キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった!

騎射の術に長けた騎馬兵士




 

華々しい活躍を遂げる『三国志』の武将たちの多くは馬にまたがっているイメージが強いですよね。

三国志』では関羽(かんう)が乗り回したという赤兎馬(せきとば)劉備(りゅうび)が気に入って乗っていたという凶馬・的盧(てきろ)といった馬が注目されていますし、

『史記』でも垓下(がいか)の戦いで劉邦(りゅうほう)に追い詰められた項羽(こうう)が愛馬・(すい)のことを詠っていることは有名です。

そのため、戦は馬無しにはできないし語れないというイメージがありますが、ある人の存在が無ければ戦で馬が注目されることは

無かったかもしれないのだとか…!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王

関連記事:【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?

 

 

そもそも漢民族は馬に乗って戦っていなかった?

 

中国の歴史を描いている漫画のほとんどは馬にまたがっていない将軍を見つける方が難しいほど将軍であれば誰も彼もが馬にまたがっていますよね。

しかし、漢民族が馬にまたがって野を駆け山を駆けはじめたのは春秋時代になってからなのだそう。

それまでも一応馬はいましたが、その馬たちはあくまで戦車をけん引するためのもので、戦場で人が馬にまたがって戦うなんてことは

無かったようです。

 

 

異民族の騎兵部隊スゲェ…!しかし

何進

 

有史以来、春秋時代に至るまで戦車を主力とした戦いが主流だったという漢民族ですが、彼らは馬に乗って戦うという方法を

全く知らなかったわけではありませんでした。

漢民族は北の草原に住まう異民族たちが騎馬部隊を駆使して戦っている様をよく見ていたのです。

戦車では実現できない騎馬部隊の機動力は漢民族にとって脅威でした。

 

逆に言えば、漢民族にとっても騎馬の機動力はとても魅力的なものだったはずです。

しかし、春秋時代まで頑なに騎馬で戦わなかったという漢民族…。

 

一体なぜ…?

それは、彼らのプライドが許さなかったからです。

 

既に中華思想を持っていた漢民族は野蛮な異民族のまねっこなんてしたくなかったのだそう。

一応他にも馬を養うための草原が少なかったという理由も挙げられていますが…。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

機動力?歩兵でカバーだ!

三国志時代の兵士

 

それでも、「機動力が欲しいな~」と思っていた漢民族。

戦国時代に差し掛かる頃には

「馬の機動力はたしかにすごいけど、歩兵だって機動力ありまくりじゃん!」

と誰かが気づいて(?)からは戦車ではなく歩兵での戦が主流になりました。

たしかに人間の方が馬より小回りがききますし、漢民族同士の歩兵戦であれば大きな問題ありませんでした。

 

しかし、やっぱり歩兵VS騎馬の戦となると全く歯が立ちません。

そんなことは戦う前からわかりそうなものですが、その当時はやっぱり漢民族のプライドの方が大切だと思われていたようです…。

 

趙の武霊王が戦に一石を投じた!

趙の武霊王が戦に一石を投じた

 

漢民族と異民族とのそんな戦いを見て

「やっぱり馬に乗った方がいいんじゃね?」と思った者がありました。

 

その人こそ、趙の武霊王(ぶれいおう)です。

 

臣下たちに騎馬で戦うことのメリットを解いた武霊王ですが、やはり猛反対に遭いました。

馬にまたがるには漢民族の装いである裳(スカート)ではなく異民族の装いであるズボンのような胡服を身につければならないのが

その反対の大きな理由でした。

 

このことを聞いた武霊王は

「かつて(しゅん)は有苗の習慣にのっとって踊り、()は裸国の習慣に合わせて衣を脱いだ」

と言って臣下たちを粘り強く説得。

ついに騎馬隊をつくり上げることに成功したのです。

その後武霊王の騎馬隊は瞬く間に漢民族の「騎馬は野蛮」という意識を覆し、中華に騎兵ブームを巻き起こしたのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

もしも武霊王が騎馬部隊をつくることを臣下たちに説得できなかったら漢民族はその後も長らく戦車や歩兵中心の戦を繰り広げていたかもしれません。

もしそうなっていたら騅や赤兎馬といった名馬も注目されることなく戦車を引く馬のうちの1匹として歴史の中に埋もれてしまっていたかも

しれませんね。

 

戦を彩る花形ともいえる存在である馬がいないというのは想像すればするほど味気なく、何だか寂しいです。

趙の武霊王の「名より実をとれ!」の精神に改めて拍手。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…
  2. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用…
  3. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  4. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  5. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  6. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  7. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  8. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 幕末 大砲発射

おすすめ記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 呂布が董卓を裏切らなかったら後漢王朝はどうなった!? 袁家をイジメる董卓
  3. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  4. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  5. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  6. 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう!

三國志雑学

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 安土城 織田信長が作らせた城

おすすめ記事

キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは? 西郷従道と西郷隆盛兄弟の関係は? 諸葛亮の弟・諸葛均はどのような人物だったのか 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/28〜9/4】 オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん 大河ドラマの田畑政治とはどんな人?いだてんの主人公を紹介 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】 悪党(鎌倉) 鎌倉時代の悪党とはどんな人たち?アウトローな連中だった?

おすすめ記事

  1. 郭淮が夏侯淵の死後に才能を開花させる!! 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  2. はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  3. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  4. 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい)
  5. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  6. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?
  7. 【山内容堂と坂本龍馬】2人の関係は「理想の上司と部下」だったのか?
  8. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 尼子晴久

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP