太史慈と孫策の関係とは?呉を代表する主従に迫る!

2022年2月6日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呉の小覇王・孫策

 

父の地盤を継ぎ、一代で呉をほぼ築き上げた英雄・孫策(そんさく)。そんな孫策と始めは敵対しながらも、孫策を支えた名将・太史慈(たいしじ)。今回の記事ではこの2人の関係に迫っていきたいと思います。

 

 

孫策の前半生

孫堅(37)の自慢の息子たち 孫策(17)、孫権(10)

 

孫策は揚州呉郡(ようしゅうごぐん)の出身であり、後漢末の群雄の一人であった孫堅(そんけん)の子として生まれました。孫堅は黄巾(こうきん)の乱や董卓(とうたく)との戦いで功績をあげ、豫州刺史(よしゅうしし)にまで出世しました。

 

孫堅逝く

 

その後、孫堅は袁術(えんじゅつ)と手を組んで揚州や荊州(けいしゅう)を攻めましたが、荊州の劉表(りゅうひょう)との戦いの中で戦死してしまいます。孫堅を失った孫家は没落し、孫策は袁術に服属します。孫策は袁術の下でその軍才を開花させ、袁術軍の中でも際立った活躍をみせるようになります。そんな中、袁術は揚州の支配を狙って揚州刺史の劉繇(りゅうよう)と対立し、孫策は袁術の命を受けて劉繇と戦うことになります。

 

張昭、孫権、孫策、周瑜

 

この時には、張昭(ちょうしょう)張紘(ちょうこう)程普(ていふ)といった重臣たちのほか、孫策の盟友にして軍師である周瑜(しゅうゆ)が合流しており、孫策は着々とその勢力を蓄えていったのです。

 

関連記事:孫堅と孫権って同じ読みだけど何で?世襲制なの?

関連記事:【悲報】韓当の手柄は孫堅に奪われていた!その理由は?

 

呉の武将

 

 

 

太史慈の前半生

太史慈

 

太史慈は青州東莱郡(せいしゅうとうらいぐん)の出身であり、元々は地元の郡役人を務めていました。ある時、郡と州がもめた際、太史慈は郡に有利な解決に導きましたが、これがきっかけで州政府から目をつけられ、青州から一時幽州(ゆうしゅう)に逃亡します。

 

腐れ儒者気質な孔融

 

この時、残された太史慈の母を助けたのが北海郡太守にして、孔子(こうし)の子孫としても名高い孔融(こうゆう)でした。太史慈は母を助けてくれた孔融に恩義を感じ、孔融が黄巾賊の残党に攻められた際には、太史慈は劉備(りゅうび)のもとに救援を伝える使者の役目を命がけで果たし、孔融の危機を救います。

 

その後、孔融のもとを去った太史慈は揚州の劉繇に仕官します。劉繇は太史慈をあまり重用しなかったようでしたが、まさに太史慈が劉繇に仕えていた時、孫策が攻めてきました。そこで、太史慈は劉繇の部将として孫策を迎えうち、両者はついに相まみえたのでした。

 

関連記事:曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

関連記事:孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛

 

春秋左氏伝

 

 

太史慈と孫策の一騎打ち

韓当(かんとう)

 

孫策が劉繇と戦っていたある日、孫策は韓当(かんとう)黄蓋(こうがい)ら少数の部下と共に偵察を行っていました。そんな時、孫策たちは偶然にも同じく偵察を行っていた太史慈と出くわしてしまいます。

 

一騎打ちをする太史慈と孫策

 

血気盛んな孫策と太史慈はすぐさま一騎打ちをはじめます。孫策と太史慈の力は互角で、孫策が太史慈の馬を刺し、太史慈の手戟を奪うと、太史慈も孫策の兜を奪い取るといった具合で、両者の一騎打ちは激しいものでした。

 

これを見た孫策の部下たちは、主の孫策を救うべく両者の間に割って入り、これによって孫策と太史慈の一騎打ちは引き分けに終わりました。

 

関連記事:黄蓋が三国志時代を作り出すきっかけを作った!?

関連記事:黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは?

 

一騎打ち

 

 

孫策、太史慈を帰順させる

呉の勢力を率いる孫策

 

その後、孫策と劉繇の戦いは孫策の勝利に終わり、劉繇は敗走します。劉繇が逃亡した後も太史慈はあくまで孫策への抵抗を続けていましたが、結局孫策に敗れて捕らえられます。太史慈の実力を高く評価していた孫策は太史慈を解放すると、すぐさま将に任じます。

 

ある時、太史慈は劉繇軍の残党をかき集めて孫策軍に加えるために自分を暫く自由の身とすることを提案します。まだまだ小勢力に過ぎなかった孫策にとっては願ってもない提案でしたが、孫策の周囲の家臣たちは、部下になって間もない太史慈が逃げることを危惧して反対しました。

 

しかし、太史慈を信頼する孫策は太史慈を解放します。果たして、太史慈は孫策の期待に応え、期日までに劉繇軍の残党をかき集めて孫策の下に戻ってきたのでした。

 

関連記事:取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

その後の太史慈

太史慈

 

先程のエピソードから分かるように、太史慈は自らの実力を認めてくれた孫策に忠誠をつくしました。そんな太史慈を孫策も重用し、荊州との境界を守らせます。当時の荊州を支配していたのは劉表であり、彼は孫策の父・孫堅を討ったいわば宿敵でした。

 

劉表には劉磐(りゅうばん)という甥がおり、劉磐は勇猛果敢な猛将で、しばしば揚州を脅かしていました。しかし、孫策が太史慈を守りにつかせると、太史慈は劉磐の侵攻をよく防ぎ、以降は劉磐が揚州に攻めてくることはなくなったと言われています。

 

赤壁の戦い

 

200年(建安(けんあん)5年)に孫策が死去した後、太史慈は孫権に仕えて荊州との境界を守り、赤壁(せきへき)の戦いの直前の206年(建安11年)に死去しました。

 

関連記事:郭嘉が生きていれば赤壁の敗北は無かった?曹操に信頼された乱世の穎才とは?

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

 

赤壁の戦い

 

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか?

 

孫策と太史慈は始め敵対しており、互いに一騎打ちをするほどでした。しかし、実際に矛を交えたからこそ、二人は互いの非凡な実力を実感し、孫策は太史慈を重用し、太史慈も孫策を主と仰いで忠誠を誓ったのでしょう。三国志全体を見ても、この二人の固い主従関係は際立ったものだといえるのではないでしょうか。

 

関連記事:弓の名手・太史慈のエピソードは実話なの?陳寿からも評価された逸話を紹介

関連記事:忠臣?野心?太史慈くんは劉備に似てる!その理由とは?

 

太史慈

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Alst49

Alst49

大学院で西洋古代史を研究しています。中学1年生で横山光輝『三国志』と塩野七生『ローマ人の物語』に出会ったことが歴史研究の道に進むきっかけとなりました。専門とする地域は洋の東西で異なりますが、古代史のロマンに取りつかれた一人です。 好きな歴史人物: アウグストゥス、張遼 何か一言: ライターとしてまだ駆け出しですが、どうぞ宜しくお願い致します。

-太史慈, 孫策
-,