呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

武田信玄は城を持たなかった、その理由は?




江戸城

 

武田信玄(たけだしんげん)の父、武田信虎(たけだのぶとら)も優れた戦国武将として知られています。

そんな信虎が甲斐に築き上げだのが躑躅(つつじ)ヶ崎館だったのです。

躑躅ヶ崎…という漢字は一目でなんと読むのかが分かりづらいですが、「つつじがさき」と読みます。

この躑躅ヶ崎館があった場所は、南に面したなだらかな扇状地の上部に位置しているので、甲府盆地の方面の見晴らしも良かったのでしょう。

さらに、躑躅ヶ崎館の北側はの山々がそびえ立ち、西と東にも峰があるため、敵が攻めてくるのは南側からのみとなり、

天然の要塞となっていたのです。

 

三方を自然に覆われて、敵の侵略を防いでいたものといえば、鎌倉幕府を思い起こさせます。

躑躅ヶ崎館の場合は、南側も少しではありますが高台となっていたため、ますます防御に適していたのです。

それに加えて、山からの湧水もあり、少し井戸を掘れば水の確保もできたため、まさに自然に恵まれた城塞であったといえるでしょう。

また、躑躅ヶ崎館の敷地面積はけっこう広かったようです。

 

関連記事:村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将

関連記事:武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い

 

 

信玄の「人は城」エピソードはじつは江戸時代に作られたものだった?

武田信玄

 

信玄は、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」といい、甲斐に城は必要ないと考えていたとされていますが、

これは江戸時代に作られたエピソードであるようです。

信玄は父である信虎が築き上げた躑躅ヶ崎館を追加で造営したり、背後に要害山城を築いたりしましたが、権力を持っていたにもかかわらず、

他の戦国武将のように、これといった名城は築きませんでした。

その理由には、信玄の拠点であった甲斐は自然の要塞に恵まれており、防御に特化した城を築く必要がなかったということが挙げられます。

 

 

信玄にまつわる城

武田信玄

 

信玄にまつわる城で、要害山城という城があります。

「ようがいさん」という読み方のこの城は、甲斐の躑躅ヶ崎館とはほど近く、信玄が生まれた城です。

武田家の居城は躑躅ヶ崎館ですが、信玄が生まれたときは父の信虎は戦の最中であったため、信玄の母親は要害山城に避難していたのです。

そして、そこで生まれたのが後の「甲斐の虎」と称される信玄だったのです。

ちなみに、信玄の幼名は太郎でした。

戦国時代を代表する武将のひとりであり、雄々しいイメージを持つ信玄にしては、意外と普通な名前だと思いませんか?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

城そのものよりも城下町の形成に力を注いだ信玄

 

信玄はいくつもの優れた城を築き上げるということはしませんでしたが、城下町の形成に力を注ぎました。

甲斐国の躑躅ヶ崎館周辺は立派な城下町となっていたのです。

居館と家臣団屋敷地や城下町が一体となっており、信虎、信玄、そして信玄の息子の勝頼(かつより)と3代にわたって発展していき、

後に広域城下町としての甲府や、近代以降の甲府市の原型となりました。

ちなみに、この城下町は武田城下町と呼ばれ、どことなく京風の街並みを意識して作られていたそうです。

当時は京風の街並みが優れているとされたのでしょうか?ちなみに、躑躅ヶ崎館の跡地は現在では武田神社となっています。

日本史が好きな人、あるいは武田信玄という武将が好きだという人は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

信玄が居住し、家臣たちも住んでいた場所であるので、何かしらを感じることができるかもしれません。

 

戦国時代ライター星野まなかの独り言

戦国時代ライター星野まなかの独り言

 

権威の象徴といえる立派な城は築き上げませんでしたが、信玄は家臣や民衆が住みやすい城下町の形成に力を注ぎました。

このことから、江戸時代に「人は城」という、信玄が人材を何より大切にしているというエピソードが登場したのではないでしょうか?

 

関連記事:山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将

関連記事:武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?

 

【古代日本の誕生秘話】
大和朝廷

 




関連記事

  1. 合戦シーン 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった?
  2. はてなマークな劉備と袁術 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス…
  3. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  4. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになった…
  5. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察
  6. 合戦シーン 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?
  7. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  8. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  2. はじめての三国志
  3. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  4. 曹操と荀彧の三顧の礼
  5. 曹操VS孫権 R2
  6. 織田信長
  7. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  8. 被害妄想で怯える韓馥
  9. 郭嘉 vs 法正

おすすめ記事

  1. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!! 織田信長
  2. 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介
  3. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性 陸遜
  4. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  5. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 曹操 詩
  6. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人 蔡琰

三國志雑学

  1. 袁術
  2. 孔明
  3. 一人で逃げる曹操
  4. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 郭嘉スマホケース
  3. 曹操と劉備
  4. 老荘思想(ろうそうしそう)
  5. 曹操VS袁紹
  6. 始皇帝
  7. 異民族に好かれる董卓

おすすめ記事

はじめての三国志 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い 曹操 劉備 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラVSゲイリー・グッドリッチ 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる 中国史における農民反乱についての考察 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる! 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう) 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声『読めない漢字(人名・地名・官位など)が多く困っている』 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 孫権に諫言する陸瑁 陸瑁(りくぼう)とはどんな人?人の苦境を救い、孫権の過ちを正そうと忠言を行った陸遜の弟

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP