キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム584話ネタバレ予想vol2鄴攻めは覚醒者を集める実験場だった!




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、第583話では王翦(おうせん)田里弥(でんりや)倉央(そうおう)が飛信隊の覚醒について気になる会話をしていました。

それによると覚醒には段階があり、それは困難を克服していく事で上の段階へと進歩するというのです。

これは漫画キングダムに従来から登場していた本能型や知略型武将とは違う概念で今後の漫画の行方を占う上で重要な要素ではないかと思うのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想

関連記事:キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー

 

 

キングダム584話ネタバレ予想 王翦が右翼を放置した本当の理由

 

王翦と言えば、朱海平原に展開してから、ろくに動こうともせずに右翼を放置し多大な被害を与えた事で不信感を持たれていますが、

それも覚醒というキーワードから導く事が出来ると思います。

 

つまり、王翦にとっては(ぎょう)攻めは、蒙恬(もうてん)(しん)を適当に追い詰めて極限状態にし覚醒した武将を産み出す為の実験場に過ぎないのでは?という事です。

もちろん、勝てなければ覚醒もクソもないのですが、敢えて楽勝などせずに適当なハードルを意中の武将に課す事で覚醒を起こさせていき急成長させ

る。

その上で王翦軍に引き込んでいき、王翦の念願である王国建設に役立てるこれこそが王翦が今回の鄴攻めを引き受けた本当の狙いだという事です。

 

 

キングダム584話ネタバレ予想 王翦が昌平君に出した条件とは

 

さらに、王翦の王国という点から考えると、王翦が昌平君に約束させた条件も見えてきます。

それは領地や金ではなく「この戦いで覚醒した武将を王翦軍に加えさせてくれ」そんな条件ではないでしょうか?

或いは、もっとピンポイントで「蒙恬や信を自軍にくれ」だったかも知れません。

 

王翦が秦の正規軍を上回る武力を得るには、信や蒙恬のような覚醒者を大勢引き入れて量より質によって秦を圧倒する必要があるからです。

昌平君としては痛し(かゆ)しですが、速やかに六国併呑を実現するには有力な武将を王翦に与える事になっても、

鄴攻めは優先するという事ではないかと思います。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム584話ネタバレ予想 田里弥や倉央も覚醒者?

 

これまでの話の流れにおいて、秦国六大将軍はいずれも覚醒者である事が分かりました。

堯雲(ぎょううん)趙峩龍(ちょうがりゅう)も、信や王賁が覚醒を繰り返す事により六大将軍に近づく事を察知していて手に負えなくなる前に自分達で始末しようと

しているようです。

 

それはキングダム世界では、よく知られている事であるようで、田里弥や倉央も普通に口にしていました。

そこで考えて見ると、知略だけで六大将軍入りできるとされた王翦は覚醒者でしょうし、田里弥や倉央もどうも大した事はなさそうですが

参謀タイプとしての覚醒者かも知れません。

 

キングダム584話ネタバレ予想 誰もが覚醒者になれるのか?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

しかし、覚醒者というのは何でしょうか?誰でもなれるものでしょうか?

これまでの王翦の様子を見る限りは、そうではなさそうです。

というのも、王翦が興味を持つ武将とそうではない武将がいるようだからです。

 

王翦の武将選びの基準は、覚醒する素質があるタイプのようです。

漫画では語られていませんが「覚醒者は同じ覚醒者を認識する」的な能力もあるかも知れません。

もしかすると圧倒的な力量差を越えて、犬戎王ロゾを討ち取った(へき)将軍も覚醒者の素質を持っているのかも知れませんよ。

 

キングダム584話ネタバレ予想 今後は覚醒者同士のハイパーバトルに

 

キングダムがこのように覚醒者を扱うのは、よりファンタジー要素を強める伏線かも知れません。

これまでは、化け物は龐煖(ほうけん)一人でしたが、大勢の覚醒者が誕生する事により敵の動きの一歩先が読める能力や、兵士の力を限界まで引き上げる能力、

兵士の防御力を覚醒により高く引き上げる能力が登場し、キングダムはより多様な展開とファンタジー要素を強めるのではないでしょうか?

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

覚醒者という設定を新しく持ってきた理由は、ここから先の単調な展開を変えるそのような意図があると思います。

覚醒ではありませんが、春秋戦国時代の楽器の名手には楽器の音色により労働者の集中力を高め、普通に積むと何日もかかる城壁を

一日で完成させたような名手がいた事が記録されています。

 

キングダムでは以後、目に見える衝撃波こそ出さないものの、兵士の力を自在に引き出すような能力者的なキャラクターが

大勢登場してくるのではないでしょうか?

 

前回記事:王賁は死なない!討ち取られるという言葉のイメージに騙されるな!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って?

関連記事:キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない?
  2. キングダム585話ネタバレ予想堯雲を討ち取るのは羌瘣?その3つの…
  3. 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー…
  4. キングダム586話最新ネタバレ「二突きの勝負」レビュー記事
  5. キングダム休載スペシャルリアルな秦軍の実態を解説
  6. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  7. キングダム567話「明日の太陽」ネタバレ&レビュー
  8. キングダムネタバレ573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  2. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった!
  3. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  4. 【9月の見どころ】9/24公開予定:【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い
  5. キングダム 520話 ネタバレ予想:朱海平野で李牧と王翦が激突!
  6. 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志

おすすめ記事

キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー 島津斉彬の死因は?島津斉興に暗殺されたのか? 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】 【真・三國無双 Online Z 攻略4】ラスト1時間50分!超初心者が三国無双を5時間プレイするとどうなるのか? 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/22〜8/28】 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】

おすすめ記事

  1. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密
  2. 曹操に仕える前の龐徳って何してたの?地方の役人として後漢王朝に仕えていた男の人生
  3. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  4. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  5. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  6. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  7. 陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説
  8. キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP