キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【将苑】諸葛亮の兵法-勝つ組織と負ける組織の違いとは

兵士と禰衡




挑発する諸葛亮孔明

諸葛孔明

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)が書いたと言われてきた『将苑(しょうえん)』という兵法書があります。

現代では、後人が諸葛亮に仮託して書いた偽書(ぎしょ)であるとされています。

偽書であるとすれば、きっと諸葛亮のことをよく知っている諸葛亮マニアが書いたのでしょう。

内容は劉備(りゅうび)が息子の劉禅(りゅうぜん)にオススメした兵法書『六韜(りくとう)』に似た雰囲気で、なかなか面白い兵法書です。

本日は、この『将苑』から、勝つ組織と負ける組織の違いについて書かれた部分をご紹介いたします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

関連記事:週刊ビジネス三国志vo1サービスは出し惜しみするな

 

 

勝つ組織のありかた

于禁

 

まずは勝つ組織のありかたを書かれた部分を読んでみましょう。

下に書いたものは私のざっくりとした訳です。

原文は中国版ウィキペディアのような「百度百科」で「将苑」を調べると載っています(2018月11月8日現在。

参照URL  https://baike.baidu.com/item/将苑 )。

 

優秀な人材が上位につき、才の劣る者は下につく。

全軍が喜び楽しんでおり、士卒は威儀に従っている。

皆が武勇を競い合い、威武(いぶ)を輝かせたいと望んでいる。

罪に対しては刑、功に対しては賞をもって報いられる。

これが必勝の軍である。

 

能力や功績に基づいて評価されるため、スタッフはやる気と緊張感を持って働き、活気ある組織となっているようです。

ふむふむ、これが勝つ組織のあり方なんですね。

 

 

負ける組織のありさま

敗北兵が裸にされるが禰衡が何故かいる

 

つづいては負ける組織のありさまが書かれた部分を見てみましょう。

 

士卒が怠惰(たいだ)であり、全軍がびくびくとしている。

礼も信も行き渡っておらず、人々は法をおそれない。

敵を恐れ、目先の利益ばかりを求め、運・不運を気にして妖言を言い合う。

これが必敗の軍である。

 

「礼も信も行き渡っていない」、つまり人々が賞罰を運用する役職者のことを信頼していないため、評価を気にせずだらだらと働いているようです。

やる気がないため困難を恐れることしかできず、給料のことばかりを気にし、運だのみで噂に流されやすいようです。

ふむふむ、これが負ける組織のありさまなんですね。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

勝つためのキーポイントは「信賞必罰」!

諸葛亮孔明

 

勝つ組織と負ける組織の違いは「信賞必罰(しんしょうひつばつ)」が徹底されているか否かにあるようです。

現代で考えれば、人事評価がきちんとしているかどうかといったところでしょう。

評価方法が不明瞭で、だらだらやっている人も成績を出している人も同じような評価しかされないのだとしたら、

働く人のモチベーションはあがらないですよね。

できる人は評価してくれる場所に転職してしまうか、あるいは、頑張ってもどうせ評価されないんだから

そこそこやってりゃいいやと思うかどちらかでしょう。

そこそこやって給料もらえればいい、という考え方だと、組織の目標を達成するために自分ができることを工夫しようという気概もなく、

目的を理解しようという気持ちすら起きないでしょう。

不景気になって給料が下がらなければいいが、くらいしか考えないかもしれません。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

信賞必罰は大事だ、という当たり前な内容なのですが、勝つ組織と負ける組織の様子の違いが目に浮かぶように書かれていて、

ちょっと面白いですよね。

成果を上げる者が評価され、そうでない者は干されるため、一人一人が緊張感を持ちながら瞳を輝かせて頑張って働いている組織。

頑張っても頑張らなくても誰も見ていないから、自分の給料のことだけを気にして、景気だのみで噂話に流されやすい人ばかりの組織。

『将苑』のこの箇所は現代人にもイメージしやすい部分だと思います。

ただ、現代人からすると、ビジョンについての言及も欲しいところではないでしょうか。

人事評価がどうなっているのか不明瞭でも、組織の目指しているところが一人一人の腑に落ちる形で明示されていれば、

みんなけっこう頑張れるんじゃないでしょうか。

夢や希望や志って、大事じゃないですかね……。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由

関連記事:実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 諸葛亮の幼い日はどんなだった?
  2. よかミカンさん はじめての三国志ライター 【三国志トランプ】人物の顔がイメージと違って爆笑
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  4. 法正と劉備 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師?
  5. 曹操&袁紹花嫁泥棒 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝
  6. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  7. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  8. 邪馬台国と魏軍の兵士 昔の日本は中国と比べるとかなり遅れてたらしいけど、漢代の頃はどん…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操
  2. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  3. 呂玲綺
  4. 蔡琰
  5. 三国志 歴史

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  2. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい! ピストルを乱射する坂本龍馬
  3. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  4. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選 陳平
  5. 漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!
  6. 姜維は忠臣なのか、それとも愚将か? 姜維

三國志雑学

  1. 馬超 vs 許褚
  2. 羅貫中と関羽
  3. 朱然
  4. 曹操&袁紹花嫁泥棒
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜はナルシスト
  2. 孫権に初代丞相として任命される孫卲(そんしょう)
  3. 魯粛

おすすめ記事

曹操に降伏する教祖・張魯 張魯の配下には以外にも優秀な人材がいた!! 曹操&袁紹花嫁泥棒 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介 孟節(南蛮討伐) 孟節とはどんな人?南蛮制圧の真の勝利者でもあり蜀兵を助けた南蛮族 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!? 城濮の戦いとはどんな戦い?晋の文公が覇者たる地位を手に入れることになった戦い 華佗 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物? 孔明 まだまだいた三国志の名外交官たち5選 呂布 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP