呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫堅は三国志の○○だったのか?

海賊時代の孫堅




三国志ライター黒田レン

 

黒田レンの○○シリーズ!!

黒田レンの記事にはたまにタイトルに○○が入っている時がありますが、今回の○○は英雄という文字が入ります。

孫堅(そんけん)が活躍した時代は三国志の初期の頃なのはみなさん知っていると思います。

この頃の曹操(そうそう)劉備(りゅうび)はまだあまり活躍をしていませんでしたが、孫堅だけはずば抜けて天下にその名を轟かせていました。

しかし孫堅は英雄たる素質を持っていたのでしょうか。

今回は孫堅が英雄たる人物だったのか調べてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる

関連記事:「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権

 

 

英雄の定義とは!?

呉の孫堅

 

孫堅が英雄たり得る人物だったかを紹介する前に英雄の定義とは一体何なのでしょうか。

皆さんの英雄の定義はなんですか。

カリスマ性があり、頭が良くて、国家を建設したりですか。

それともカッコよくて、強い人物でしょうか。

はじめての三国志』の読者には色々と英雄の定義を持っている方がいらっしゃると思います。

 

その中で黒田レンの英雄の定義は戦に強く、世間に名前が知られている事を英雄の定義にし、

この二つに孫堅が当てはまるかどうかで英雄だったのか調べてみたいと思います。

 

 

【英雄の定義その1】孫堅は戦に強かったのか??

海賊を討伐する孫堅

 

英雄の定義その1として孫堅は戦に強かったのでしょうか。

この点は間違えなく孫堅が戦の強い人物で、この定義に当てはまると思います。

孫堅は戦にめっぽう強い人物で、董卓(とうたく)討伐戦の時に彼の戦の強さが発揮されることになります。

 

孫堅は董卓軍の中でも優れた将軍の一人である華雄を討ち取ることに成功し、董卓の本拠地であった洛陽近辺にまで一気に進出することになります。

董卓は孫堅軍の勇猛さに驚き恐れ、洛陽から長安へと撤退することになるのです。

 

董卓を討伐しようとして結成された反董卓連合軍の誰も洛陽の近くに進出することができなかった事を考えれば、孫堅がどれだけ戦に強い武将だったのかわかると思います。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

【英雄の定義その2】孫堅は天下に名前を知られていたの??

孫堅、孫賁

 

英雄の定義その2としては孫堅が天下に名前を知られていたのかです。

この点も孫堅は英雄の定義に当てはまる人物だったと思います。

孫堅は反董卓連合軍の中で董卓を単独で追い詰め、董卓を洛陽から去らせることになった要因を作ります。

このことがきっかけで天下に孫堅が勇猛果敢な武将として名前が知れ渡ることになります。

 

孫堅は英雄たる人物であった

亡くなる孫堅

 

孫堅は黒田レンの【英雄の定義】に両方とも当てはまっており、英雄たる人物だったのではないのでしょうか。

しかし孫堅は英雄たる人物であっても寿命に恵まれませんでした。

孫堅は袁術から劉表(りゅうひょう)討伐を命じられると、劉表の居城・襄陽を包囲して追い詰めます。

しかし孫堅は単騎で襄陽郊外の峴山(けんざん)という場所を通行中に劉表軍の攻撃を受けて亡くなってしまいます。

 

どうして単騎で孫堅がこのような場所を通行していたのか知りませんが、もしこの時に孫堅が討ち死にしなければ、孫堅の勢力はかなり大きくなり、袁家の兄弟に匹敵するほどの勢力を築くことができたでしょう。

そして孫堅が袁家兄弟の勢力に匹敵するほどの勢力を確保することができれば、三国志の歴史はかなり違った方向へ動いたのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

英雄と呼ばれた曹操劉備も大勢力を築く前に色々な失敗を犯しています。

しかし孫堅は董卓討伐戦までに大きな失敗や敗戦をあまり経験したことがありませんでした。

もし孫堅が董卓討伐戦前もしくは董卓討伐戦において、戦いで敗北している経験を持っていれば、劉表軍の攻撃を受けるような不用意な事をしなかったのではないのでしょうか。

孫堅が敗北の経験を持っていなかった事だけが唯一の失敗だったとレンは思います。

 

■参考文献 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権の妃達は地味な上にあまり幸福ではなかったって本当?

関連記事:孫権が暴露!蜀は孔明の国だった

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 司馬懿 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった…
  2. 張コウ 張郃 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!?
  3. 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情
  4. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 公孫瓚の易京城はどんな城?
  5. 孫権の髭 はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  6. 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  7. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国…
  8. 袁術と劉繇 【男の嫉妬は怖すぎる】スーパーエリート袁術 VS スター劉繇(り…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. キングダム
  3. 董卓
  4. 五虎大将軍の趙雲
  5. 蜀の魏延
  6. 劉備
  7. 呂不韋

おすすめ記事

  1. 呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が動いた! 赤兎馬にまたがる呂布
  2. 織田信長の口癖は「~であった」尾張弁など分かりやすく解説 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  3. 【大三国志 攻略11】ついにLv6の城を攻略!Lv7の城はいけるのか!?
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  5. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたくありません!
  6. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ? 馬超と韓遂

三國志雑学

  1. 曹操と機密保持
  2. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  3. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  4. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  5. 夷陵の戦いで負ける劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 羌瘣
  3. 王基に感謝する司馬昭
  4. 王騎 キングダム
  5. 呂玲綺

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」 関羽 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 武田騎馬軍団 馬場信春 戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触 陸遜 陸遜の生涯を年齢で追ってみよう! 徐庶 【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった? 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム? 東京五輪のボランティア いだてん 東京五輪、ボランティアの条件とは?話題の「やりがい搾取」も紹介 ヘソにろうそくを刺される董卓 呂布が董卓を暗殺した理由は長安遷都が原因だった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP