呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

孫策は周瑜と○○だったのか!?

周瑜と孫策




呉の小覇王・孫策

 

江東の小覇王として孫呉の礎を築いた孫策(そんさく)

そして孫策の親友として知られる周瑜(しゅうゆ)

 

二人の結びつきの強さは断金の交わりとしても知られる程、特別な関係でした。

しかしどうして二人の関係はそれほど特別だったのでしょうか。

そこには○○の秘密があったのです。

さて今回の○○には何が入るのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説

関連記事:周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった

 

 

今回の○○はこれだ!!

三国志ライター黒田レン

 

黒田レンの○○シリーズ!!

これは黒田レンがタイトルに○○を入れている記事からは始まったシリーズですが、今回の○○にはいったい何が入るのでしょうか。

 

それは血のつながりがあったからです。

え!?孫策周瑜には血のつながりが本当にあったのでしょうか!?

 

 

「江表伝」に記載されている事実!!

呉の周瑜、孫策、程普

 

正史三国志周瑜伝に二人には血のつながりがあるとの記載があります。

孫策は江東をあらかた制圧した後、親友である周瑜に豪壮な家を与え、いっぱい贈り物を送って、

その贈り物の多さは孫呉の臣下の中でも類を見ないほどだったそうです。

 

更に孫策は周瑜に書状を与えた時「周瑜は英才であり、俺とは血のつながりのある幼なじみだ!!」と記載してあり、二人が血縁関係にあったことを匂わせているのです!!

 

kawauso編集長
kawa註:孫策が周瑜に与えた書状って?

孫策が周瑜に与えた書状は江表伝にあり以下の内容です

周公瑾は英儁異才であり、私とは元服以前からの交流で

骨肉を分かつ関係である。

前に丹楊にあった頃、軍糧及び兵船を発して大事を遂げ

その徳を論じ功績を報いたが、周瑜の功に報いるに

これでは足りなかったので、さらに報いるのである

黒田レンは、この骨肉を分つという部分を血縁と

考えているようです。

単純に考えると、大喬小喬の姉妹を妻にしているから

骨肉であると考えがちですが、この書状が出たのは、

皖を攻略して大喬小喬を得る前のようです。

じゃあ、骨肉とは何を意味するのか、大袈裟にそう言って

リップサービスをしただけなのか?

異論・反論のある方メッセージを下さい。

 

時空を越えた最強の将軍対決
呂布対項羽

 

血縁関係を匂わせる周瑜の行動

周瑜と孫策

 

孫策と周瑜の関係性は確かに血縁関係があってもおかしくない結びつきの強さがあります。

更に周瑜の行動が孫策との血縁関係を匂わせるある事をしているのです。

孫策は周瑜から周家が持っていた大きな屋敷を与えられています。

いくら周瑜が孫策の親友だったとしても、家をあげるなんてありえないと思いませんか。

 

でも孫策と周瑜が血縁関係にあると仮定するのであれば、周瑜が血縁関係にある孫策へ家をあげても別に不自然ではありません。

また周瑜は孫策へ家をあげた後、孫策の母親にいつもご機嫌伺いをしていたそうです。

この周瑜の行動も普通の親友であれば、こんなことをしないはずですが、血縁関係にあれば、周瑜の行動にも説明がつくと思いませんか。

 

呉夫人の言葉

呉夫人

 

更にもう一つ孫策と周瑜に血縁関係があったことを匂わせる記載があります。

これもまた正史三国志に記載している記述なのですが、孫権が孫策の死後、跡を継ぎます。

その後孫権はあることで孫権の母・呉夫人の所に意見を聞くため、周瑜一人だけを連れて一緒に向かいます。

その席で周瑜は呉夫人の前で孫権に色々と意見を述べます。

 

その後呉夫人は孫権へ「周瑜殿の意見が一番まっとうな意見だと思いますよ。なんせ策と同い年で私はわが子のように思っていますから」と述べています。

普通に考えれば呉夫人は周瑜が自分の子のように思っていると考えるのがベストでしょう。

 

しかし上記でも記しましたが、周瑜が孫策に施した数々の行いや孫策が周瑜に対して特別な扱いした出来事を考えれば、呉夫人の「わが子のようにおもっていますから」の言葉も素直にそのまま受け取っても別に何ら不思議ではありません。

果たして呉夫人が孫権に述べた言葉どういった意味を含んでいたのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫堅の家系図には周瑜の名前が一切入っていない為、普通に考えれば周瑜が孫家の親戚である可能性は少ないと思われます。

しかし孫家は元々役人を行っていた家柄で、周家と関係があったのかもしれません。

 

またもしかしたら家系図に記載されていない所で、孫家と周家が後漢王朝中期のどこかで交わるような事があれば、

周瑜と孫策にも血のつながりがあってもおかしくないと思いませんか。

 

三国志の時代はまだ全貌が解明されたわけではないので、確定的な事がいえる事柄と言えない事柄あり、

孫策と周瑜の血縁関係がある可能性もゼロだと断定することはできないでしょう。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期

関連記事:彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…
  2. 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  4. 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人…
  5. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 脾肉の嘆とは?劉備激白!「8年で20キロ太りました」
  6. シリア 関羽 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』
  7. 項翼(こうよく)は実在した?彼は項羽の父なのか?【キングダム考察…
  8. 孟獲 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 華陀と麻沸散
  2. 三国志 歴史
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん
  5. 関羽の死
  6. 董卓

おすすめ記事

  1. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  3. どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯 陳宮
  4. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  5. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  6. 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗殺者 はじめての三国志 画像準備中

三國志雑学

  1. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  2. 荀彧
  3. kawauso編集長
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超の仲間入り
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 李斯
  4. 張角と通じていた宦官
  5. 昭襄王

おすすめ記事

孔明 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 曹芳 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!! 【はじめてのスキッパーキ】スキッパーキって、どんな犬なの?【第1話】 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年9月22日〜29日) 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました キングダム 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP