ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

孔融と曹操




禰衡

 

曹操(そうそう)より十八歳年下の禰衡(でいこう)

曹操が天子の身柄を確保し許に都をかまえた頃、禰衡は許都に訪れました。

許都では才能を鼻にかけ傲慢にふるまい、他人をこきおろしてばかりいて、自分に及ばない者とは口もきかず、みんなに嫌われていました。

 

人を訪問した時に差し出すための名刺を持ち歩いていましたが、誰にも会いに行かないため名刺は空しくぼろぼろになっていくばかり。

曹操に仕えようなどという気もさらさらありません。

こんな禰衡をなぜだか孔融(こうゆう)は天子に推薦したのですが、その推薦文の言葉遣いがひどいのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)

 

 

毒舌禰衡、孔融楊修のことだけは認める

毒舌禰衡、孔融と楊修のことだけは認める

 

禰衡が許都に入った時、許都には名だたる人物がひしめいていたのですが、禰衡は誰にも自分を売り込みに行かず、浪人のままぶらぶらしていました。

陳羣(ちんぐん)司馬朗(しばろう)に媚びを売ればいいじゃないかとアドバイスする人がいて、それに対して禰衡はこう答えました。

 

「俺に豚殺しや酒売りに媚びを売れって言うのかい」

アドバイスした人はたずねます。

「許にいる人物のうち、誰がいちばんましなのかな」

「年長の者では孔融、若い者では楊修(ようしゅう)

「曹公(曹操)、荀令君(荀彧(じゅんいく))、趙湯寇(趙融(ちょうゆう))は世を蓋(おお)うに足る人物じゃないか」

 

「曹操はそれほどのものでもない。荀彧は見た目がいいから弔問の使者ぐらいには使えるだろう。

趙融は恰幅がいいから台所を取り仕切って客に料理を出す係にはうってつけだ」

 

毒舌でクソ生意気な禰衡ですが、孔融と楊修のことだけは認めていました。

 

 

孔融が天子への推薦文で禰衡を大絶賛

孔融と曹操

 

孔融も禰衡の才を認めており、天子に禰衡を推薦する文章を書きました

タイトルは「薦禰衡表(禰衡を薦むる表)」

その中で、孔融は禰衡のことをこのように大絶賛しております。

 

処士(しょし)平原の禰衡、年二十四、字は正平、

淑質貞亮(しゅくしつていりょう)にして、

英才卓躒(えいさいたくらく)たり。

初め藝文(げいぶん)(わた)り、

堂に(のぼ)り奥を()る。

目 一たび見る所、(すなわ)ち口に(しょう)し、

(しばら)く聞く所、心に忘れず。

 

ふむふむ、ナイスガイで才気煥発、博覧強記で超天才ね。

 

性道と合い、思い神有るが若し。

弘羊(くよう)が潜計、安世(あんせい)が黙識、

衡を以て之を(くら)ぶるに、

誠に怪しむに足らず。

忠果正直にして、

(こころざし)霜雪(そうせつ)(いだ)き、

善を見ては驚くが若く、

悪を(にく)むこと(あだ)の若し。

任座(じんざ)抗行(こうこう)

史魚(しぎょ)厲節(れいせつ)も、

(ほとん)ど以て過ぐること無し。

 

 

 

自然体のままでも天地の道理に通じていて、

桑弘羊(そうくよう)さんの計算力や張安世(ちょうあんせい)さんの暗記力にまさるともおとらない。

正義漢で一徹者、と。

 

鷙鳥(しちょう)百を(かさ)ぬるも、

一鶚(いちがく)()かず。

 

そこらの猛禽類が百羽いたところで、

一羽の鶚(みさご。鷹に似た大鳥)にはかなわない。

なんですと、これは聞き捨てなりませんぞ!

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

ザコが百人いたところで、禰衡くんにはかなわない

ザコが百人いたところで、禰衡くんにはかなわない

 

そこらの猛禽類はそこらの士大夫という意味、一羽の鶚(みさご)は禰衡のことでしょう。

そこらの士大夫といえば、許都に集まっている士大夫たちのことになります。

孔融は禰衡を推薦するにあたり、天子のお膝元にひしめく人材のことをザコ扱いしております

これ、筆が滑ったんじゃなくて、絶対わざと書いていますよね。

 

天子に奉る文書なら慎重に推敲しているはずですし、文章の美しさからしても、しっかり練った文章であるはずです。

孔融は天子にあてた表文の中で、曹操や曹操の愛する人材たちを、禰衡くんとは比べものにならないザコだと言ったのです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

曹操はかねがね孔融のことを我慢のならぬ奴と思っており、最後には罪状をつけて孔融を処刑しています。

孔融はかねがね曹操に対して反抗的な姿勢をとっていたのでしょう。

その孔融が大絶賛した禰衡は、曹操の愛する荀彧を見た目だけがとりえのでくのぼう扱いした毒舌男です。

禰衡はやがて許都にいられなくなって、荊州に流れていった挙げ句、毒舌がもとで殺されてしまっています。

 

命がけで毒舌を振るいたくなるほど、当時の世の中が彼らにとっては我慢のならぬものだったのでしょう。

ロックな生き様だなぁと思いました。

 

出典:『文選』、正史『三国志』崔琰伝、

正史『三国志』荀彧伝の注釈に引用されている『典略』

書き下し文引用元:『新釈漢文大系82文選(文章篇)上』明治書院

1994年7月15日 原田種成(はらだたねしげ)

 

一部表記を変えました。

(旧字を当用漢字に変える、旧仮名遣いを現代仮名遣いに変える、など)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!2017年6月18日

関連記事:【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 関羽を捕縛する馬忠 荊州の統治は難しかった?蜀の荊州対策を関羽の性格から考察!
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった
  3. 陸遜 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ
  4. 劉虞 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  5. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  6. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  7. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…
  8. 孔明 【日中清廉潔白対決】北条泰時VS諸葛亮孔明

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)
  2. 華佗
  3. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 魯粛
  6. ホウ煖(龐煖)
  7. 徳川家を守った篤姫

おすすめ記事

  1. 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは? 夏侯惇
  2. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  3. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  4. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  5. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は? 張昭 VS 孫権
  6. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】

三國志雑学

  1. 華雄と呂布
  2. スーパーDr華佗
  3. 袁術と呂布


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李牧
  2. 徐福
  3. 法正と夏侯淵
  4. 五虎大将軍の馬超
  5. ホウ徳(龐徳)
  6. 曹操が黄巾党が仲間に!

おすすめ記事

オカルト小説を書いている曹丕 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース8記事【9/12〜9/18】 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓 劉禅と孫皓だと亡国の君主としてはどっちが上?蜀と呉の皇帝を比較 キングダム53巻 キングダム594話ネタバレ雑学「趙峩龍の戦術元ネタを暴露」 キレる劉備 112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める 張翼 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣 張遼・楽進・李典 于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP