。

ということで、さっそく初登場シーンを見てみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦

関連記事:曹丕のグルメエピソードがまたひとつ鍾繇が送った五熟鍋とは?

 

 

曹操の鄴攻略戦に従軍

撃剣を使う曹丕

 

建安9年(西暦204)、曹操(そうそう)袁尚(えんしょう)の根拠地である鄴を攻めました。

このとき、十八歳だった曹丕は曹操に従軍していました。

鄴が陥落し、最後まで頑強に抵抗していた袁氏側の人物たちが捕らえられ

処断されるという厳粛なシーンの後に、おもむろに曹丕の人物紹介が始まります。

 

曹操の長男・曹丕は、あざなを子桓といい、このとき十八歳であった。

生れた時に青紫色の雲気がただよい、

馬車の車蓋のような円い形になって建物にかぶさり、終日散らなかった。

吉凶占いの者がひそかに曹操にこう告げた。

「これは天子の気です。ご令息はこのうえもなく貴いお方となられましょう」

 

どんな占い師なんですかね。へつらい者ですか。さて人物紹介の続き↓

 

 

曹丕は八歳で上手に文章を書くことができ、

才気すぐれ、ひろく古今に通じ、馬術と弓が上手で剣術を好んだ。

 

ゆくゆくは帝王になるという貴いきざしがあり、天才児だったんですね。あっそ。はいはい。

 

 

なぜだか屋敷を襲撃

残忍な曹丕

 

上に書いた人物紹介はべつにおっかなくありません。怖くなるのはここからです。

鄴が陥落した時、曹丕はおともの兵をひきつれて城内に入り、

袁紹(えんしょう)の屋敷の前で馬を下りて剣を抜き、屋敷に入ろうとします。一人の将校がそれを遮りました。

袁紹の屋敷に入ってはならぬという丞相(曹操)のご命令です」

曹丕はこれを叱りつけて下がらせ、剣をひっさげて後堂に入って行きました。

 

法治主義者・曹操の息子としてこの行動は大丈夫なのか心配です。

それと、後堂といえば家主のプライベートな空間で、奥さんとかが住む場所じゃないですか?

なぜそんなところをまっしぐらに目指して行くんだか。

さて、このあとの描写

 

剣をひっさげて後堂に入ると、二人の婦人が抱き合って声をあげて泣いている。

曹丕は進み出てこれを殺そうとした。

 

こっ、怖い!

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

俺様がいただいてやる、ありがたく思え

魏の皇帝になった曹丕

 

ズカズカとプライベート空間に踏み込んで、

泣いている女性をいきなり殺そうとするなんて、怖いですねぇ……。さて、続き↓

 

 

剣を抜いてこれを斬ろうとすると、とつぜん赤い光が目の前に広がった。

 

 

わぉ、スピリチュアル!

 

 

そこで剣をひかえて尋ねた。

「お前は何者だ」

一人の婦人が答えた。

「私は袁将軍(袁紹)の妻の(りゅう)氏です」

曹丕は言う。

「この女は誰だ」

 

 

あんたのことを聞いたんじゃないよ、ばあさん。って感じですね。

 

 

劉氏はこう答えた。

「この人は次男・袁熙(えんき)の妻の甄氏です。袁熙は幽州におもむいていますが、

(しん)氏は遠くへ行きたがらずここにとどまっているのです」

曹丕がこの女を近くに引きずり寄せて見ると、髪は乱れて顔は垢まみれである。

 

 

引きずり寄せたんですって。乱暴者。

 

 

曹丕がその顔を袖でぬぐってみると、甄氏は玉の肌に花のかんばせ、

国を傾けるほどの色香である。そこで劉氏に言った。

「私は曹丞相の息子である。お前の家を保ってやろう。心配はいらぬ」

そうして剣をたずさえ堂上にどっかりと座りこんだ。

 

 

この女は俺のものだ、って上座にどっかりと座ったのでしょう。

保護するだけなら室外で見張っていればいいんです。

バッチイ女だなと思って顔をゴシゴシやってみたら美人だったから、

俺様がいただいてやる、ありがたく思え、っていう態度をとったんですね。

どんだけ横暴なんですか曹丕様。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

この初登場シーンは、あまりにも荒々しくて横暴です。

おっかないばっかの人ですね。

ずっと剣を手放しませんし、「引きずり寄せて」なんていう動作もひどいです。

こんな書かれ方では曹丕様のイメージが悪くなるのももっともですね。トホホ……。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく!

関連記事:【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 曹操の墓 そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 魏を破る朱然 徐盛と朱然は名将なのにマイナーな武将だった!?
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 遷都とは?中国の皇帝はイメチェン好き!遷都のメリット・デメリット…
  5. 最弱武将と対峙する張飛 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  6. 怒る孔明 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  7. 陳蘭 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  8. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. 周瑜 死
  5. 劉備孔明と出会う?

おすすめ記事

  1. 天下布武の安土城!織田信長はなぜ安土城を建てたのか? セミナリオ(教会)
  2. 蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!? 三国志ライター よかミカンさん
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  4. 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 呉の小覇王・孫策
  5. 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  6. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

三國志雑学

  1. 魯粛と周瑜
  2. 呉蜀赤壁の戦い
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  2. 楊貴妃
  3. 三国志 象兵
  4. 樊噲 樊カイ(はんかい)
  5. 袁紹モグラ作戦
  6. おんな城主 直虎

おすすめ記事

曹丕 曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく! 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! はじめての三国志 画像準備中 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】 過労死する諸葛孔明 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介 丸木舟(弥生時代) 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 黒船(ミシシッピ号) 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP